ソ連・ロシアバレエの歴史メモ

50000年前:ロシア・アルタイ山脈デニソワ洞窟でティアラ?が見つかる
ネアンデルタール人とデニソワ人さらにサピエンスの交流
みんなで仲良く輪になって踊っていたかもね♪

1712 ピョートル1世が帝都をモスクワからペテルブルクに遷都
1738 サンクトペテルブルグ舞踊学校創立
1760 フランツ・ ヒルファーディングの演劇バレエ
1841『ジゼル』フランスで初演、作曲はアドルフ・アダン、振付はジャン・コラーリとジュール・ペロー
1848 R・ワーグナー『ローエングリン』 (Lohengrin )
1854 『バフチサライの泉』アンドレヤノワ初演
1864  第一インターナショナル結成
1864 プーニ『イワンと仔馬』アルチュール・サン・レオン
1867   カール・マルクス『資本論』第1部刊行
1877 『白鳥の湖 Op.20』ボリショイ劇場 初演
1881 ロシア皇帝・アレクサンドル2世暗殺
1885  カール・マルクス『資本論』第2部刊行
1889 第二インターナショナル結成
1890 『眠れる森の美女』マリインスキー劇場初演
1895 『イワンと仔馬』マリウス・プティパ版初演
1895 『白鳥の湖 Op.20』マリインスキー劇場 蘇演
1898 ロシア社会民主労働党結成 РСДРП(RSDRP)
1901 『イワンと仔馬』アレクサンドル・ゴルスキー版
1902 レーニン『何をなすべきか』
1905 第一次ロシア革命
1909 ボロディン『ポロヴェツ人の踊り』ミハイル・フォーキン
1913 ストラヴィンスキー『春の祭典』振付:ニジンスキー
1917 ロシア十月革命 ボリシェビキ
1920 エリアナ・パヴロワ革命を逃れて日本へ
1921 ニコライ・フォレッゲルが 劇団マストフォルを結成する
1924 ウラジミール・レーニン死去
1925 ルナチャルスキー『ノーヴィ・ミール』初代編集長
1927 グリエール『赤いけし』振付:第1・3幕=レフ・ラシチリン、第2幕=ワシーリー・ティホミロフ
1930 ニコライ・フォレッゲルがフォーキンのパロディ三部作――『黒鳥』(『瀕死の白鳥』のパロディー)、『ポロヴェツの踊り』『アラゴンのホタ』を発表する。
1934 ボリス・アサフィエフ『バフチサライの泉』振付ザハーロフ
1934 キーロフ(Серге́й Ки́ров)暗殺
1936 トロツキー(Trotsky)『裏切られた革命』
1938 ボリス・アサフィエフ『コーカサスの捕虜』振付ラブロフスキー
1940 トロツキー(Trotsky)暗殺
1946 『白鳥の湖』i日本初演@帝国劇場
1949 セミパラチンスク核実験(ラヴレンチー・ベリヤ)
1950 ヤルーリン『シュラレー』振付レオニード・ヤコブソン
1953 ヨシフ・スターリン(Joseph Stalin)死去
1953 『白鳥の湖』改訂振付プルメイステル
1953   アンドレイ・サハロフ「ソ連初の水爆」の実験(RDS-6)成功
1955 シチェドリン『イワンと仔馬』振付ラドゥンスキー
1956 アラム・ハチャトゥリアン『スパルタクス』振付ヤコブソン
1957 プロコフィエフ『石の花』振付グリゴローヴィチ
1961 アリフ・メリコフ『愛の伝説』振付グリゴローヴィチ
1963 ナーズム・ヒクメット(Nâzım Hikmet)死去
1964 『レイリとメジュヌーン』振付ゴレイゾフスキー
1968 『スパルタクス』振付グリゴローヴィチ版初演
1968 チェコ事件にシチェドリンが抗議表明
1971 『天地創造』振付:カサートキナ & ワシリョーフ
1974 『ヤロスラーヴナ』マールイ劇場初演、振付ヴィノグラードフ
1975 『Ivanイワン雷帝』振付グリゴローヴィチ
1981 『イワンと仔馬』振付ブリャンツェフ指揮ゲルギエフ
1982 ブレジネフ死去(Brezhnev)
1986 チェルノブイリChernobyl 原発事故
1991 USSRソヴィエト社会主義共和国連邦崩壊
1993 ルドルフ・ヌレエフ死去
2006 中央アジア非核兵器地帯条約
2009 アレクセイ・ラトマンスキー版『イワンと仔馬』マリインスキー劇場来日公演(日本初演)指揮:ワレリー・ゲルギエフ
2011   福島第一原子力発電所事故 FUKUSHIMA
2015  マイヤ・プリセツカヤ(Maya Plisetskaya)死去
2015 アリフ・メリコフ『愛の伝説』マリインスキー来日公演
2015  イリア・デムツキー『現代の英雄』振付ユーリー・ポソコフ
2017  ボリス・ティシチェンコ『ヤロスラーヴナ・日食The Eclips』振付:ヴァルナヴァ

【参考文献】
出口治明『人類5000年史1』ちくま新書2017
ロビン・ダンバー『人類進化の謎を解き明かす』2016
丸山茂徳『地球史を読み解く』放送大学2016
後藤明『世界神話学入門』講談社現代新書2017
山田 仁史『新・神話学入門』朝倉書店2017
ウィリアム・Wハロー『起源/古代オリエント文明:西欧近代生活の背景』青灯社2015
D.W.アンソニー『馬・車輪・言語』筑摩書房2018
杉山正明『遊牧民から見た世界史』日本経済新聞出版社 2011
青木健『アーリア人』講談社選書メチエ 2009
青木健『古代オリエントの宗教』講談社現代新書 2012
栗本慎一郎『シリウスの都 飛鳥』たちばな出版 2005
栗本慎一郎『シルクロードの経済人類学』東京農大出版会 2007
栗本慎一郎『全世界史』技術評論社 2013
ウノ・ハルヴァ著『シャマニズム・アルタイ系諸民族の世界像』三省堂1971
鴨川和子『南ロシア 草原・古墳の神秘』雄山閣 2015
沢田勲『匈奴―古代遊牧国家の興亡 』東方選書 2015
林 俊雄『興亡の世界史 スキタイと匈奴 遊牧の文明 』講談社 2017
土肥恒之『ステンカラージン』山川出版会2002
山内昌之『スルタンガリエフの夢』岩波現代文庫』2009
谷川健一『白鳥伝説』集英社1985
芦野泉『白鳥の古代史』新人物往来社1994
赤尾雄人『これがロシア・バレエだ!』新書館2010
鈴木昌 編著『バレエとダンスの歴史』平凡社2012
乗松 亨平『ロシアあるいは対立の亡霊 「第二世界」のポストモダン』 講談社2015
『現代思想・ロシア革命100年』青土社2017

斉藤成也『核DNA解析でたどる日本人の源流』河出書房新社2017
太田博樹『遺伝人類学入門 - チンギス・ハンのDNAは何を語るか?』ちくま新書2018

******************************************************************************
武谷三男『原子力発電所』岩波新書 1976
矢部史郎『3・12の思想』以文社 2012
島薗 進『原発と放射線被ばくの科学と倫理』専修大学出版界 2019
おしどりマコが参院選に立候補する
山本太郎が「れいわ新選組」を立ち上げる

・・・山本太郎が見たチェルノブイリの現実・・・

******************************************************************************

『ダンスマガジン3月号』2016の「バイカル湖のほとりにバレエの華を咲かせる」p.86 ブリヤート・バレエ芸術監督=岩田守弘インタビューで聞き手の三浦雅士氏が「ブリヤートというかバイカル湖畔が日本人の原郷であるという説がいま定説になりつつあるんですよ」と語り、松本秀雄『日本人はどこから来たか』およびNHKテレビ『日本人はるかな旅』2001を紹介。人類史と舞踊史の重ね合わせが豊穣な意味を生成して先駆的な読み物となっている

ただ、「現生人類は約20万年前にアフリカで生まれ、約7万年前に中東を北上し、インドに入る。インドからオーストラリア方面に行くのと、南アジア方面に行くのと、北に行くのと、さらにヨーロッパに行く人間に分かれる。黒人から白人が分かれ、モンゴロイドが分かれる。バイカル湖畔まで行った人間がさらに東南に降りてきて日本に入る。日本人の遺伝子はブリヤート人の遺伝子といちばん近い。」

とあるように、「日本人の遺伝子」という曖昧な概念からの《日本人バイカル湖畔起源説》はもう少し科学的に考えたいので、このインタビュー記事を出発点として若干の修正を加えながら、さらに前進してゆくことにしよう♪

それは近年のDNA分析技術の進歩で、アフリカを出発したヒト集団の移動経路を辿れるようになったこと

ある時代の特定の地域での生活様式や文化が言語、音楽、ダンスなどと、どのような関係にあるのか? を知ることができれば、さらにバレエ観劇が楽しくなるだろうと思うからにほかならない♪

★★★遺伝人類学★★★

【ゲノム】
ある生物がその生物たりうるに必要な遺伝情報の総体

ゲノムとは私たちの身体の各細胞の核に格納されている、種や集団の歴史を記憶したビッグデータである

※参考:太田博樹『遺伝人類学入門』ちくま新書 2018

●時制(tense)と相(aspect)
遺伝子という概念をとらえるには、時間の流れる向きに注目。先祖はancestor、子孫はdescendant、子孫の遺伝子がdescendant geneで、隔世遺伝はatavismである

未来への眼差しはプロスペクティブ(prospective)、過去を遡行するのがレトロスペクティブ(retrospective)

過去を再検証する方法に、デヴィッド・ヒューム(David Hume)の『自然の斉一性原理(principle of the uniformity of natyure)がある。たとえば、「白亜紀末に隕石が落下して恐竜を滅ぼした」という記述の正当性を扱う原理

●バレリーナ進化論
二足歩行は鳥類の特徴で、鳥類は恐竜の獣脚類から進化した。白鳥は恐竜の直接の子孫で、腕を翼に変えてシベリアから羽ばたく。ヒトは四手動物から樹木生活を降りて手を脚に変えて歩きはじめた。その脚にトウシューズを履いてポワントで踊るのバレリーナは人類の進化系と言ってよいでしょう♪

●糸を引くDNAは物質
DNA系統と「血統」はまったく別な話。個人の起源ではなくDNAの起源。個人の遺伝子は両親、祖父母×2、×4、×8、×16、世代ごとに2のn乗で拡散してゆく

●ヒトゲノム
核ゲノムは約31億塩基対、24種の線状DNAに分かれて染色体を形成、染色体は22種の常染色体とXY2種の性染色体に分類される。ミトコンドリアゲノムは16569塩基対の環状DNA。
non-cordingDNAは、遺伝子発現調整、染色体の構造形成、細胞増殖、エピジェネティクス(epigenetics)制御。ゲノムを司るはインターメア

●人類 (Homo sapiens)ユーラシア大陸への旅に出る

【速報】アフリカを出たホモ・サピエンスは、すでに10万年前にはネアンデルタール人と交雑(sex)していたというマックス・プランク進化人類学研究所の進化生物学者であるSergi Castellano氏の新説 --- 17.Feb.2016
※ネアンデルタール人からデニソワ人が分岐したのは43万年前

【海岸ルート】アフリカを出てから、貝やカニや牡蠣を食べながら、アラビア海の砂浜を歩いて、インドの最南端コバーラム・ビーチを巡って、ユーラシア大陸最南端のスンダランド、先行隊はオーストラリアのマンゴー湖畔まで

【内陸ルート】アフリカ大陸を出発してアラビア半島経由でコーカサス地方を玄関口として、黒海とカスピ海の間を抜けて「草原の道」を東へ移動シベリアまで拡散した??

また、約5,300年前の冷凍ミイラ、アルプス山中で凍ったままで発見された「アイスマン」のDNAを解析した結果、母系の原郷がわかるmtDNAがKで、Y-DNAがG2a2a1a2であることが分かった。これは、コーカサス地方から西ヨーロッパ方面へ移動した証拠であると

※篠田謙一『DNAで語る日本人起源論』岩波(2015) p.233の図11を参照

●ヤポネシア人

「アフリカを出た人類の祖先は、いかにして日本列島にたどりつきヤポネシア人となったのか? 縄文人のDNAの特異性とは? 日本人の源流を、DNAの情報にもとづく最新の研究結果を中心に解き明かす」
斎藤成也『日本人の源流 - 核DNA解析でたどる』河出書房新社2017

★★★ 遺伝人類学から見た民族舞踊 ★★★

ハプログループXの分布は謎に包まれている。ロシアNOWに「インディアンはシベリア出身」という記事が載って、現代の民族でそのシベリア人に最も近いのはインディアンのカリティアナ族であることが判明した。とある

デニソワ人(Denisova hominin)はユーラシア・アルタイ地方のデニソワ洞窟に約4万1千年前に住んでいたと聞く

 民族舞踊学へのDNA人類学的アプローチの可能性について
ここ最近、民族舞踊学がDNA人類学とどこまで統合できるのかどうかに興味が移ってきたところであるが、驚異的なスピードで進歩するゲノム解析技術は、SNPが表現系と結びついて肌の色や顔形や容姿を紐づけ、近い将来には身体の所作や身振り、あるいはダンスまでをも特定する可能性を秘めている

●SNPとキャラクターダンス(Dance de Caractere)
【参考】ナデジタ.L. ルジーヌ Text by Nadejda L. LOUJINE 『キャラクターダンス講座/庶民のダンス、民俗舞踊、伝統舞踊、国家の舞踊:それぞれの違い』監修/今井 美樹 Miki Imai 訳/香月 圭 Kei Kazuki

------------

世界で最深のバイカル湖では水中望遠鏡を使ったニュートリノ観測が行われていて、ロシアの大学を中心とした国際研究チームはドゥブナ望遠鏡を使って初期の宇宙の状態を研究中。現在、このバイカル湖畔には世界的な天体物理学者や素粒子物理学者たちが多く集まっており、科学研究が盛んな最先端エリアとして注目して行きたいところ。もちろんブリヤート共和国国立歌劇場にも実際に足を運んでバレエを観たいのは言うまでもない♪ 2016

【参考文献】
後藤明『世界神話学入門』講談社現代新書2017
篠田謙一『DNAで語る日本人起源論』岩波現代全書2015
斉藤成也『核DNA解析でたどる日本人の源流』河出書房新社2017
太田博樹『遺伝人類学入門 』ちくま新書2018

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♪ von.rothbart@yandex.com
1

SwanLake

インターネットに接続する《ロシア宇宙主義者》です♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。