見出し画像

ガンジャ先生。8-1

8章 旅の在り処
離島からの帰還

うっすらと目が開き‥今日って何日目だったかな?
今日も日差しが伸び。セミの声がする。
Kygo - Firestone Ft. Conrad Sewell

ジャーとトイレの流す音がし。
「ああ。飲みすぎたな。大丈夫だ。薬も飲んだし。シャワー浴びるわ」

いつものメンバーが集まる。朝のHRだ。
朝食は昨日と同じカフェ。種類も多いしみんなニコニコ食べてる。
猫ちゃんは。。茜からちょっと怯えていた。

「では今日帰るので、忘れものはしない様に。フェリー昼前くらいか。10時半にはチェックアウトする。長旅だな。。トイレとか行っとけ」
「ハイ。カオサンに戻る?」
「多分あの辺りだと思う」
「‥今からマッサージ行っていいですか?」
「時間あればいいぞ。てかダメって言っても行くだろ。。未亜も行ってこい」
「「やったー♪」」

女子はみんなでマッサージ行くみたい。
なんか昨日のダルさ抜けないので、僕は残る事にした。
食い過ぎでなぜか気持ち悪いし。なんでだろ?
タバコを吸うと。僅かに昨日のマリファナの味がした。

「あれ!?匠ちん、俺のパスポート知らない?」
「知らない。。落としたか?」
「マジ!ないんですけど。。うぉー」
「良かったなタツヤ。こっち好きじゃん。住んじゃえ」
「もー冗談じゃなくマジないの!」

それから15分くらい必死で探している。僕も手伝う。すると先生も戻ってきて、何してんの?って聞いてきた。

「パスポートないん。。です。。先生!」
ふむ〜と考え、ぽんっと手を叩く。
「タツヤ。バイクのとこに預けっぱなしだ」
「!!そうか!」
大騒ぎしてそれか。。タツヤ。w
 
 先生に道具整理の時、白いバックを返そうかと思ったけど、先生がやると言ってくれた。
ちょっと気に入ってたから嬉しい。


□□□
無事に"BIG MAMA"でタツヤのパスポートはあった。お礼を言いフェリーに向かう。

フェリーは帰宅の欧米人でめちゃこんでいるが、昨日よりはマシらしい。

船に揺られゆっくりと島を後にする。
あーなんか感慨深いな。2泊だけなのに。いい島だった。
フェリーは屋外の方が落ち着いた。クーラ苦手ではないけど。。船外から見る景気や海の色は楽しい。ゆったり煙草も吸えるし。

ん。。足音が。雪菜かな?雪菜だったら嬉しいな。

「匠くん?隣いい?」
「やった!ユッキーだ♪気にしなくていいよ。みんなと楽しかったね。パンガン島。いろいろあったなぁ・・」
「うん。迷子(笑)にパーティー。夕日とかいろいろあったけど。。思い出の地になるね♪」
「ん?ユッキーいい匂いしてる?クンクン。。」
「あ、マッサージでメンソール塗るのあってね。日焼けにいいんだって。腕とか赤いし。ちょっw近づきすぎ、もう♪」
「いろいろあったね。うん」
「近づきすぎ・・(チュッ)また来よっか?」
「うん。ユッキーと二人で(チュッチュ)」
「・・みんなでと思って言ったんですけど。もうダーメ!匠くん!周り人いるし。恥ずかしい!」
少しの恋人気分を味わう。そっか。
僕の告白した思い出の地になるんだ。


▽▽▽
「また匠と雪ちゃんいないな〜探すか!」
「もう歩ちゃん。。少しは大人しくしなさいよ」
「えー茜は歩の味方でしょ?」
「‥そんなに好きじゃないでしょ?歩メガネ好きだし。。」
言われて気がついた。確かに。

「茜すごいね。。よく分かったね」
「双子だもん。えへへ♪ちなみに雪ちゃんから乙女の匂いがする。。これは感だけどね!」
「マッサージのタイガーバーム。。どっちかというと乙女よりおっさんくさいかも。。」
「ムムム。。乙女の感は難しいなぁ。」
「茜もいい人いないの?ほらそこのマッチョとか?」
いい笑顔でシュワちゃんみたいだ。ニカッ!
「‥怖いよぅ。ロボットだよあれ!?」
「ブハハハ!ウケる〜♪」

「ハイハイ〜デザート食ベル?未亜チャンもドーゾ」
「ハイ!ん!ナシみたいー♪シャクシャク!」
「パパイヤ♪パパイヤ♪白と黒い点のは何ですか?種なんか。。不思議?」
「ドラゴンフルーツカナ?さっぱりスッキリ♪お通じにイイ♪ナシ。。グァバカナ?白人はグァバばかり食べるノデ。ファランって呼びマス(笑)」
こっちでは果物どこでもあるよね。
んー不思議。。でも安いし美味しいからいいか♪

そんな会話をしながら中では中でフェリーを楽しんでいた。

僕は僕でイチャつこうと思ったが。。
屋外では白人さんはぶっ倒れて寝てる。
なんかマグロみたいでムードもなく。はぁ〜



「ハイーこっちのバスネ♪」
チケットを渡しながらプイ先生に続く。
確かにバスは8台も埠頭にいて。。うー並ぶのか。
空はにくいほどの炎天下。体力も取られる。。うう。
バスに乗れたら冷房で生き返った。
ちなみに僕の横はプイさん。ちょっと席替えしてるというか。先生の横未亜だし。そんな感じだ。

あ、と思い出してiPod nanoをつける。
行き聞いてなかったんだよね。
電池は。。ある。壊れて。。ない。よし。

イヤホンをつけて。後ろに倒れ。目を閉じる。
フルムーンパーティーの余韻が再び。
海岸でのシーンがフラッシュバックされ。
眼の前で女の子が踊って。
光と音。花火。
そういえば吸血鬼のユーロガール。。
なんだったんだろう?未だわからず。(帰ってからも分からない。。なんだった?)

あー聞いて行けば知ってる曲もあったかな。
バスは大通りを走っていく。もう海は見えない。

あの島であった事は。夢だったかも。ね。。
徐々に。睡魔が呼んでくる。。ぐぅ。。


□□□
その後食事休憩やガソリンスタンド、トイレ休憩などあるがまだまだバンコクまでは遠い。
流石にみんな疲れてきたのか口数も減った。

ようやく。。市街についたのはもう周りが暗い中。
石畳の首都高様な道を進んでいく。
「もうすぐネーバンコク帰ってキマシタ♪」
「でもすごい車ですね。。渋滞が」
「バンコクダモの〜♪」
「‥はい。」

見慣れたカオサンは相変わらず賑やかに人が多い。
だが買い物するわけでもなく。不思議と懐かしく思えた。
僕らはすぐタクシー乗ってサービスアパートメントへ向かう。どっちかと言うと、タイ人のオーナーに会いたい。

行きは未知なる周辺だけでワクワクしたが。
帰りってこんな感じだ。。ただ移動するだけの旅。

夜になると黄金の屋根は際立つ。
島に居たせいか。都会の光に目がチカチカする。

この国には多くの神様が見守ってくれるのかな?
疲れてはいたがみんな幸せだった。

この時までは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

頑張って書きます♡
5

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

小説「ガンジャ先生。」無料公開中!

小説 ガンジャ先生。 第1部よろしくお願いします! \(^o^)/ 舞台はバンコク。6人の高校2年生の旅行記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。