「インフィニティウォー」はマジ天才

08年の「アイアンマン」からはじまり、もう10年です。

10年!!!!!!

集大成になる今作がどんなにつまらない作品だったとしても、いまさら「つまんなかったわ」とは言えないわけです。

でも、そんな勝手な心づもりや、さまざまな予想や想像を、いつもちゃんと超えてくるのがいまのマーベル作品。

今回も「こういう結末だろうな」「どうせアレでしょ」みたいにあらゆるイメージを膨らませながら劇場に行きましたが、完全ブッチギリで最高に打ちのめされました。

スゴすぎ。

なにがすごいのかは、もうみんな語り尽くしているので個人的に感銘を受けた部分を箇条書きで。

◯コメディ路線で軽いタッチなので見やすい(最近のMCUのこのテイストすごく好き)
◯アベンジャーズの映画と見せかけて、サノスの映画だった
◯数十人登場するキャラクターの交通整理が超スムーズ
◯冒頭から絶望的なシークエンス(あそこから始めたのマジ天才)
◯結末が予想のはるか上だった(あの展開で終わらせるのマジ天才)

特にみっつめですよ。MCU作品ではすべてに言えることだけど、キャラの特色や他のヒーローとの関係性を手短なセリフや状況で伝える手腕、惚れ惚れします。もちろん戦闘シーンだって、それぞれの個性を生かしつつ、初邂逅のキャラ同士の共闘も見られる。アガらないわけがないんです。

たとえば戦闘中にあった下記の会話。(内容はうろおぼえですが。)

ソー「あれ、ヒゲ剃った?」
キャップ「うん。そっちは髪切った?」
グルート「ボクはグルート」
キャップ「わたしはスティーブ」

戦闘中なのにこういうコメディ的な会話が差し込まれて笑えるだけでなく、シリーズを全部見ていない人にも関係性や時間経過がぼんやり頭に入ってくる。すごい洗練だなぁ。

「なんか話が薄くない?」とか「場面転換が多くてテンポ悪くない?」とか「スターロードが戦犯すぎじゃない?」とかあるんですけど、エンタメ映画の最高峰であることは間違いないし、いまこれを見ないやつはバカだって本気で思ってます。


唯一の心配は、今回退場したヒーローたちが次回作でどう戻ってくるのか。「復活」って一時的にはテンション上がりますが、それを解禁することで物語の緊迫感が一気に緩んでしまうのは明確なわけです。負ける恐怖、殺される恐怖がなくなってしまうから。だから「二度とは使えない最終奥義でありラストチャンス」的な理屈にするんだろうけど…うまくいくかなぁ。

http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
2018年4月27日(金)公開



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

田島太陽

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。