『清く正しい危機管理講座②』プロフェッショナル編

以前、俺のブログで『清く正しい危機管理講座①』(2017年8月7日)というのをおこなったのだが、今日は久しぶりに2回目の講義を行う。

今日の材料は「〇京新聞の記者からの取材」、テーマは「マスコミが、取材相手をミスリードしたい時の手法とその対策」だ!

〇京新聞の記者からの取材依頼

先日、東〇新聞の●●記者から、このような取材依頼が届いた。

現在、私は民間による精神障害者移送サービスについて取材をしております。取材の入り口は、家族からの依頼を受けた警備会社による精神病院への搬送作業の中でけがを負った〇性が、刑事告訴をしたことです。
(略)
改めて精神保健福祉法で定められた移送制度が機能していない実態、民間による移送を批判する声もありますが、それ以前にどうあるべきかをさまざまなご意見を通じて問題提起したいと思っております。つきましては、押川さまのブログ(「そもそもの話として…」のタイトルで書かれたものです)を拝見し、ぜひもう少し詳しい ご意見をうかがいたいと思いました。

俺はこの取材依頼を一読して、「?マーク」がたくさん頭の中に浮かんだ。まず、取材の入り口として挙げられた、「家族からの依頼を受けた警備会社による精神病院への搬送作業の中でけがを負った〇性が、刑事告訴をした」の一文である。

この続きをみるには

この続き:6,218文字/画像8枚

『清く正しい危機管理講座②』プロフェッショナル編

押川剛の「YES!ホンネ NO!キレイゴト」

380円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

コメント1件

こういう現象って現代病ですかね。よく一般でもやる人います。
小中学生でもイジメで使う手口かと。
人を潰す時にその本人の発言を別の解釈に変えて使うんですよね。
人を潰すなら手を汚さず、当人が当人の迂闊な失言で自爆した、って風にやろうと。
これ完全犯罪の思考のようですね。
人はみんな深く考えないから操れることを熟知していて不都合な奴は世論で潰す。その術に長けていますね。
今、大学に行ってるんですね。押川さん、そのファッションはボッチになるでしょうね。怖いお兄さん風です笑 ちょっと若者のカジュアルのお店でアドバイス受けてさりげないおしゃれ大学生風にしてみたらいいかもです。
若い人たちが、どういう空気に晒されて、善悪、道理、反応の行動基準になってるのか知りたいですね。
楽しみにしています。コメント蘭は毎記事ごとに無いんですか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。