添削: 河村たかし

表現の不自由展中止の件、普段ならネット界隈で炎上して収まる程度の案件だったようにも思えます。それが一瞬で中止にまでなったのは、早い段階での河村名古屋市長の発言がきっかけだと思うんですが、市長は男をあげるチャンスだったのにやらかしちゃった。

「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」
だそうで、”日本国民は表現の自由という理念よりも、感情を優先する野蛮人”という前提の発言です。

僭越ながら、河村たかし市長が日本国民の感情を鼓舞し、かつ理念を尊重する人間であることをアピールしたいなら、例えばこういう物言いもあったと思うんです。

「大きな批判が起こるかもしれないがこの展示は重要である。
 例えば慰安婦像だが、作者は北朝鮮と関係ある人物であり、
 この像で日韓国民を憎しみ合わせようという意図があると
 私は個人的に解釈している。
 世界中にこの像がばらまかれているが、
 愚劣な意図を持った人物が、表現の自由を隠れ蓑に
 どんなことを達成しうるのかを、
 この像をみることで日本国民の皆さんに実感していただきたい。」

…てな物言いも可能だった。実際問題として理想よりも感情を優先する野蛮人は日本に多くいて、主催者側に脅迫が殺到したわけです。でも、日本人は理念を尊重する志と品性があるという前提で、野蛮人に知恵をつけるような発言をして欲しかったと思いますけれども。

#表現の不自由展 #津田大介 #慰安婦像

Do not work too hard
5

Suzukichi Suzuki

すずきちです。   ①今のところ全部無料なので「もっとみる」の空振はありません。  ②「スキ」のお返事をフォーチュンクッキー風にしてみました。 ③noteの文章って、何かのネタにかこつけて延々身の上話するみたいなのが多くて、なるべくそうならないようにしたいと思っていますけれども。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。