見出し画像

第66回全日本剣道選手権大会 大予想シリーズ パート7

こんにちは、剣道ブロガーの鈴木康太です。

「剣道が面白くなるブログ」というキャッチコピーで、剣道に関する記事を毎日更新しています。

=======

11月3日(土)に行われる第66回全日本剣道選手権大会。

大会開催まで、あと4日になりました!

この大会は、各都道府県を代表する剣道トップレベルの選手が集まり、剣道日本一を決める大会です。

大予想シリーズでは、大会当日の11月3日までに、一回戦から決勝戦までの結果を全て予想していきます!

大会を見ながら「剣道ブロガーの予想は当たるのか!」を楽しんでいただけたらと思います。


トーナメントを8個に分けて、1ブロックずつ結果を予想しています。

ここまで、6つのブロックの予想を終えました!

岩切崇聡 選手(大阪)
西村英久 選手(熊本)
宮本敬太 選手(東京)
久田松雄一郎 選手(愛知)
内村良一 選手(東京)
國友鍊太朗 選手(福岡)

がベスト8に進出すると予想しています!

今回は続く第7ブロック。

いつものように、選手の紹介や剣道の特徴などを踏まえて、結果を予想していきたいと思います。

=======

それでは早速、結果予想に入っていきます!

私が予想する第7ブロックの結果はこちら!

北海道代表の山田凌平選手がベスト8に進出すると予想しました!

山田選手は現在、明治大学の4年生

大学2年時には全日本学生選手権で個人優勝。

また、第16回世界剣道選手権大会でも、団体戦のメンバーに選ばれ、日本の世界一に貢献した選手の一人です。

その山田選手がついに、全日本選手権の舞台に初出場

大学生ではありますが、その実力は誰もが認めるものだと思います。

持ち味は、しっかりとした身体から繰り出される力強い打突

そして、若さを活かしたスピード感のある剣道だと思います。


大分県代表の竹下洋平選手も、期待されている選手の一人でしょう。

全日本選手権には5回目の出場。

第63回大会では3位という結果を収めるなど、実力のある選手です。

9月に行われた第17回世界剣道選手権大会にも、日本代表メンバーとして選出されてます。


このブロックの最後の試合には、竹下選手(大分)vs山田選手(北海道)の対決を予想しています。

今大会にも大学生の選手が出場していますが、大学生だからといって決してチャンスがないわけではありません。

最近で言うと、第62回大会では、当時筑波大学3年生の竹ノ内佑也選手が優勝、

第64回大会では、当時国士舘大学3年生の宮本敬太選手が3位入賞など、

大学生選手が好成績を収めることも十分考えられます。

今回は、大学生の山田選手に、ぜひベスト8まで勝ち上がってほしい!という期待も込めて、このように予想しました。


私が注目しているのは、新潟県代表の赤塚洋紀選手です。

過去2度も新潟県予選の決勝に進むも、惜しくもチャンスを逃し、今回初出場の選手です。

錬士六段の高段者である赤塚選手が、若手選手も多い中、ベテランの意地を見せるのか!という部分には注目しておきたいです。


千葉県代表の佐藤弘隆選手もこのブロックでは注目しておくべき選手です。

千葉県予選では、過去に全日本選手権準優勝の成績を持つ、小谷選手を破り、一位で全日本の舞台に進出

持ち味である、思い切った面相手の手元を抑える小手を武器にどこまで勝ち上がるのか注目しておきたいです。

=======

まとめ

以上「全日本剣道選手権大会 大予想シリーズ パート7」でした!

いよいよ大予想シリーズも大詰めになってきましたが、

それと同時に全日本剣道選手権の大会当日も、間近に迫ってきましたね!

なんとか大会前までに、決勝戦までの予想ブログを書き上げていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターで剣道に関する情報発信しています!フォローお願いします!

剣道ブロガーのツイッタ―

#剣道 #kendo #全日本選手権 #全日本剣道選手権大会 #頑張れ剣道


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

支援していただいたお金はYouTubeの活動資金として使わせていただきます。よければ支援お願いします!

剣道の未来を面白くする!
2

スズキコウタ

剣道界に多様性を認め、すべての人に寄り添う“やさしい剣道”をつくる。7歳から剣道を続けてきた経験をもとにYouTubeチャンネルでは技の解説動画など剣道に関する動画を更新しています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。