絶対に終電を逃さない女

主に日常で感じた世界に対する違和感を綴っています。ライター業をしているので、何か依頼があれば連絡ください。実績はプロフィールを見てください。
固定されたノート

絶対に終電を逃さない女が終電を逃して相席屋に行った話

今からちょうど半年前、後輩(女)とゴールデン街のバーで飲んだ日のことだ。
終電に間に合うように店を出たつもりが、少し走らないと間に合わない時間になっており、「私急ぐの嫌いなんだよね」と言うと「私も嫌いです」とのことだったので、2人で終電を逃すことになった。

私はもともと早寝早起きにこだわっていたためいわゆるオールで遊ぶということはしない主義だったのだが、この頃は不眠症を患い生活リズムが崩壊してい

もっとみる

GINZAの連載エッセイ第4回が公開されました。
今回はちゃんとファッションの話をしています。フリーマーケットで元オリーブ少女らしき人から服を買った日のことと、服の似合う似合わない問題。
シティガール未満 vol.4 ──新宿中央公園
https://ginzamag.com/lifestyle/shuden4/

GINZAのWebでエッセイの連載が始まりました。
毎回東京の特定の街や場所で感じたことを綴る予定です。初回はこの連載の打ち合わせをした日のことを書きました。
シティガール未満 vol.1 ——渋谷 西村フルーツパーラーにて
https://ginzamag.com/lifestyle/shuden1/

ほぼニート手帳 1/20~1/24

有料noteをやってみたいので、日記を有料公開してみます。取り留めの無いただの日記なので、私に課金したい人だけ購入してください。

1月20日 弟もいつか普通のおっさんになる

一緒に新幹線で帰省するために、東京駅で弟と待ち合わせをした。弟と会うのは1年半ぶりだった。お互い東京に住んでいるし会おうと思えばいつでも会えるのだが、なんとなく気が進まず、用がない限りは会わない。
昔から仲は良いし、趣味や

もっとみる

別に好きなことで生きていきたいわけじゃない

消去法の人生

大学を卒業して、就職せずにフリーライターをやっている。そんな私を人は、「フリーライターになりたいから就職しなかった」と解釈したりするらしい。

「好きなことで、生きていく」「やりたいことをやる」

そんな仕事観で私が生きていると思ったら大間違いだ。

私は普通の会社員になりたかった。というか、今でもなりたい。
では、なぜこうなってしまったかというと(この辺の経緯は後々詳しく書こうと

もっとみる

【告知】
11月25日の文フリ東京で頒布される『失恋手帖』という同人誌に、「雪の定義」というエッセイを寄稿しています。紙媒体なので拡散を恐れることなく10代の頃の恥ずかしくて痛い自分を曝け出せました。
『失恋手帖』Vol.2 詳細↓
https://note.mu/gargo/n/n4f53bda2f743