ワールドトリガーの連載再開が嬉しい人。カメラで街と犬と猫をよく撮る人。アコーディオンを弾いたりもする人。

いまさらかんさい3話

西宮北口駅に降り立ち、今津線と本の表紙を無事写真に収めて一先ず満足した。 帰りはどうぞよろしくと挨拶して、あとはGoogleマップを頼りに歩くのみ。 この日は5月にし...

0

いまさらかんさい2話

わたしは若干ひねくれているので、「そうだ、京都行こう」なところを「そうだ、兵庫行こう」にすることにした。 有川浩の小説の舞台になった電車に乗ろう、というの始めか...

0

いまさらかんさい1話

夜行バスに乗ったのは初めてだった。 朝出発の高速バスに友人と乗ったことはあったけれど、夜発・朝着のバスに、たった一人で乗ることへの緊張とワクワクで興奮していた。...

0

いまさらかんさい0話

一番好きな、思いの詰まった喫茶店は兵庫の小林にある。 こばやしではなく、おばやし、と読む。 有川浩の「阪急電車」に登場する駅だ。ほっとする、優しい雰囲氣で描かれ...

0

好きを分解する〜古着屋編〜

慣れた道をひょいと曲がった先、ふと見上げた二階の窓の向こう、歩き疲れて偶然見つけた扉の奥に、古着屋はある。わたしは古着屋さんが好きだ。 それらは、大通りから外れ...

0

好きを分解する〜野良猫編〜

町をうろつく四足歩行の哺乳類といったら猫である。わたしは犬も兎もハムスターも愛して止まないが、ケージも首輪もない、気ままで優雅な野良猫はペットとはまた違った魅力...

0