見出し画像

カラオケで90点を超えたい!

カラオケは練習&テクニックで点数が伸びます。

みんなでカラオケ行ったとき気まずくならないくらいでいい。それくらいだったらきっと誰でも到達できます。

僕はもともとカラオケ苦手でした……

どれくらいかというと、みんなでわいわいカラオケに行ったとき、僕が歌った後でだけシンとなってしまうくらい……

それもそのはずで、もともと声が低く、さびでも声が出ていなかったため、聞いている方もつまらなかったと思います。

それでも僕はなんとか練習とテクニックで、90点を超える点数をとれるようになりました! (ジョイサウンド、ダムの両方で)

集中的にやったわけではないので半年くらいかかりましたが、聞き苦しくないレベルでいいなら1,2か月でなんとかなると思います。

それでは、どんなことをしたのか書いてみます。


1,キーを調節する

とくに男性にはちらほらいると思うんですが、高すぎて声が出ないという悩みを持った人。

僕もそうでした。

こういう人は、キーを調節するだけで劇的に歌いやすくなります!

キーってなに? と思うかもしれませんが、カラオケのリモコンで必ず調節できるようになってます。

要は曲の音を全体的にあげさげできるんです。

音程というのは7音で一周するようになっているので、すべての音程を同じだけ変えても同じ曲に聞こえるわけですね。

それを利用して、高すぎるなら下げてしまえというだけ!

キーを1つ下げると半音下がります。

つまり、キーを2つ下げると1音さがるんですね。

たとえば、歌いだしがレの音だったら、キーを2つ下げたらドの音から歌いだせるということです。(素人なので雑な説明ですが)

これをうまくつかって、自分にとって歌いやすいキーを見つけてみましょう。

ぼくの場合は、BUMPならキー1つさげ、ONE OKならキー5つさげ、のようにアーティストごとに決めています。

曲の途中で変えると合わせづらいので、予約のときにはすでに調節しておくといいですね。


2,とにかく聞く

自分では普段から聞いてるつもりでも、意外と音楽って細かいとこまで聞けてません。

自分ではそのとおり歌ってるつもりでも、いざ採点してみると細かい音程がずれまくりなんてことはよくあります。

これをさけるためには、普段から聞きまくるしかないです!

この曲歌いたいなと思ったらその曲を何度も聞いて、できれば口ずさんで見ましょう。

(声に出す必要はもちろんないですよ。口の中で周りにばれない程度でごにょごにょと)

自分の音程のずれに気づけるようになればこっちのもんですね。


3,高音を練習する

これは応用編ですが、高音を出しやすくする練習があります。

ハイトーンボイスというやつです。

半分息を吐きながら声を出すことによって驚くほど高音が出しやすくなります。

ただ、すぐにはできませんでした……

ぼくは3か月くらい練習してやっと少し出せるようになった気がします。いまでも完全に使いこなせているかと言われたら自信ないです。

ただ、高音が出しやすくなったのは事実ですので、ぜひ練習してみてください!

これはYouTubeなどにたくさん解説動画があるので見てみると面白いです。


さいごに

キーの研究にせよ、高音の練習にせよ、家にいたのではなかなかできませんよね。

かといって友達といったときに練習するのは申し訳ない。

ということでぼくはヒトカラおすすめします

いまの時代、ヒトカラで変な目向けてくる店員さんなんていませんし、大声出すとストレス発散にもなります。

仕事や勉強でストレスたまったついでに、カラオケの腕を磨いてみるのもいいかもしれませんよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

さすがです! ありがとうございます^^
1

たーつ

高校留年er。うつ病で、あまりない高校での留年を経験しそこからじわりじわりと10年ほどかけて復活。現在は東工大の院で数学勉強中。外から見ると”普通”に見える家庭でとても苦しんできました。そんなぼくが日ごろ考えていることや立ち直った経験、近頃の面白い経験をつづる雑記noteです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。