【レビュー】リソースのやり繰りが苦しいカツカツ競りゲーム『士農工商』


タイトル:士農工商/Four Big Strata
パブリッシャー:飛騰無限(Activate)
デザイナー:水水
プレー人数:
1~7人
プレー時間:45分
ゲーム背景:
士農工商四民者,国之石(柱石)民也。(管子・小匡)
是以人不兼官,官不兼事,士農工商,郷別州異,是故農與農言力,士與士言行,工與工言巧,商與商言数。(淮南子・斉俗訓)

--------------------------------------------------------------------------------------

国を治めるというのは難しいもので、人口を増やさねば国の発展はないのだが、人が増えればさまざまなリソースが必要になる。そのリソースを確保するには税金が必要なのだが、税金を高くすると民は不満を持つ。シムシティをやったことがある人ならわかるだろう。大事なことはすべてシムシティで教わった。

さて、今回ご紹介する『士農工商』はそんな国を治める大変さがわかるゲームである。とにかく終始カツカツなのだ。

このゲームでは、基本的には士農工商の4種類のカードを集めていくことでリソースや得点の入手を目指す。なお、中国では「士」は役人のことであり、武士ではない。

カードの左上に描かれているのが得点、その右に描かれているのがそのカードの提供する効果。このカードであれば、毎ターン四つの食糧を提供してくれる。カードの得点が高いほど、提供する効果が弱く設定されている。

農は食糧を、商は金銭を生み出してくれる。

士が提供する令牌(五角形の細長い板)は、多く持っていると他のプレーヤーからリソースをぶんどることができる。工には数種類の特別な能力が用意されており、条件に応じてリソースか得点を提供してくれる。

このゲームは全15ターンで、各プレーヤーはターンごとに必ずカードを1枚手に入れる。したがって、ゲーム終了時には各プレーヤーが必ず15枚のカードを持った状態ができ上がる。

手に入れたカードで種類ごとに列を作り、ゲーム終了時に列ごとに得点を計算する。このうち、もっとも低い点数がそのままプレーヤーの得点となる。上の図でいえば、このプレーヤーの最終的な得点は6点だ。

できるだけ各列の得点が均等になるようにしたいが、リソースとの兼ね合いでそうもいかないのが悩ましいところ。

さて、各ターンは次のような流れになっている。

1.カード入手(競り)
2.生産・消費
3.献上

1.徴集(競り)

カードを場に7枚用意し、このうちプレーヤー人数に等しい枚数のカードを表に、残りを裏にする。スタートプレーヤーのみ、裏向きのカードの内容を確認できる。

その後、一斉に金銭を握り込み、多く金銭を握ったプレーヤーから順にカードを選んで入手していく。裏向きのカードを買った場合は、そのカードの表を確認したうえで、表裏どちらで配置するか選択できる。ただし、表向きで配置するには余分に2金支払わなければならない(スタートプレーヤーに限り無料)。裏側は得点が低く、効果も弱いので、裏向きのカードを買うのは一種のギャンブルだ。

2.生産・消費

生産:カードの効果により生み出される食糧と金銭を獲得する。
消費:手元のカード1枚につき食糧を一つ消費する。また、一部のカードに灰色で描かれているリソースをさらに消費する。

形式的には拡大再生産なのだが、食糧ばかり増やしているわけにもいかず、かつ消費量は毎ターン確実に増えていくため、プレーヤーはターンが進むほどリソースのやり繰りに苦しむことになる。民を養うのは大変なのだ。

3.献上

士の令牌の合計を全プレーヤーで比較し、合計数がより少ないプレーヤーがより高いプレーヤーにリソースを献上しなければならない。

リソースをぎりぎりでやり繰りしていると、ここで奪われたときに計画が狂ってしまうので要注意だ。

この1~3の流れを15回繰り返し、最終的に点数がもっとも高いプレーヤーが勝者となる。得点を伸ばさなければ勝てないが、得点の高いカードはリソースを生み出してくれない。そんなジレンマに終始悩まされることになるだろう。

ところで、このゲームには士農工商の4種類のほかに、皇というカード(女帝!)も存在する。このカードは7ターン目から場に必ず1枚登場する。

このカードを持っていれば、ゲーム終了時に好きな列に加え、その列の得点を伸ばすことができるのだが、灰色で描かれたリソースを毎ラウンド消費してしまう。

得点以外に特別な効果はないので、ゲーム中は単なる穀つぶしだ。国を治めるのは大変だ、と言いつつその原因を作っている張本人が為政者自身。このゲームの民が一揆を起こさなくてよかった。

--------------------------------------------------------------------------------------
このゲームはゲームマーケット2019春で和訳付きで販売いたします。
5/26(日)W-09 中華卓上遊戯情報部ブースへぜひお越しください!
通常価格:3,500円、キャッシュレス割価格(※):3,300円。

※PayPay、PayPal、pixiv Payのいずれかでお支払いいただく場合の価格。

マガジン「中華卓上遊戯情報部」では、中華圏(主に大陸中国・香港・台湾)のボードゲーム情報をお伝えしています。マガジンのフォロー、記事へのスキ、SNSへのシェア、サポートなどよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ノートに「スキ」をしていただくと、あるボードゲームの中国語タイトルと、それに対応する日本語タイトルが表示されます。全10種類。君の好きなあのゲームはあるかな?

中:卡坦島 / 日:カタン
4

T.Mizutani

中華卓上遊戯情報部

中国語のボードゲームコラムの翻訳や、中華圏のボードゲームにまつわるニュース・コラムなどを不定期にお届けします。 マガジン「中華卓上遊戯情報部」について https://note.mu/t_mizutani/n/n8792cc6be35b?magazine_key=md56e...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。