yoshi

プロ格闘家/アジア二階級チャンピオン兼トレーナーとして、一般の方のダイエットからトッププロ選手の技術指導まで幅広く受け付けております。

薩摩の教え 〜男の順番〜

一、何かに挑戦し、成功した人

二、何かに挑戦し、失敗した人

三、自分では挑戦していないが、挑戦する人を手助けした人

四、何もしない人

五、何もしないが、他人の批判だけをする人

変えるところ、変えないところの話

試合が終われば内容や結果を振り返り、また次へと向けて練習を再開する。

実戦の中の1シーン1シーンを思い出しながら試行錯誤を繰り返す毎日。

本来ならば変えなくても良いところを変えてしまったり、変えないといけないところを変えれなかったりする。

何を残して何を止めるのか。

その判断は確かに難しい。

だが傾向的に見ると、伸び悩む選手は変えることをあまりしない。

変えるこ

もっとみる

殴られると”痛い”のか?

ガチで人に殴られる。

人生でそんな経験をすることは普通に生きていればそうはない。

僕たち格闘家は言わずもがなリングの上でそれを行う。日々勝利の二文字の為だけに心身を鍛え上げる。

率直に、「殴られたら痛いのか?」

痛く・・・ない。

これは強がってるわけではない。

試合中は極度の緊張と興奮から大量のアドレナリンが分泌されている。試合後、家に帰り興奮がさめてくると身体

もっとみる

素人のパンチは格闘家に当たるのか?

この質問は減量についてと同じくらい格闘技をやっていると多い。

正直言ってこれには個人差がある。

残念ながらプロ格闘家というのは上位と下位のレベル感にかなり差がある。

”プロ”と呼べないプロがいるというのが実情だ。

だが、基本的には当てられないと思って良いだろう。ジムに入りたての人などに希望があれば体験的にこちらは手出しせず、一方的に打ってもらうということをよくしたりするが”平均

もっとみる

良いトレーナーの見分け方

情報が溢れる時代になって情報が入手しやすくなった一方、一体どの情報を信じたら良いか等、迷うことも多くなった。

大概は多数決、より多くの人が”良い”と評価していればおそらく良いのだろうという判断になることが多い。

だが、情報によって多数決では一概にわからないこともある。

例えば僕たちで言えば、”どのトレーナーが良いのか?”などだ。

皆が「あのトレーナーが良い」と言っているからといって、自分に

もっとみる

”本来”のパフォーマンスを出す為の話

格闘技というのもまたメンタルスポーツであると認識している。

「普段通りやれば大丈夫。」

そんなアドバイスが勉強、ビジネス、スポーツ界どこでも蔓延(はびこ)っている。ただこの「普段通りやる。」というのが実は一番難しい。人は緊張から逃れられない。

よく敗者の身内が「本当は彼はもっと強いのにな〜」なんて言葉を発する。

だが僕はそうは思わない。

「本当はこんなに弱い選手だった

もっとみる