釈正輪

歴史、伝統、文化をお伝えしながら皆さんの生活にお役に立てる様、学び活かしていける講話会を開催しています。 https://syaku-syorin.com/

【釈正輪メルマガ4月16日号】日々是好日

【尊い人間の命で、何をすべきなのか】
「雨前茶」をご存知ですか。中国では、清明が訪れる四月五日ごろより手前に摘んだ茶葉を、「明前茶」といいます。爽やかな香りに、ほのかな甘みのある味わいで、日本でいう一番茶のようなもの。そして清明のころには雨前茶という、明前茶より味わいに深みのある茶葉がとれます。

また春分前に摘まれた茶葉は、分前茶と呼ばれ、最上のお茶とされますが、気候が寒い年はとれないこともある

もっとみる

釈正輪老師武道礼法4月18日、講話会5月7日東京開催

釈正輪老師講話会

4月18日(木)東京開催、武道礼法&呼吸法
5月7日(火)東京開催、講話会

武道礼法について
鎌倉幕府から江戸時代にかけて上に立つ地位の武士に求められたであろう「人間性」(倫理道徳)
それを刀剣から生まれた武道という事で学ぶことが出来
相手の動きや心理の洞察、それを踏まえた様々な駆け引きなど
刀1つとっても、背景の部分に焦点を当てると
・相手の心を読む
・精神統一する
・武士

もっとみる

【釈正輪メルマガ4月2日号】日々是好日

【灌仏会】
若葉が萌え、花が咲き、鳥が歌い舞う、すべてのものが清らかで生き生きする、生命が輝く季節「晴明」の到来です。新元号『令和(わせしむ)』は天地万物が清らかに、日本國の安泰と日本人の安寧に相応しい元号だと思います。

合掌

「于時、初春令月、氣淑風和」

時に、初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして氣淑(よ)く風和(やわら)ぐ。梅は鏡前(きやうぜん)の粉(ふん)を披(ひら)き、蘭(らん

もっとみる

【釈正輪メルマガ3月5日号】日々是好日

【愚痴を言う前に、心を見つめましょう】
 
啓蟄の次候には、「桃始めて笑う」があります。桃の節句は三月三日で、まだ花はつぼみの時期ですが、旧暦の三月三日は、新暦の三月下旬から四月上旬にあたり、ちょうど桃の花が咲くころです。かつては「上巳の節句」といい、川に穢れを流した行事が、やがて女の子の健康を祈る雛祭りになりました。
 
もう少し上巳の節句についてお話しいたしましょう。五節句[人日(じんじつ)節

もっとみる