megu.

暮らしながら旅して、ときどきバックパッカー。世界のどこかを旅し続ける夢のような毎日。現在はインドのとある街でアパート住まい。ぽつり、ぽつりと書き綴ってみます。 ライター/旅とヨガ/セラピスト

浮き輪と、だいじな約束。「ラオス・ノンキアウ」の記憶。

ローカルバス遅延の理由はドライバーの昼寝待ち、その間はお客さんもバス停のベンチでおやつ食べて、お昼寝。合言葉は「サバイ サバイ(のんびり、ゆっくりいこうよ)」。 ...

ただいま、を地球上に

次に日本に帰国するとき、そこにはもう「平成」は居ないのか、と考えてみる。やっぱりすこし淋しい。 平成の時代に生まれて、それがまた次の時代へと移り変わってゆく。 ...

✓TRIP Dharamsala  McLeod Ganj

北インドのヒマーチャル・プラデーシュ州にあるダラムサラ。標高2000メートルに位置するマクロード・ガンジというエリアに滞在しています。 「チベット亡命」地域であるこ...

歩いて撮る日々。「箱根」と「熱海」のノスタルジックな路地裏。【写真67枚】

秋の終わりと、冬のはじまりに。雲の動きが速くてまるで世界が早送りになってしまったのかと思ったり、数メートル先も見えないような真っ白な霧の中を女の子たちと歩いたり...

路地裏に迷い込んだらそこは風の通り道。「フィリピン・バコロド」の日常。

「海外に何しに行くの?」「なぜ旅に行くの?」と訊かれると困ってしまう。旅をつづけている理由は特になくて、本当にただ、好きだから、なんだとおもう。 あえて理由をつ...

「世界平和」について本気で考えた、あの日。

ぐるり、と心の中を乱されごちゃ混ぜにされた気分だった。 不衛生、危険、貧乏。その地へ足を踏みいれたときそんなワードが頭に浮かんだ。 それなのに、それなのに。 幸...

100