【翻訳】クラウドファンディングに見る2017年末の中国ボードゲーム市場

中国にももちろんクラウドファンディングサービスが存在している。そして、2015年ごろよりこれがボードゲームの開発に活用されるようになった。当初はeモールで有名な淘宝タオバオが運営する「淘宝衆籌」がよく使われていたが、ボードゲーム関連では次第に「摩点網」が使われるようになった。2017年年末時点の摩点網から、最近の中国ボードゲームのトレンドを探る。中国では現在、あるジャンルのゲームが流行中だという。

※本記事は2017年12月7日に公開された記事を翻訳したものです。翻訳にあたっては配信者に許可を受けています。
配信者:Halifa、上海ボードゲームデザイナー協会発起人

--------------------------------------------------------------------------------------

よく知られているように、かつての「淘宝衆籌」、「点名時間」に続いて、中国国内のボードゲーム関連クラウドファンディングには「摩点網」が主に使われるようになっている。合計金額の上でも数の上でも、70万元(約1,190万円)を集めた『パスファインダー』がランキングトップを占めている。

数か月前は、ゲームのトップ12タイトルのうち10タイトルがテーブルゲームとなっていた(訳注:摩点では電子ゲームのクラウドファンディングも行われている)が、現在はやや変化している。

この続きをみるには

この続き:2,185文字/画像7枚

【翻訳】クラウドファンディングに見る2017年末の中国ボードゲーム市場

T.Mizutani

108円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ノートに「スキ」をしていただくと、あるボードゲームの中国語タイトルと、それに対応する日本語タイトルが表示されます。全10種類。君の好きなあのゲームはあるかな?

中:情書 / 日:ラブレター
1

T.Mizutani

中華卓上遊戯情報部

中国語のボードゲームコラムの翻訳や、中華圏のボードゲームにまつわるニュース・コラムなどを不定期にお届けします。 マガジン「中華卓上遊戯情報部」について https://note.mu/t_mizutani/n/n8792cc6be35b?magazine_key=md56e...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。