誰かに見せたい景色

 心を動かされる経験。それにちょうどよいくらいの心的な距離があるんだ。対象に近すぎても遠すぎてもいけない。それは、感情移入の度合いを図る距離ともいえる。

 対象に触れて心を動かされることによって、僕たちはその対象の価値を見知る。だから、心を動かされるのに先だってあらかじめ対象の価値を把握しているわけじゃない。価値は確かに対象に宿る性質なのだけど、それは物理的な何かではない。

——価値は常に既にあらかじめ存在するわけではなく、その都度、認識されるもの。

 何かについて心を動かし、それを感じる能力は、単に色や形を認識する能力とは違うんだ。それはアイステーシス、つまりは感性と呼ばれる。

 誰かに見せたい景色があるというのはとても素敵なことだと思う。心動かされるような美的な価値判断は自分の情動だけじゃなくて、他の誰かの共感を求めるけど、そんな情動と記憶を共有できることができるのなら、それはとても幸せなことに違いない。

 そういえば、記憶ってさ、僕の中に宿っているんじゃなくて、どちらかというと、世界の側にあるよね。茜色の空とか、心地よい波の音にふっと記憶が再生されるから、やっぱり記憶は世界の側にあると思うんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

37

青島周一

ちょっと医療のこと、そして日常と。

リアルな日常と、健康のこと、薬のこと、医療のことを少しだけ違う角度から。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。