寄付を根付かせるには、社会の逃げ道を探しているお金を利用すればいいじゃない。

寄付を根付かせるには
持続的なムーブメントを作ることが大事です。

寄付をしようと思った側から見た
寄付をしたいと思う団体とはどんな団体なのでしょうか?

その理由には大きく以下のようなものがあります。

1、支援理念が明確
2、使途が明確
3、領収書を発行する
4、情報をすべてクリアに公開していること
5、胡散臭くないこと

だそうですが
たったこれだけの条件でも
すべて満たしている団体を見つけることが難しいのが現状です。

寄付をされる側の体制も変えていかないと
寄付文化を根付かせるのは難しいですね。

ほんのちょっと前ですが籠池発言の「安倍総理の寄付金」問題。
お金の流ればかり取沙汰されていましたが
ほとんどの人が寄付した後の「成果」には関心がありません。

極論ですけど
支援を受けた側が「成果」があればいいと思うんです。
(違反はいけないことですけど)

自分の寄付が何に使われたのか
どんな社会変化に貢献したのか。など
「寄付の成果」にはほとんど関心を持っていない国民性も課題じゃないですかね。


だからといって
寄付される側も指をくわえて待っているだけというのも
如何なものかと思います。

「あなたの寄付のおかげで○○が実現しました」という報告したりして
感謝や達成感をアウトプットすることも必要だと思います。

寄付による達成感や成功体験を感じられることなんて稀ですしね。
寄付した人がもっと達成感を感じられる仕組みも必要ですね。

あとは税制度
昔に比べかなり優遇されるようになってきましたけど
それでもまだややこしい。

随分分かりやすくなったとはいえ
一般レベルまで落とし込めていないってことは
まだまだ分かりにくい、ややこしいってことです。


今なら「ふるさと納税」の方が控除される金額の比率も高いですし
節税目的としても寄付はあまり効果的ではないんじゃないですかね。
ボクが知らないだけで本当は効果的な手法があるのかも知れませんが
それがメジャーでないことが問題なんですよ。

確定申告に際しては、
必要書類を記入したり領収書を揃えたりなどの手間も発生します。
手間の割に節税効果が見合わないのかもしれませんね。

そもそも寄付をという支援を
無いところからカンパしてもらうのではなく
お金の余っているところ
逃げ道を探しているお金に道を敷いて
そこに寄付のお金を流せばいいじゃない
って思うんです。

単純に税金で取られるくらいなら寄付に回せるとかして
脱税を防げばいい。

脱税されてお金がどっかに消えちゃうよりいいじゃないですか、ね。

脱税している人も
コソコソ脱税して胸のモヤモヤを抱えているより
胸を張って
社会貢献してるぜ!っていう
寄付の心に変わればお金も心も嬉しくなりますよ。

脱税を考えるムダな時間も労力もなくなるし
いいことしかないじゃないですか。

ほんとね、税金ってむしり取ることばっかり考えてますけど
税金で取れなくても間接的に社会にお金が落ちれば
経済が循環し最終的には税収も上がるんですから。

これから副業時代が到来し個人でも確定申告する人が急増します。
きっと今まで以上に脱税する人が増えますよ。

政治家のみなさん。
お金の流れが変わる今こそ寄付を考えるときなんじゃないですかね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!お気持ちは執筆活動の種として還元させていただきます。

ありがとうございます。みなさんが幸せでありますように。
19

100年時代のお金の在り方

人生100年設計の時代。新しいお金の在り方、使い方を考察しています。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。