見出し画像

サピエンス全史からみる「人類はなぜ生存競争に勝ち残ったのか?」 をめっちゃ分かりやすく説明してみる。

サピエンス全史からみる「人類はなぜ生存競争に勝ち残ったのか?」


もはや説明不要の1000万部超えの歴史的なベストセラー「サピエンス全史」
マイクロソフトのビル・ゲイツやオバマ元大統領ら、
世界のリーダーや著名人が絶賛、注目した衝撃の書

みなさん読みましたか?

これね~超絶に面白い。
ビルゲイツなどが絶賛する理由がわかります。
ほんと純粋に面白いです!
教養がゴリゴリに高まりまくる本
これはもう全人類必読の本と言い切っちゃいます!!!
ぜひ義務教育に取り入れて一般教養にすべきですね。

まさに全ホモサピエンスに捧ぐ的な名著
あなたも人類ならぜひ読むべき1冊ですよ。

ただ難点がありまして…。

はっきりいって長い!
膨大な量すぎて読む気失せます(笑)

画像1

本を日頃から習慣的に読んでいる人ですら
「なげ~よ」って思えちゃうボリューム。

これはなかなかに曲者です。

そこで
時間がない、読むのが苦手、読みたいけどキッカケが欲しい
などなどあらゆる言い訳が溢れ出てくる人たちのために
ズバリ!
「めちゃくちゃ面白い本なんだけど、長すぎて読めない人のために
めちゃめちゃ短く要点絞ってご紹介」
してみたいと思います。

この記事を読んで少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。


では…

「人類はほかの生き物に比べなぜ圧倒的に繁栄しているのか?」


この本の著者は世界が認める超天才歴史学者ハラリ氏

画像2

本書のテーマは
「人類はほかの生き物に比べなぜ圧倒的に繁栄しているのか?」
という壮大かつ人類の尊厳にも迫る重厚なテーマ。


これを読んでフェイスブックのマークザッカーバーグが本書を
「人類文明の壮大な歴史物語」と評したことで一躍話題になったそうですが
あのザッカーバーグが称賛した歴史って何なんでしょ。

気になりますよね。

それはですね…

「学校で教わる歴史とは違う」ってことなんです。

ボクらが学生時代には
人類の発展は、
頭が良いから、DNAが優れているから生き残ったのでは?

と教わってきましたが
ハラリ氏いわく
頭の良さやDNAは関係ないと言うんですね。

「えーーーー!そうなん?」

画像3


じゃあ一体なにが理由なの…。

他の人種に比べ我々の祖先ホモサピエンスは
腕力も最弱で、頭も良くなかったとしたら生き残った術ってなんなの?

学校の授業では
ネアンデルタール人から進化した人種がホモサピエンスと教わって来たかもしれませんが
実は全く別の生き物だったそうです。

全く別!

似て非なる生き物なんですって

画像4

自分たちの祖先だと思っていたネアンデルタール人たちは
実はホモサピエンスとはライバル関係にあったそうで
ネアンデルタール人など他に、なんたら人種みたいなのも存在していたそうなんですがそれらともバチバチの闘争の歴史でもあるそうなんですって。

そんな戦いの末に最弱ホモサピエンス
他の人種を滅ぼしてどうやって生き残ってきたのよ。

一番弱いとされているホモサピエンスがどうやって他の人種をぶっ倒してきたのかめっちゃ気になりますよね。



この超天才ハラリ氏が見ている景色とはなんなのか?


ハラリ氏いわく

人類(ホモサピエンス)は3つの革命により発展したと言います。

認知革命
農業革命
科学革命

画像5

全部説明すると長くなるのでここでは
抜群に面白い「認知革命」だけをご紹介しますね。


実はこの「認知革命」
これがなければ我々の祖先は10万年前に絶滅していたらしい。

「認知?」

農業革命と科学革命はなんとなくわかるけど「認知革命」ってどうゆうことよ?

認知革命とは

「虚構を信じる力」が革命を起こした!…ということなんです。

これこそがこの本の最も面白く破壊的なところ


分かりやすく言うと「虚構 = ウソ」

ウソををつけるようになったことと
ウソを信じれるようになったこと

人類をここまで発展させた最大の要因だと言ってるわけ。

「ウソつきが人類を発展させた?」


なに訳わかんないことぶっ込んでんの?
普通ならそう思いますよね。


ある組織の一人がこんなことを言ったとします。
「あの山の向こうに大量の食糧があるんだ」

今までの人種は「なに言ってんのコイツ」と相手にもしなかった。

しかし我々の祖先のホモサピエンスの一人が
「マジで!ほな行こうか!」
と賛同してくれたわけです。


これが人類発展の超絶なターニングポイントになったそうです。


????????????

画像6


余計わけわからん。

何言ってんの?

ですよね。


これは今ではごく当たり前の会話ですが
当時からしてみれば異例中の異例。

なぜなら当時は「実際に目で見たものしか信じない」世界観があって
「あの山の向こうに○○がある」と言われても誰も信じません。


それを信じてしまっては、自分が死んでしまう可能性があるし
組織が全滅してしまう可能性があります
生存本能が「虚構を信じる」という習慣がそもそもなかったんだそうです。

つまり
「ウソかも知れないものを信じる」といった能力が人類を発展させた要因だと言っているんですね。


画像7

目で見たものしか信じられない社会って…



「目で見たものしか信じない人種」だけだとすると
未来を語っても誰も信じないので統率ができません。
将来に向かって足並みが揃わないことが原因で滅びたとハラリ氏は言います。

これってめちゃくちゃすごいリーダーがいても誰も信じないから
統率できないし組織として機能しないってことなんですね。

もう全員がバラバラ…。
好き勝手、自分中心、すべてが「オレガー」ってやつ。


なるほどです。
なんとなく見えてきましたね。


そう考えると現代社会も
仕事もプライベートもウソまみれ
ウソのおかげで社会を形成しているとも言えます。

週刊誌やTV報道なんてまさにそう。
「すごいらしいよ…」という言葉を信じてどんどん噂が広がっていく。
見てきたものでなくても、あたかも見てきたかのように
それが真実であるかのようにどんどんと広がっていく現代
そんな
噂話を信じる力が人類を発展させてきたなんてなんだか皮肉な話ですが…

画像8


すべては信じることで成り立っている。


現代社会において他に力を持っているものを見ると

国家、宗教、お金…

それ自体にはなんの価値もないけどみんなそれを心の支えにしています。

宗教を否定するつもりはないですが
「神さま」なんて誰も見たことないものを信じるのはまさにコレ。

「お金」しか信じないという人も虚構です。
お金自体には価値はないのはちょっと勉強すればわかります。
ただ物々交換の中心にいるだけのただの紙切れ
めちゃめちゃ価値があるよとみんなが信じているから価値が生まれているだけ。

国家も同じ。

つまり現代も「信じる力」によって支えられているということの証明なんですね。

このことこからも
巨大な組織を率いるには信じる力が必要で
信じるものの集合体が未来を形作ってきたということ。


ウソなんて言い方すると聞こえが悪いですけど
言い換えれば

「ウソをつく=未来を語る」
「ウソを信じる=未来をつくる」

と言うこと。

我々の祖先はウソをついて未来を語り
ウソを信じて未来を創ってきたのであると…。


人類の進化論のような難しい内容でしたが
こうやって紐解いてみると現代にも置き換えられることが多数あります。
そしてこの本は
ある意味でのハラリ氏の「警鐘」のような気もするんですよね

画像9

現代はテクノロジーの進化で他者とのコミュニケーションを取らなくても
生活できるような人も増えてきました。

信じるのは自分だけ
自分さえよければいい
という人も多く見受けられますけど
それは大きな勘違い。

人類の進化は最初はウソを信じただけかも知れませんが
そのウソを支えにして
「協力」してきたことが人間が生き残った最大の戦略なんですから。

過去記事でも触れていますのでよろしければ併せてどうぞ。
「人間が生存競争に勝ち残った理由」

画像10

助け合い、補完し合える環境こそが
己を高め人類が進化してきた証だと思います。

豊かさを求めるというのは自分ひとりではできないんだから
ひとりで生きていけるなんて大きな勘違いです


「実際に目で見たものしか信じない」人種が滅びていったように
見えていることがすべてだという社会へ進めば
今度は我々ホモサピエンスが滅びていくのかも知れませんね。


如何だったでしょう。興味持てましたか?

少しでも「あ、面白そうだな」と思ってもらえたら嬉しいです。
同じような考え方の人が少しづつでも増えてきたら
人類もさらに進化していくだろうし
社会もよりよいものへと変わっていくのではないかと思います。

参考になったと思ったら
「スキ」「コメント」お待ちしております。

ありがとうございました。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは寄付させていただきます。

ありがとうございます。みなさんが幸せでありますように。
30

スージー4

「運」と「お金」の因果関係をココロの経済学を通して書き綴っています。。見えない「運」を脳科学、心理学、統計学などからアップデートしてみるnote♪ きふる掲載中 http://kifuru.org/support/stingy-countries-japan/ /会社員随筆家

「運」をアップデートする

「運」をアップデートして100年時代を豊かに生きるマガジン

コメント4件

この本、読もうと思って手に取ったのですが、中身を見たら・・・ん〜読めないかもと思って、そのままにしていました(笑)。

分かりやすく教えてくださって、ありがとうございます!!!
のぐち まゆみさん。ありがとうございます。
膨大すぎて「こんなん読めないよ~」ってなりますよね♪
そんな方のキッカケのひとつになればと思い書いてみました。
参考にして頂けたら超嬉しいです。
すごーく、面白かったです。わかりやすい記事をありがとうございます。いろいろな記事を読んでいて、自分と考え方が似ておられると感じる部分が多く、とても共感しました。
陽菜ひよ子さん。
たくさんのスキ、フォローありがとうございます。
面白いと言われると純粋に励みになります。
共感されるともっと励みになります。
同じ価値感を持っている人がいるんだって思えると
めちゃめちゃワクワクしますよね。
しかし
今一度自分の記事を読み返してみるとわかりにくい部分や
誤字も発見して恥ずかしい限りです(笑)
すかさず修正しました。
もっと分かりやすく面白い記事を投稿しますので今後ともよろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。