消臭ビジネスに乗っかった洗脳の代償

ニオイってやつは
人間の心を振るわせる心理的作用をもたらす効果があるので
古来より神秘的なものとして寄り添ってきたものです。

クレオパトラはこの力を利用して国政を行ったことは有名ですし
今でも香水という文化が脈々と受け継がれていることが
人間にとって必要不可欠な存在である証明でもあります。

クレオパトラの過去記事はコチラ
意中の相手を落とす恋の必殺フェロモン

しかしながら
こと日本においては衛生志向がケタ外れに強く
ニオイを排除する方向へ年々進んでいるんですね。

口臭や体臭を気にしたり、
時にセクハラやいじめの原因となるケースも多いそうで
異常ともいえるほど消臭に敏感な国民。
世界でも圧倒的に消臭市場が高いのが我ら日本なんです。

そもそもニオイなんてものは個人差があり心理的なものなので
ここまで排除する傾向が強くなるはずがないと思うんです。

これって消臭ビジネスに乗っかった洗脳の代償のような気がしてるわけですよ。

「くさいはバツ!」「キレイが大人のたしなみ」
「マナーです」
みたいなやつに
仕掛けられているんじゃないかと…。

確かに臭いよりイイニオイの方がいいですけど
世界では歯を磨かないとか
風呂に入らないとか
体臭はフェロモンとか文化的に認知されている地域が多いのも事実です。


昔の日本人って
くさやとか納豆を食してたわけですし
民族的なポテンシャルとしてはある程度クサイものにも免疫はあったはず。
というより味覚としては一流の感性を持っているはずなんです。

今の日本は過剰なほどニオイの排除が進んでるなと思うなぁ

「くさい」という感覚にしたって、個人差があって
納豆のニオイを好きという人もいれば嫌いという人もいる(ボクは苦手)

くさやも同じ(ボクは苦手)

男の汗はめっちゃクサイけど好きな女性もいます。

我が子の汗なら何にも感じないし
尊敬する人の汗なら煎じて飲みたいという人もいる。

このように同じニオイでも心理的作用
好意的にも嫌悪感にもなっちゃうもんなんですよ。

それをどこぞのものともわからないモノサシで線引きして
クサイものは排除しちゃえ~ってなんだかなぁ…


辛いことがあるから楽しさが引き立つように
クサイものがあるから良い香りが引き立つんです。

良いニオイばかりに触れてると
良いニオイを嗅ぎ分ける能力も低下しちゃいますからね。

過去記事はコチラ

そして合成物に触れすぎてても同じです。
なるべく自然物のニオイに触れるようにしないとバカになっちゃいますから


日本は今一度、排除されがちなニオイや
香りとの共存の在り方を再確認するべきなんじゃないかなと思うわけであります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは執筆活動の種として還元させていただきます。

ありがとうございます。みなさんが幸せでありますように。
26

「運」をアップデートする

「運」をアップデートして100年時代を豊かに生きるマガジン
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。