人生どうにでもなるという崖っぷちの考え方

こんにちは、元てんちょーです。

前回のポジティブの話の続きです。

それではどういった考え方を私がしてきたのかというと、

これは一貫して、

「なんとかなるだろう」

という考えだ。

もし何かに迷ったり、困っていたら、この考えを持つといいだろう。

もちろん、すべてがうまくいくわけではない。

そして「だめだったら、それが運命だ」と思うこと。

私は大学受験も就職活動もそういった心構えはありました。

就職氷河期と言われた時代もあり、

相当、落ちたりしました。

それでも就職しなければいけないので、何度も面接を受け続けました。

そして、とある飲食店で長々と働くことになったのである。

でも、そこで働かなければ出会わない人はたくさんいたし、

今の息子たちもそこで働いていなければ出会ってないんですよね。

そう考えると、それが運命だったと思わなければいけませんよね。

転職の決意も同じで、

「退職しても何とかなるだろう」という気持ちがなければできない。

もちろん目の前のことには一生懸命取り組む。

ただ、気持ちには余裕が必要だ。

「なんとかなるだろう」くらいの・・・


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。