純ドメ留学経験ナシの日本人が、入場料1000$の海外カンファレンスで英語でプレゼン出来るようになるまで。

まずは、初めにこの動画を見てほしい。

こちらは、私が2015年の11月初旬にアイルランドはダブリンで行われたネット業界最大級のカンファレンスであるWEB SUMMIT 2015にて各国から集まった1000人近い観衆を前に披露した「マーケティングプラットフォームとしてのLINE」を売り込む英語プレゼンである。

上記の動画に収録されたもの以外でも、欧州最大級のソーシャルメディアについてのカンファレンスであったENGAGE(2015年はプラハで開催)においても、同じく1000名近い観衆の前で話をさせてもらったりもした。見込み顧客やパートナー向けに、一般には非公開でなされるセミナー的なものも、2015年においては、月に平均で2〜3回はあったように思うので、おそらく、東京ベースで働く純ドメで留学経験ナシという、セコい(笑)前置きを付けさせてもらうならば、私は、おそらく日本のネット業界ビジネスマンの中で、昨今最も英語で、多くの人間の前でプレゼンしてきた部類に入るのでないか、と自負している。

このプレゼン自体も、正直、全く完璧ではない。自己採点するならば、58点くらいだ。まだまだ多いに向上の余地だらけである。しかし、あえて、他人様に向けて、このような文章を書く決心がついた理由が一つある。WEB SUMMITもENGAGEも、聴衆は1日1000$近くする入場料を払ってくるようなイベントだ。当然、オーディエンスも真剣なわけだ。その中で、いちおう、ブーイングが起こったりしないし、Twitterのコメント等もポジティブなものが幾らかは付いたりはする、つまりは、ある程度、意味のあることを話せて、伝わってはいる、という最低限のレベルはクリアできたのではないだろうか、という自己判定をかろうじて持てたので、このような文章を書いている。

私と同じように、子ども時代に海外で暮らしたわけでもなく、留学経験もないながら、もっと英語を使ってパブリックスピーキングの力を付けたい!コミュニケーション力を上げたい!持論を堂々と展開し、世界中の人と議論ができるようになりたい!と思っている仲間の皆さんに本稿を捧げる。

なお、本稿はこの後、課金を行う記事コンテンツではありますが、何の努力もなく魔法のように英語が話せるようになることは、決してあり得ない。

そもそも母国語でないのだから、最小の努力で最大の効果が出る仕組みを使いつつ、なお最大の努力を投入することでやっと、それなりの結果がもたらされるのだ。その点、ゆめゆめ忘れずに、実際に下記に書いてる、メソッドを行う覚悟を持ったうえで、課金ボタンを押してください。

対象者のレベルだが、私は大学4年のときに、内定式で初めて受けたTOEICで650点くらいあったので、おもにTOEICで700点前後くらいだけど、英語でのメールのやり取りは何とかできるが、ミーティングや、ましてテレカンとなると、挨拶くらいしか出来ずに「地蔵」になってしまうというようなレベルの方を主な対象として「私はこのようにやってきて、ここまで来た」という実例の紹介をする。

どこまで普遍性があるかは分からないが、1人の実事例としてご笑覧あれ。

【ステップ1〜基礎INPUT編。】

まずは、アウトプットについて考える前に、インプットが必要だ。本を1冊書くためには目安として、関連分野の書籍を100冊は読む必要があると言われるのと同じように、頭のなかにある程度の量の英語がストックとして入っていないと、自分の口から英語がスラスラと溢れ出てくることは絶対にあり得ない。

重ねて言うが、何事においても、無から有が生まれることは絶対にありえない。

さて、そのためにもインプット素材に相応しいテキスト選びが重要だが、ビジネスで使うことを狙う皆さんには、文法的にも正確であることはもちろん大事だが、といって格調高いが古色蒼然としたアカデミックな英語ではなく、切れば血が出るような実践力のある表現にもあふれてライブ感を持つテキストに触れてもらう必要がある。

いろいろな本やテキスト素材を私も試してみたが、これは私の答えは一択だ。

この続きをみるには

この続き:5,418文字/画像1枚

純ドメ留学経験ナシの日本人が、入場料1000$の海外カンファレンスで英語でプレゼン出来るようになるまで。

田端大学 公式note

988円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

938

田端大学まとめマガジン

田端大学参加者の方々が書いた記事、田端さんがオススメして下さった記事をまとめたマガジンです。
47つのマガジンに含まれています

コメント4件

海外に出ていくプロフェッショナルが「どのように英語を身につけていいか」について、田端さんご自身の経験を事細かに書いてくださり、非常にありがたかったです。少しネタバレになってしまうのかもしれませんが、本当に地道に続けられていたことに、イチ英語学習者として勇気付けられました。
この手の勉強系ものをいくら読みあさっても「簡単に身につく魔法の勉強法」みたいなものはないと思う。「どんな方法であれ地味な練習以外に道はない。」というオチではないだろうか。
英語プレゼンの必要性にかられ、先日トーストマスターズクラブの門を叩きました。都内でも数多くのクラブがあり、回数を重ねる場として非常にオススメします。FCCJのトーストマスターズはメンバーも外国人が多く、シビアな指摘を受けますが上達が早いと思います!
純ドメで英語を身につけた方には、もう一つ他の言語を学ぶのがお薦めです。英語ではネイティブには絶対に勝てませんが、ネイティブは外国語を話せる様になる過程を知りません。3ヶ国語を話せると一目置かれます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。