いま、韓国を旅して感じたこと。

日韓関係が悪化する中、7月27日~30日まで、韓国を旅してきた。

旅のメインは光州での世界水泳の観戦。それと合わせて、全州や群山など、全羅道地域を巡ってきた。

友人からは、「こんな時に韓国へ行くなんて大丈夫なの?」と心配されたし、僕自身も正直、こんな時期に韓国を旅することが少し心配だった。

現地での行動には気をつけるようにしよう、と心に決めて、僕は韓国へと旅に出た。

旅の初日の27日には韓国各地で日本政府に反対するデモが起きたし、僕が訪れた光州や全州にも日本製品ボイコットの大きな垂れ幕が下がっていた。

けれど、いつもの韓国と違うのはそれくらいで、あとは何事もなく、平和に旅することができた。

身の危険を感じることなんてなかったし、日本人と知って嫌な顔をされることもなかった。

そこで出会ったのは、ちょっとおせっかいで、馴れ馴れしくて、でも優しくて、あったかい、いつもの韓国の人々だった。

旅する中で、とくに心に残っている出来事が2つある。

ひとつは、光州での世界水泳観戦で、瀬戸大也選手が金メダルを獲ったときのことだ。

僕の隣に座っていた韓国人の男性が、スマホの翻訳アプリに何かを打ち込むと、笑顔でそれを僕に見せた。

そこには翻訳された日本語で、こう書かれていた。

「おめでとう。二冠王ですね!」と。

僕は思わず、言葉を失った。こんなひどい日韓関係の中で韓国へ来て、当の韓国の人から、そんな優しい言葉をもらえるとは思ってもいなかったから。

「カムサハムニダ!」と僕は答えて、彼と握手をした。びっくりしたのと、嬉しいのとで、目が思わず涙で潤んだ。

心に残っているもうひとつは、その瀬戸大也選手が、会場内でインタビューを受けたときのことだ。

瀬戸選手が「カムサハムニダ!」と韓国語で答えると、韓国人の観衆から大歓声が沸き起こったのだ。

日本の選手が金メダルを獲ったことで、ブーイングでも起きるのではないかと思っていた僕には、それもびっくりだった。

そして思った。僕もまた、テレビやネットの情報に振り回されている1人なのかもしれないな、と。

思い返せば、初めて韓国を訪れたときもそうだった。テレビやネットを通して抱いていた韓国のイメージと、実際に訪れて感じた韓国のイメージは、まったく違っていた。

今回も同じだった。

この2つの出来事を通して、僕は恥ずかしくなった。少しでも、韓国の人たちを疑ってしまったことに。

それだけではない。

光州のコンビニでカップラーメンを買ったときは、手順がわからない僕を見て、女性の店員さんがラーメンを熱心に作ってくれた。

世界遺産の高敞支石墓で帰りのタクシーが見つからなかったときは、博物館の女性がタクシーを呼んでくれ、外へ出て乗り場まで案内してくれた。

いつもと変わらない、優しい韓国の人たちが、そこにいた。

日本へ帰ってきたいま、こんな時だからこそ韓国を旅してきてよかった、と僕は思っている。

テレビやネットだけでは知ることのできない、いまの韓国の姿に出会うことができたから。

もちろん、旅人の感想なんて一面的だし、短期間訪れたくらいで安易に結論すべきでないことはわかっている。

けれど、テレビやネットの情報だけで判断してしまうよりは、遥かに意味があるし、価値のあることだと思う。

旅をすることで得られるのは、自分の足で歩いて、自分の目で見た、「生」の情報なのだから。

ここで僕が言いたいのは、いまこそ韓国を旅しよう!ということではない。

デモ等が起きているのは事実だし、今後の情勢次第では渡航を控えた方がいいこともあるかもしれない。

ただ、テレビやネットに流れている情報がすべてだとは思わないでほしい。それらを100%は信じないでほしい。

そして、現地へ行けば真実を得られるとは限らないけれど、最も真実に近づけるのは、現地へ行くことでしかありえない、ということだ。

少なくとも、テレビやネットに溢れている情報より、あの光州で、「おめでとう」という言葉をくれた、あの韓国人の笑顔を、僕は信じたいと思う。

あの優しい笑顔に、嘘なんてないはずだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

旅の素晴らしさを、これからも伝えていきたいと思っています。記事のシェアや、フォローもお待ちしております。スキを頂けるだけでも嬉しいです!

もしかして、あなたも旅が好きですか・・・?
2427

手塚 大貴

旅行ライター。旅の“素敵”を伝えたい。ここではないどこかへ、時々旅立ちます。旅エッセイ『最果ての旅で、見た夢は。: スペインとポルトガルで出会った21の物語』も→https://www.amazon.co.jp/dp/B078FXJPFD

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
5つ のマガジンに含まれています

コメント26件

皆様、温かいコメントを寄せてくださり、本当にありがとうございます!
日本だけでなく、韓国でも記事が広まっているようで、僕自身とても驚いています。
韓国の方からもコメントを多く頂き、感謝いたします。
この記事が、日本と韓国、お互いのことを考えるきっかけになってくれたら、すごく嬉しいです。
僕は光州出身で、今はソウルに住んでいる韓国人です。僕もこんな時に関西の旅に行ってきました。(笑)僕23歳ですけど、渋い居酒屋が大好きなんですので毎日行ってきました。取り分け、新今宮駅前の居酒屋で出会った韓国で何年間も仕事してたらしいおじさんはほんまに忘れられないです。そのおじさんから「忘れたい過去やと思っても簡単に消すとはいけない」と言われたことがほんまに今までも頭の中に流れて忘れられないです。ww
今韓国と日本の関係を思ったら良いとは言えないですね。でも僕は今度の旅でそいうの以上大事な事がきっとあると思いました。大切なものを守っていきたい心はどこの人としても同じ。韓国には最近、日本旅行を自制する雰囲気があって実は僕もちょっと気になっとたんです。でも、合わないと、話さないと何も解決できないということを関西で確信しました。同じことを感じましたのではないかなあーと思ってコメントしてみました。おやすみなさい!
Changshi Bae さん
とても楽しいコメント、ありがとうございます。新今宮の居酒屋の話、すごくいいですね。こんなふうに日本を旅してくれる韓国の方がいることが嬉しいです。
韓国でも日本への旅行を自制する雰囲気があること、僕も聞いています。でも本当に、話さないと何も解決できない。やっぱり、「こんな時に」ではなく、「こんな時だからこそ」だと思うんですよね。
もっとお互いの交流が活発になって、前へ進んで行けたらいいな、と思っています。
確かに「こんな時だからこそ」ですね。暖かいコメント、ありがとうございます。:-)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。