_腐敗_という厄介な難問題の処理

【腐敗】の原因 抽象的な言葉でいろいろ列挙してみた(腐敗①-①)

腐敗の原因を列挙してみました。自分の責任ではないかもしれないけど、放置すると膨らんでいく、片づけないといけない負の遺産のような問題です。



・先代(人)や父親、前任者から受け継いだ腐敗や乱れ

・先代(人)や父親、前任者がこじらせてしまった問題によるもの

・先代(人)や父親、前任者が壊してしまったもの

・先代(人)や父親、前任者の時代から始まっている壊乱

・先代(人)や父親、前任者などの上位者との関係で従うことを強制され、それに対する反抗心が湧き上がっての葛藤

・先代(人)や父親、前任者の仕損じ

・先代(人)や父親、前任者が事業を始めるも運が足りず、成功することが出来ずに、事業半途にしてやめたか、やめざるを得ない状況になった

・先代(人)や父親、前任者の崩れかけた家業

・先代(人)や父親、前任者の生前死後をかねての不始末の後。失敗の後始末

・先代(人)や父親、前任者亡き後の問題

・ある出来事の発生によって物事が壊れたり乱れたりして、収拾がつかずに動揺して、のっぴきならない事態に放り込まれる。先代や父親、前任者関連の問題が尾を引いて下の人に圧し掛かってくる

・先代(人)や父親、前任者の考えには 甘さがあるようにみえる。問題がある。無防備にみえる

・伝統に対する厳格な厳守

・先代(人)や父親、前任者によって台無しにされたもの

・熟成してゆく仇への復讐心

・先代(人)や父親、前任者の退化、退行

・伝統に対する過度の依存

・時代の流れによって衰えたもの。時代に合わなくなったもの

・伝承に由来するカルマ。伝承に由来する過去の行動

・先代(人)や父親、前任者によって引き起こされたトラブル

・先代(人)や父親、前任者がした失敗に付随する種々の問題(責任や債務など)が下の人に一挙に押し寄せる苦難

・下の人の人生に影響を与える伝統的で堅固な構造

・先代(人)や父親、前任者の悩み

・先代(人)や父親、前任者の借金問題

・状況の不安定さを引き起こす未解決のストレス

・悪意のある悪魔のように感じること。生きている人に苦しみを与えることによって復讐を求める霊や幽霊のようなもの

・頭の固い人物への確執や反発

・先代(人)や父親、前任者との不和

・先代(人)や父親、前任者との共食いのような状態



まとめ


ここで挙げた抽象的な言葉は、それぞれの立場や人やものに置き換えてみると見えてくることがあるかもしれません。



腐敗は過去と関係している。過去にどういうことがあって今こうなってるかがわかると、もしかしたら未来はどうなっていくか、どうすればいいかが自ずからわかるかもしれません。





嬉しいです
1

しんぼリズム@易経研究家~the book of ch...

~「易」にこの世の全てを帰納する~【仮説で「当たり」をつけ、もつれを紐解き、割り切れないに答えを出す】をミッションとする。ターゲットは「見えない・聞こえない」感覚を超越したシンボリックな領域。「あるあるストーリー」の中にある変わらない「法則」を直観的研究でデータマイニングする

⑱山風蠱(さんぷうこ)に帰納NOTEまとめ~易(易経)~

易(易経)ではどの卦にあたるのか?⑱山風蠱(さんぷうこ)の卦に帰納できると思うNOTEをまとめています。【腐敗】という厄介な難問題の処理 ~曖昧な喪失と救済~親や前任者のトラブルや失敗の引き受け・伝統などの継承に関する難問題・セルフネグレクト(孤独死・ゴミ屋敷問題など)・曖...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。