僕のバックグラウンド

どうも、THE GUILDの三古(@t_mifuru)です。
この度、Service Design Nightの第6回目が開催されるのですが、そこでお話しさせていただく機会をいただきました。
3月29日木曜日、19時から3331 Arts Chiyodaで開催されます。是非お越しください。
イベントページはこちらです。

今回のテーマは『デザイナーのキャリアと働き方 〜バックグランドから紐解くデザイナー像〜』ということで、テーマの一部にある私のデザイナーとしてのバックグラウンドについて書いていこうと思います。

この記事はまず私の今までのデザイナーとしてのキャリアを軽く説明し、『現在・未来編』へと繋いでいきます。『現在・未来編』では、今考えていること、5年後の自分がどうなっているかをざっくり(本当にざっくり)考えていきます。

イベントに関係なくどういう人間なんだろうってところを知っていただけたらなと思います。
それでは私のデザイナーとしてのバックグラウンドです。

過去編

自分のデザイナーとしてのキャリアのスタートは大学生時代にインターンで入り、約5ヶ月ほどお世話になった株式会社エウレカから始まります。
完全未経験な(独学でデザインを勉強。いくつかのスタートアップでインターンをしていたがデザインはほとんどしていなかった)私を受け入れ、鍛えてくれたエウレカでの経験が今同じ業界で当時と同じようにデザイナーとして働いている理由の一つでもあります。

誰かの喜ぶ顔が見たい
エウレカでの経験はとても辛いもので、今でもあの時が一番辛かったと思います笑
実力の無さと経験のなさ、デザインに対する考えの甘さなど様々な要因と、求められるアウトプットの高さについていけず、毎日ひたすらディスプレイに向かっていました。

エウレカでは時々社内全体が幸せな空気に包まれることがありました。
それはユーザーからの幸せなお便りが届いたときです。エウレカが提供しているpairsはデーティングアプリで、当時もかなりの勢いで会員数・マッチング数が伸びている時でした。

その中でユーザーさんから「pairsで出会って結婚しました!感謝してます!」のようなお便りが届くことがあるのです。
直接pairsの仕事をしていた期間は短かったですが、自分の関わっているサービスで誰かが喜んでいるという経験はとても自分の中に残っています。

その後体調を崩し、拾っていただいた製作会社DEN DESIGNでは数多くのサービスに関わりました。1年間の在籍でしたが多くの経験をさせていただきました。ですが自分の中であることがモヤモヤしていました。

『本当にユーザーに自分たちのデザインは届いているのか』
多くの製作会社が同じような環境だと思いますが、デザインを納品してその先が見えない環境はモヤモヤを少しずつ大きくさせました。リリース後の改善や運用まで見たい。そこを担っていきたい。その気持ちが大きくなっていき転職を決意します。

転職の条件は
- ユーザーと近いサービス
- アプリを提供している(しそう)
- レディースファッションまたはEC
- 渋谷付近

で探していました。その中でBASEに入社することになります。

立ち上げやリニューアル、色々な施策に関わる
BASEではやりたいことが全部できたんじゃないかなと。
入社当時、アプリのリリース直前でした。外注のデザインから内製化にあたり私がチームにアサインされます。
そこからリニューアル、運用、改善、リニューアル、運用、改善…とサイクルを繰り返す中で製作会社にいた頃のモヤモヤは晴れていきます。それまで考えていなかったアシスタントの採用・教育やデザインガイドラインの作成なども担当し、良い経験をさせてもらいました。
ダウンロード数もぐんぐんと伸びて、ユーザーに届いていると感じましたし、商品が売れるということは買った人がいるわけで、その両者が満足し喜んでいると感じ満足していました。

2年間BASEに関わりPAY事業部に異動し決済領域デザインをする中で、今まで深く考えていなかった『お金』について考える時間が増えました。法律なんて読んだこともないという状態でしたが、読み知って行く中でとても興味のある分野になって行きました。
何より新しい分野への挑戦と、当時盛り上がりを見せていたFinTechはやりがいもありました。
ですが、半年PAYでデザインをしている中で大きな壁にぶつかりました。

自分の成長が止まったと感じた
ここはインタビューしていただいた記事にも書いていますが、サービスやアシスタントが成長している中で自分の成長が感じられなくなっていきます。
インプットとアウトプットを繰り返しても期待を超えられないと自分自身が感じていました。
他にデザイナーがいないわけではなかったのですが、もっとフィードバックと再提出を繰り返してブラッシュアップして行くプロセスを進めたいと思うようになりました。

PAYに異動後、デザイナー募集のWantedlyを出しデザインチームを発足しようと考えていました。仕事内容は楽しかったし、異動から半年しか経っていなかったで転職はまったく考えていませんでした。
ただ色々なことが重なり、転職を決意。THE GUILDへ入社することになります。

現在編・未来編

転職から2ヶ月がたちました。
毎日楽しく頑張っています。まだ2ヶ月ですが、自分のキャリアをどうするか、を少しずつ考えるようになりました。

まだ5年後というスパンでいうと全く想像できていません。
ただ、独立してデザインをしているんじゃないかなと思います。

当初はスタートアップに戻るんじゃないかなーと考えていました。そっちの方が好きだし、ユーザーに近い環境はやはり魅力的で。
ただ、今の働き方やTHE GUILDにいることはもっと多くのサービスや人に関わってデザインができる環境でもあります。自分の仕事の仕方次第でもっと楽しいことができるかもしれない。そう考えると独立するのも良いなと感じるようになりました。

今後やってみたいことはたくさんあります。
FinTechやファッションのサービス、コンシューマゲームなどスマホ以外のUIのデザインにも興味があります。
これらを個人でもTHE GUILDとしての仕事でも良いので経験してみたい領域です。


まとめ

現在・未来編は他の方とディスカッションをしながらということで、あまり書かない方がいいかなと思い短めにしました。
過去編はこれをもっと深掘りした内容にしようと思っています。

自分でもこれからどうしようかとぼんやり考え始めたところですが、こうやってみなさんの前でお話しさせていただくことになって、考えるきっかけになっています。
どんなイベントになるんでしょうね。楽しみです。
よかったら参加してみてください。

それでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたらお願いします!書籍の購入や有料サービスのリサーチに使わせていただきます!

嬉しいです!励みになります!ありがとうございます!
9

みふるん

THE GUILD デザイナー https://mifuru.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。