偏見に満ちた短編集

9
ノート

~面倒なことになったものだ~

#小説 #短めの小説  「なぜこういうことになったのか…」 K氏は非常に悩んだ。 事の発端...

~偉大な芸術家~

まぁね。僕は偉大な芸術家であった彼の友人なんだよ。 彼の時価総額3億の作品と、300円の作品...

~就活のために生きた男~

彼は人生を就活のために捧げていたと言っても過言ではない。 よく、就活は目的ではなく手段だ...

〜あの人の職業はなんだろう。〜

さて、君は今電車に乗っている。もしくは街を歩いているとする。 隣、もしくは周りにいる人の...

~真夜中に猫と会う~

真夜中になると、大抵の人は寝てしまう。 ただ、そんな真夜中でも。街中や、外れの公園に人が...

〜タバコの楽園(2)〜

(1)はこちら ---- 調べてみたところ、みんな「タバコの楽園だ」ということは口を揃えていう...

〜タバコの楽園(1)〜

とある国では、他の国のように、タバコに税をかけておらず、また喫煙できる場所が8割を占める...

〜現金を持ち歩かない派〜

「世の中はさ、2種類に分けられると思うんだ。」 友人のCに向けて、Mは続ける。 「現金を持...

~とある喫茶店の日常~

#小説 #短編小説 #のようなもの これといって特別ではない喫茶店がこの街にはある。 まぁ...