これからiPhoneとかMacBookを買う人へ15万円あげる様なもん。というブログ。

from:家から2番目に近いスタバ(ヤマダ電機の隣)


年末年始にかけて、とても高いりんごを2つ買った。

1つ目は20万円、2つ目は10万円ほどした訳で、財布が軽くなりとても心地がいい。(心地よくない)


だけど、そんなとても高価なりんごを、結果的に「15万円」ほど安く買うことができたので、その方法をメモしておきたい。


それぞれ 20万円→16万円 と
10万円→1万円 まで安くなった。


りんご は、Apple さんのことで、

1つ目はMacBook Pro、2つ目がiPhone8Plus の話なので、本当の林檎 好きさんは読むのをやめてくださいすみません。


もし、あなたもAppleの購入を考えているのであれば、読んでおいて損はしないはず。




MacBookは、ヤマダ電機で買うもの。

2017年のTouch Barタイプを買った。

https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/macbook-pro

もう面倒くさいので結論から。


【値引の内訳】

本体価格:−1.7万円

Yamadaポイント還元率:13%


つまり、1.7万円+2.4万ポイント= 約4万円相当 安くなったと言うわけだ。


この時ぼくが言った言葉は、この2文だけ。

「ヤマダ電機さんで買うことは決めています。」

「1.5万円の値引とポイント11%が付くなら、今すぐ買って帰ります。」


なぜ、1.5万円と11%なのかと言うと、過去その程度の値引が実際にあったことを知っていたから。その言葉を聞いたスタッフは「確認して参ります」と、事務所の奥の偉そうな人に相談にいった。


ポイントが11%ではなく13%に上がったのは、ヤマダ電機の要望だった。プレミアム会員(300円/月)に加入すれば+2%付けると言うので、ぼくは300円を払って11%→13%の差分約4,000円のポイントを貰う。(来月退会する)


そうしてぼくは4万円分安くMacBook Proを買うことができた。


どうだ!と言いたいところだけど、あたながこう思っていることも知っている。


「いや待て、Yamadaポイントとかいらんわ。」



iPhone8.Xは、ヤマダ電機で買うもの。

改めて伝えておきたいのは、ぼくはヤマダ電機の回し者でもないし、このブログによってヤマダ電機からアフィリエイト収入もないと言うこと。

そしてもう1つ伝えておかないといけないのは、ぼくは同じタイミングで、iPhoneも新しく買う予定だったと言うこと。


つまり、貯めたYamadaポイントの使い道を決めていたという事です。


ヤマダ電機内のキャリアショップでiPhone代金を一括払いする場合、Yamadaポイントを使うことができる。それが量販店で携帯端末を購入するメリットだ。もちろんMacProの2.5万ポイントは全てここに当てた。


あと6万円のキャッシュバックと、iPhoneの下取で2.8万円…etc 


この先はややこしいので、図解で察してほしい。

要はこう言うことです。


1ヶ月がまんして使ったiPhone7は下取ってくれて、毎月の利用額から約1,200円を24ヶ月間(計2.8万円)引いてくれる。

月額利用料を4,500円にしているけど、これはSoftBankさんの20Gプランで計算していて、実際にぼくは50Gプラン=5,500円/月で使っている。


少し遠回りだったけど、全方位的に判断すると、ぼくの環境にはこれがベストだと行き着いた。知っておいた方が良い情報は、やはり全方位的に知っておいた方が良い。


↓全方位的っていうのはこう言うことです。


と言うことでした。(こう言う記事を書くのは疲れるな)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

めもちょう

忘れちゃうことって結構あるじゃないですか、だから。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。