見出し画像

ガンジャ先生。3-3

携帯電話の購入へ

市場は遅れて出る観光客に合わせ。
さらに賑わいを見せてきた。
Lean on.feat. MØ

一連の騒動はあったものの、大事にならずすんで良かった。
先生はみんな集めて話し出す。
「とりあえず落ち着くか。一度シャワーやみんな荷物の整理をして。30分後に集合。私服でいいぞ。暑いし」

気分の切り替えだけどいい判断だと思う。
シャワーを浴びて道具がない僕は整理することもないので、、下に降りて行く。
 先生が食堂でビールを飲んでいた。
ちょっと目が合うとき「ビクッ!」とあっちがしていたけど、まあいいかみたいな感じで手寄せする。


「匠って言ったかな。準備いいのか?」

「はい。道具ないですし」

「‥‥シャワー浴びて制服また着る理由は?暑くねえか?」

「はい。暑いです。でもこれしかないですし」

「何も?」

「何もないです」

「‥‥‥」

「‥‥‥」

「少なくとも君はまともだと思ってたけど‥これはこれで大変だな。」

先生はぁ〜とため息をついて。

「匠、付き合え。買い出し行くぞ。」

「はい?」


 半場無理やり連れていかれた。
先生と共に雑踏に再び飲み込まれる。
時間は10時半くらいでいくつか気になること聞きつつ移動していく。

「僕の腕時計今8時半なんですけど。壊れんですかね?」

「時差って知ってるか?タイは2時間早まるんだよ。」

「マジか」

そうか。。初日は1時半くらい寝たから。。夜中の3時半くらいだったのか。眠いはずだ。


「買い出しってどこ行くんですかね?」

「んーなければいいと思ってたが。また迷子なったときの保険を買いに行く」

「?」

「パンテップってとこ」

「??」

「まあ気にすんな。テキトーに選べ」

「???」


そして歩くこと10分かからず。
モールっていう建物なのかな。とりあえず連れられるまま入った。そこはキラキラしてた。
電気店のようだが店が入り組みカオスとしてる。

「携帯電話を人数分購入する。色や形は任せる。予算は1000バーツくらいで」

「了解!船長」

「‥‥誰が船長だ」

ちなみにバーツはタイのお金の単位らしい。
両替で少し理解できた。

彩り多い中古ショップ、ましては海外のジャンクさも際立って、男子心は踊る。あれもいいし、これも捨てがたい。

お!? NOKIA!SONYERICSSON! すげー緑の携帯初めて見た。こっちは真っ赤だ!ニヤニヤしてショーケースの前で悩んでいたが、

「迷ってないでさっさと買え」

と蹴られる。うぐぐ。。


 結局4つは予算内、2つは無理を言って買って貰った。SONYERICSSONのシルバーかっけー!

「あれ?でも携帯あってもSIMカードないですよ?」

「‥‥それくらい知っとる。」

「契約って家族許可とか。めんどいですよ?」

「そうだろうな〜めんどいな〜」

ふと出たあと、先生はオバちゃんが座っている宝クジ?みたいなのを売ってるとこにしゃがみこむ。

『これこれ。オバちゃん6枚ちょうだい』

『はいよ。宝クジはいいのかい』

『じゃあ6のラッキーナンバーで10枚』

『ありがとね。毎度』

「またせたな。SIMカードってこれだろ?とりあえず150バーツ分だからチャージもいいか」

「マジか」

「そうだろうな。まぁタイだし慣れな(笑)」


 なんだろうこの感じ。。
そのあと隣のモールにちょっとより、「ここなら涼しいし、服選びやすいだろ」とアドバイスをもらった。
 後で自由時間を作り買い物に行くみたいだ。
値切りはしろとか、多めに買えとか。。アドバイス何だろうな。そんなこんなでホテルへと戻っていった。


■■■


女子4人は同室に集まって未亜が落ち着くまで話してる。

「ごめんね、未亜さん私気がつけなくて」

「いいよいいよ。私こそ心配かけてごめんなさい」

「でも迷子なる気分かるわ〜この周りってすごい賑やかだよね。」

「私も!お祭りしてるのかと思った」

「周りも元気だしいろいろ人いるし。。圧倒される〜」

「でもいい人ばかりで良かった。。すごくね、歩すごく心配してたの!」

「先生は普通のおっさんだけど笑」

「そんな事ないよ!あの短時間で見つけるってすごいと思う」

「‥‥何かお父さんが生きていれば。あんなのかなー」


「‥そんな事よりシャワー浴びた?シャンプーすごくいい匂いなんだけど!」

「これからどこ行くのかな〜少しワクワクしちゃう♪」

「何だかんだでお腹空いたね〜タイ料理か。。辛めらしいよ?」

「辛いの!?うーん大丈夫かなぁ。。」

「あ、イイね♪歩辛いの好き〜♪あとゾウ乗りたいな〜茜」

「ゾウっているの?かわいいかな」


・・・ワイワイがやがや。
女子会は続く。そのころタツヤは。。


「は?マジシャワー使い方わかんないんですけど!冷てー!ボタン押したし!」

「匠〜ヘルプミー!」

すでに誰もいない部屋で返事も帰らず。

シャワー自体は単純にボタンで加熱だが。。カードキー差さないと電源も止まるのです‥‥‥頑張れタツヤ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

スキありがとう御座います❗頑張ります❗

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

小説「ガンジャ先生。」無料公開中!

小説 ガンジャ先生。 第1部よろしくお願いします! \(^o^)/ 舞台はバンコク。6人の高校2年生の旅行記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。