後悔に対する考え方

過去を無駄だったと後悔しないようにしよう。今あなたが後悔をしているということは、あなたはその経験から確かに何かを学んだ証拠だ。つまりその過去はあなたを後悔できるレベルにまで成長させてくれたのだから、全く無駄にはなっていないのだ。後悔するほど何かを学べた過去に無駄なものなんてない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ノート君

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。