【書籍紹介】ゆるく考える ―ラジカルにゆるく

東浩紀さんのエッセイ集「ゆるく考える」を読んだ。

『友と敵の境界をクリアに引かず、「ゆるく」考えることは、最近のぼくにとって大きな課題になっている(ゆるく考えるp326)』

 本書のあとがきに書かれている一文である。2019年1月2日付の文章であるけれども、クリアに線引きしないというのは、東さんの思想全般に通じるテーマの一つではないかと思うし、ぼくもそうした“ゆるさ”に魅かれた一人である。

 理解は時に明確な線引きを要求するが、あえて理解を求めない、つまり理解への抵抗のなかにこそ、誰かを傷つけない大切な想いがあるのはないか。“ゆるく考える”とはそういうことだと思っている。

 本書、2008年から2011年のエッセイを読んでいると「郵便」「誤配」そして「観光客」という東さんが提示するワードが、それこそゆるく繋がっていくように感じた。

《続きは以下のエントリーからどうぞ》


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

青島周一

薬剤師です。本を出しました▶ISBN-10: 4822200981 noteでは医療に対する僕の考えを、科学的な根拠を提示しながら考察していきます。一部、有料テキストとなりますが、内容の質の担保、継続的な更新のためご理解いただけると嬉しいです。一般の方にも読みやすく書いていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。