✏︎世界中が騙されている?”絵が上手いと人に思わせているもの”が、何なのか。

こんにちは。TABUです。

前回の記事で
絵が上手く観える要素を理解すれば
あなたも上手く描ける。とお話ししました。


次は、その
”上手く観える要素”について
お話ししていきます。


上手く見える人の絵には
必ず存在しているものがあります。
しっかりとそれが描かれているのです。


それが意図的であるかは別として
絵が上手い。と認知される人は
人に”絵が上手い”と言わせる様な
絵の描き方をしているのです。


つまり、あなたが誰かに
絵が上手いね。と言わせるには
”絵が上手いと人に思わせているもの”
が、何なのかを理解する必要があります。


自己満足で良いのなら
特にこれを意識する必要はありません。
しかし、今のあなたから脱するためには
まずこれを知っておかなければなりません。


逆に、あなたがこれを知った上で
絵を描いたとすれば
きっと周りの反応は一変するでしょう。


では、一体何があれば人は
絵が上手い。と思うのでしょうか。


例えば
ここに二つの絵があります。

 
1枚目は有名な漫画家
小畑さんの描いた人です。(違うのも写ってますが…)
2枚目は、絵心ない芸人より
徳井さんの描いた人です。
 
 
それぞれどちらが上手く見えますか?
おそらく、99.9%の方が
1枚目だと言うと思います。
(徳井さん、引き合いに出してごめんなさい)
 
 
 
もちろん違う意味では
徳井さんも2枚目なのですが
この2枚で決定的に違うものが
ひとつあります。
 
 
 
あなたはわかりますか?
それは
 
 
 

リアリティ(現実性)



です。
 
 
 
もしかして拍子抜けですか?
当たり前じゃんそんなの。
そう思っている方もいるかもしれません。
 
 
ですが
あなたは「言葉では知っている」だけで
リアリティのある絵を描け。と言われても
描けないはずです。
 
 
それは
リアリティを表現するための構造を
知らないからです。
 
 
しかしあなたは今
「リアリティさえあれば絵がうまく見える」
ことがわかりました。
がむしゃらに学ぶ必要はありません。
 
 
これからあなたのすることは
身につけた構造を観る力を使い
リアルに見える構造を見つける事です。
一度自分で探してみてください。
 
 
今回の記事が面白かった、ためになった
などありましたら、
 
感想のメッセージ、いいね、お待ちしています!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーー

《大好評です!》

今だけ限定、先着20名様(現在14名受け取り中)
初心者向けに、リアルな絵が描ける様になる
『7日間で「絵描き脳」プログラム』配付中!

たった7日間で絵を描く時に
必要な考え方をまとめた
極秘マニュアルプレゼント中!

1、「絵が上達する人の考え方」
 →絵の上手い人は一体何絵を考えて描いているのか?
 これを知る事であなたも絵がうまくなる!

2.「絵が上達する物の観方」
 →絵を描く時に必要なのは観る力!?
 絵が上手くなる為には物をこう観る必要があった…!

3.上達の壁の突破法
→誰にだってスランプはつきもの…。
 しかし、それを乗り超えられる為のマインドセット伝授!

などなどプレゼントの詳細はこちらから↓

【7日間で「絵描き脳」プログラム】

それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました✏︎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

絵心ゼロから誰もが褒める画力になる。@TABUのお絵かき教室

このマガジンでは、たった60日で、絵を描くのは好きだけど下手くそな絵しかかけず苦痛で仕方なかった私が、誰に見せても「うまいね!」と言ってもらえるようになったトレーニング法をこのブログを見てくださっているあなただけに、公開していきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。