見出し画像

ガンジャ先生。5-1

5章 都会の休息と島へ
かき氷のイチゴ味


3日目を迎える。
今朝もバンコクは晴天に恵まれていた。
Pray for Avicii | Diviners - Don't Blame

いつもの様に集まる食堂で、朝食を取りながらみんな集まっている。朝のHRだ。ここで予定を聞く。

「スケジュールが決まったので説明する。まずは今晩21時に移動開始。場所は昨日行ったカオサンからバスが出るのでそこまで送る。夜はバスでも寝れるが、まあ結構大変だ。バスを乗り継ぎ、フェリーに乗って明日の昼にはタオ島につく」

「タオ島では事前予約している。ついてから講習は4日。西田さんって女の人が一通り面倒見てくれるだろう。ダイビングスタッフだ。」

「先生。。は着いて来れないのですか?」

「俺自身用事があり、どうしてもいけない。ちなみに明日ビエンチャンで仕事してるはずだ。これは昨晩言った通り」
少しザワつく。う。来れないのかぁ‥やっぱり。

「安心して欲しいが、ブッタリゾートは昔からある立派なダイビングスクールというのと、日本人受講者も多いはずだ。困ったらスタッフにも日本人が数人いるので大丈夫と思う。また島自体は小さく何もないが、最低限のものは手に入る」

イマイチ想像がつかない。が、せっかく慣れてきバンコク離れるのは寂しい気がする。
島か。一度瀬戸内海に行った事があるけど。。あんな感じかな?
 それからも説明は続き、バスチケット管理は委員長、また必要経費として5000バーツずつ個々に預かった。それ以外に払込み証書のコピーやダイビングの予約用紙のコピーも預かっていた。

「基本あちらでの支出はない。もう振りこんでるし宿もチケットも手配もしている」
「ただ、最低限の費用だが大事に使うんだぞ。茜大丈夫か?あと水着は2着は買え。」
「はい。気をつけます‥」
うー最近消費ぐせの悪い子に扱われる。。

「先生は?ダイビング終わると迎えに来るの?」
「その辺りは連絡する。委員長。充電だけは入れといてくれ。特に最終日な」
「はい。わかりました。他に何か解らないことがあれば連絡します」
「トラブルはないに限るが。。すぐ飛んで行くので連絡してくれ。個人行動はしないように。な?タツヤ」

タツヤ君は何か思うことあったのか「は、はい」ともごっていた。

「ちょっと聞きたいですが、、バンコクに残るという選択は」「ないな」
はぁ〜と匠君が言う。泳げないの怖いのかな。

それから必要道具整理と、貴重品の確認、また今日はゆっくり近場を観光すると先生は言ってた。
 今回は少し長い移動だ。着替えも5日分何が合ってもいいように準備する。頼れるガンジャ先生もいない。。
大丈夫かな?
歩のほうを向くとニコッと笑ってくれた。


■■■

 午前中は話が少し長くなったのものあるが、食堂内でゆっくりしていた。
男子達は下着とか着替えを追加で買いに行くらしい。
出かける準備をしている。
「茜、一緒に買いに行こうか?」
「私達も予備を準備しておくべきかな?」
「ん〜茜いいや。お金使い過ぎそうだし。。」
「そうか。まあ先生いるしゆっくりしといて♪匠ー待って私達も行く!」

なんだかんだ行って歩(あゆむ)はすぐ仲良くなる。
委員長も一緒に行くみたい。
何かいいものあったら買ってくる〜と手を降って出かけていった。

その場には先生と未亜(みあ)ちゃん。じゃれ合っている様に見えるけどいつもの事。うー心配だなぁ。。講習かぁ。

すると先生が何か気づいたのか、
「未亜、甘いアイスコーヒが飲みたい。練乳タップリのビニール入りな。市場で買ってきてくれ。茜もなんかいるか?あ、かき氷買ってきてやれ」
未亜ちゃんはブーブー言いながら、小銭をもらいパシられてった。
‥‥すでに子分化してない?
ある意味心配な未亜ちゃん。。

□□□


「んで茜。なんか話ありそうだな。未亜なら15分は帰って来ないぞ。かき氷のおばちゃんは難易度高い」

「先生。。気を使ってくれたんですね。。でも用事って訳ではないのですが、ダイビング心配で。。私運動神経悪いし、トロいし‥試験とか弱いし先生いないのが不安です」

先生はプッと笑いながら話す。
「ハハハ。読みどおりなら茜が一番ダイビング合ってると思うのにな♪」

「え?私が?」

「知っているか?ダイビングで一番重要な事は落ち着いて行動すること。焦れば焦るだけ空気なくなるし」

「‥‥‥私もっと不安です」

「大丈夫。いつも通りにしておけば大丈夫さ。別に速く泳げたりする事なんて意味がない」

「先生もダイビングしたことあるんですか?」

「当たり前だろ。それで楽しかったからみんなにも体験してもらいたいんだ。海の中っていいもんだぞ」

「うー想像つかない‥」

「言われた通りにすればいい。だんだんわかってくるさ」

そんな感じで少し安心できた。

試験らしい事もなく、島も綺麗だと教えてくれた。

 楽しそうに話すガンジャ先生に何でも話せる気がして。。。つい本当の事を話してしまった。

「ガンジャ先生?私。。いじめられてたんです。それで学校に行かなくなって。。」


――未亜はゆっくり話しだした。

中学から静かな茜は、大人しい性格からいじめられる対象だった。
そこまで大きくならなかったのは、歩と同じクラスだったから。なんだかんだ言って歩は人気者だ。しっかりしてる。

高校に入り、クラスが別れていじめの質が悪くなった。
女子が集まるグループができる。この時期、家庭に問題が増えて来たのは周りも同じ。当時サブプライムローン問題の影響が出始めてた。
景気の後退、また多くの失業者も出ている。

 家庭の不満は子供にすぐ影響をもたらす。弱いモノに当たりだし、歩もいない中、茜一人で過ごす事が増える。
無視される事から始まり。水をかけられ。私物は廊下に投げられ。机は汚され。
不特性多数からいじめは繰り返される。犯人が解らないのがタチ悪い。

そしてある時「学校行きたくない!」と玄関で茜は大泣きした事あった。
歩も「茜がいかないなら行かない!」とそれから学校に行くことはなくなった。

 茜は家に閉じこもり、ネットを使ったりして時間潰すが、歩については詳しくは知らないみたいだ。

ただ、歩がブランド品のバックを「貰った♪」と言っていたり、夜中帰らないことも度々あった。一度、風呂場で自殺未遂を歩はした。その時はちょうどお母さんがいたので大事にならなかったけど。。

父親はもう離婚後合うこともなかった。
大喧嘩をしての離婚らしい。
母親は離婚後、夜の仕事になったらしく歩を止めるものはいなく心配だと言う。

この所一人でご飯を食べていた。
だから今は楽しいです。と最後付け加えるように。


□□□


「だからね。先生。歩は悪くないの。茜が学校行かないから‥茜がわるいんだ」
「そうか。辛かったな」
「うん。でも歩がいてくれたから。大丈夫。。グスッ」
「そうか」

気がついたら茜は少し震えていた。
分かってはいたと言えど涙は溢れていた。

「なぁ。こっちきて楽しいか?」
「だのしいよぉ!ウゥッ〜エ”ーン!!」

「‥‥まぁ泣いとけ。ならもっと楽しくしないとな」
先生は食堂のおじさんから綺麗なタオルをもらい。
私はぐしゃぐしゃに噛みながら、机に顔を埋ずめた。

先生は優しく頭をなでてくれる。
「先生。。ッグスッ。」

「ん?なんだ?」

「‥‥茜ね。ゾウみてみたい。グスッ」

「なんだそりゃ(笑)」

「エヘヘ。エヘヘへ♪グスッ」


■■■


それから落ち着いた頃、未亜ちゃんが帰ってきた。

‥汗だくでまた迷ったんだろうな。

私は少し溶けかけのかき氷と。。
先生はビニール袋入ったコーヒーをもらい飲んでいた。
未亜ちゃんはコーヒーが気になったらしく、必要に分けて分けて!と言ってる。
一口分けてもらい『!!!』な顔をした。
うーあたしも気になる。。

「未亜。これがタイのコーヒーだ。甘いだろう」

「激甘っ!‥でも先生と関節キッス。。ふふふ」

「‥‥いいからシャワー浴びてこい。それそのままやるから」

△△△

 私は少し溶けた丸いかき氷をくしゃくしゃ壊しながら。
口いっぱいに頬張る。

  日本と同じイチゴ味だと少し嬉しくなった。

   小学校の時だったかな?

  海の家で。 歩と一緒に食べたかき氷の味だ!

ーーーーーーー

新章入りました♪よろしくお願いします。

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

頑張って書きます♡
3

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

小説「ガンジャ先生。」無料公開中!

小説 ガンジャ先生。 第1部よろしくお願いします! \(^o^)/ 舞台はバンコク。6人の高校2年生の旅行記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。