見出し画像

空の詩 上

ガンジャ先生。Spin Off GAN

「待て、パティ!!」

ハァハァハァ。。なんで思い出した。
R3HUB & Quintino - I Just Can't

 この国では全てが眩しい。色も。自然も。
 地に合ったんだと思う。少し強めの日差しも。そして褐色の肌も。全てが空に合うんだ。

ーーー
俺がパティと合った時は。酷く歪んでいた。


単純にダイビングが好きだった。
潜水士になって。仕事で人を海から助けるという正義感にあふれていた。

だが。

現実は違った。

映画の様に大きな事故などはなく。
ただ、死体を回収する仕事だった。海の中から川の中。災害があれば捜索を。
俺の仕事の9割8分は死体回収だった。
救助し出合いなどと浅はかな気持ちは。とっくに消えた。そこには死神を相手にしているように。

ただ、誰かやらなければいけない仕事だ。


水死体はブクブクで。それでいて傷が付きやすい。
すでに日数が経っていると、骨からズルむける。
上げるまでの仕事だ。夏は臭くて何度も吐いた。


ただ、誰かがしないといけない仕事。


○○○
「岩屋。気分転換にタイに行ったらどうだ?」
「タイ、ですか?」
「サムイの辺りは温かいし魚もいる。少し違うものを見るほうがいい。お前。目が死んでるぞ?」
30を過ぎる頃確かに。
作業としての仕事になっていた。
泳ぐのは嫌いではないが、何の目的か分からない。
「タイはいいぞ?安いしかわいい娘も多い。少し多めに休める様に伝えておく。遊んで来い」

一等士官の佐和島さんは昔からずっとお世話になっている。断るとかでなく。戦友だ。
7日ほど休暇を貰い。俺は南の島に行くことに。


□□□
予定も何もなくサムイ島へ向かう。

宿の予約すらしていない。


サムイ空港について改めて外国と感じる。

会話が分からないのもそうだが。
11月だぞ?今。。夏かここは。焼ける日差しだ。
タクシーに乗り込み市内の方を回ってと頼む。
が、人混みの多い所は落ち着かない。グルっと周り北の海外通りへたどりつく。

『ほうぼう屋ツアー』
日本語表記の店を見つけ。夕方になっていたので今日の宿を聞いた。
「予約してないんですか?んーうちはツアーで宿はやってないんですよ」
「あ、でもこの通りにいくつかあると思います。奥は高級ホテルなビーチばかりですが」
ありがとうと礼をいい離れる。
確かにそこそこ通りに店も。なんとかなりそうだ。

*1Night 400Baht*

あ、ここでいいや。安いし。
ちなみに5万バーツは持ってきている。
たどたどしい英語でおばちゃんに話つけ。クーラ付きで600。6日なので3500バーツ。それもバイク使い放題だ。ちなみに出る時1000バーツ渡した。

『今の時期は暇だからね。好きに使っていいよ。バイク壊さないでな!』

ソファに猫が2匹ころがる水色の部屋に机とテレビがあるだけのフロント。
泊まる2階の部屋は。まさにベッドがデカイが、ほぼそれだけの部屋。入口は窓みたいな引き戸。一応申し訳程度のトイレとシャワーもついているだけだ。でも気に入った。ここは波の音が聞こえる。

 先のほうぼう屋さんにお礼とダイブの予約を取りに戻る。移動の時ふと建物の間から。木で組まれた橋の様なものがみえた。

後で寄ってみよう。

無事にダイブの予約をとり。明日は探索。明後日朝からタオ島3日に。
帰り道でかんたんな夕食を取り。とりあえず地図とか、お土産屋をみて回る。

カフェの様な店だろうか。入ると少し違う。
なんかパーティーの準備しているような。
電気機材を繋げてる黒人が話かけてきた。

『Because it starts at 8 o'clock. It's still early..』

まだ早いのか。うーん。少し賑わう所に出るか。
外は少し暗くなって。快適にバイク飛ばす。
気持ちいい。風も。空も。海の匂いも。
南米では、ヘルメットをつけない。理由は風が気持ちいいという一時の快樂が勝つらしい。
ヘルメットをつけて転んだリスクより今がいい。

変かと思うかもしれないが。死ぬときは死ぬ。ましてやギャングがうろつき、いつ死ぬか分からない状況に。少しでも気持ち良さ今は求める感じか。
少し南米の気分を味わった。島は風が抜け気持ち良かった。

暗くなってきた山道をバイクで流す。
ふとピンクの明かりが気づく。なんだろあれ?
バイクを止めると。開けっ放しの母屋みたいなものだった。

なんだろう?

中に入るとマッサージ屋だった。ただしお客は一人もいない。やってる。。よね?
ちょうどお腹太れたし。マッサージお願いする。

そこに来たのは意外と若い女の子だった。
カーテンで仕切られ着替え。静かな雰囲気の中で忘れた様に音楽が流出した。
タイマッサージが体をほぐす。ああ。。気持ちいい。飛行機の移動や緊張してたんだ。
ふと今日を思い出して。予定もなく飛び込んだがうまくいったほうか。宿はクーラー付きだし。ダイブも久しぶりだな。。


若い女の子が股間を握る。

明らかに動きが変わった。。。

『えっと。。何?』
『私を買わない?ヒゲあるし‥日本人でしょ?』
「!?」
『暇だし。案内してあげるよ。サービス。ん。。』

おもむろにズボン脱がされ。口に含まれた。
ゆっくりと上下に頭をゆらし。俺は何があったか分からなかった。ただ。上のファンがガタガタ揺れるんだ。その音を。。。見ていた。

「うっ。。」

そのまま行き果てた俺は。結局その子を買った。
『着替えるから待ってね。今の時期暇だし。』

私服に着替えたその子はバイクを持っているらしい。後からついて行くと。
普通のTシャツとGパンを切ったパンツだ。
『先に行ってて。追いつくから。』
あー来なければ来なくていい。騙されたのか?まあ2000バーツだったしいいか。


でもすぐに追いついて来てくれてた。
ただ、すぐにやってバイバイも何だから。先程気になってたカフェに戻ることにした。


□□□
海外沿いは暗くなるとまた雰囲気が変わる。
確かに繁盛期でないのだろう。観光客らしき人は少なく人通りもまばらだ。
オレンジの街頭だけがそこに照らしだした。

賑やかな音が聞こえてきて。
人が集まっていた。そこはさっきのカフェだった。
「Hmm? Are you a customer? 800 baht per person. Thai people need only half♪」
少しイカツイ黒人さんに1200バーツとチップを渡し。パティと中に入る。

 さっき歩きながら。名前は?って聞くと。「パティでいい♪パーティー好きだから♪」って。そんなもんか。後で解ったがその時から彼女はパティと名前を固定したらしい。

「What day is it today?」

「Half moon party. Cant go well people,Say drink freely.」

中には20人くらいだろうか。少し落ち着いてみんな談笑している。
音楽は重低音は響く。しかし落ち着いたもので‥椅子もなく。タイ用のクッションがそこらにある。スローライフか。悪くない。


「Oh? That's unusual. Japanese?」

「Yes,Im Jap」

「Have fun.Im Carry! nice to meet U♪& Siam Girl♪」

 少し海側の所に座ると風が気持ちいい。緑の瓶ビールが運ばれ乾杯をする。DJ風なアジア人1人と。タイ人スタッフが3人。あとはみないい大人だ。
そしてアジア人は僕しかいない。

Carryと名乗った金髪の40代の貴婦人は。
たぶんオーナーだろう。
ゆっくりと曲を聞きながら、挨拶をして周り。それでいてスタッフに指示をだす。
お盆に小さなサラダ、デザート、サーモンカナッペ、ソーセージなど。いいタイミングで進めてくる。お酒も進んで聞きに来る。

 正直日本にいた時よりかなりいいものを食べた気がする。激しくなく心地良い。
パティはどこかよそよそしく。心配な顔して僕のズボンの端をつまんでいた。英語分からないのかな?
飲み物がワインへと変わって、酔って軽くキスしたら怒られた。相変わらず無口だなぁ。

プーケットで船レンタルしてるフランス人や。
バンコクでサロンをしている人と名刺を交わし。
コンドの紹介やイベントの告知。
ああここはユーロの人が多いんだ。と。
まぁ酔っぱらってるから話す英語もテキトーだけど。言ってる事は分かるんだよね。不思議と。

夜も老けて。ライトアップされている先程の木の桟橋はいい感じだ。海と星空。遠くにきた気持ちになる。11時頃引き上げるとする。

「Were you still? It ’s a pretty interesting AsiaBoy :)」
「It was fun. but,drink too much? 」
「hmm,A bientot☆」
「thanks madam,see U」

ゆっくりと店を後にして行く。
何か夢みたいだ。いい時間を過ごせたた思うし、生まれて一番英語を使った気がする。
『もう。長いー酔っぱらい!』
げしげしとパティは店を出たら元気になった。
どこかで緊張していたんだろう。
『いい店だっただろ?』
『よく分かんない。。美味しかったけどね!』

フロントはすでに電気が消えていて。バルコニーの様な穴に掛る南京錠開けて。
「うぁー楽しかった。。」
とベッドに転がる。ああ。バカンスって気がする。
『シャワー借りるね?』

その後。俺はパティと初めて結ばれた。

 初めはキスはタバコ臭いから嫌だって言ってたけど。途中からは男と女だ。求めるようにキスを繰り返す。

その子と言ってるけど年齢は23才で。セックスの相性は抜群だった。俺だって一応経験はある。

だけど今までで最高だった。

それは雰囲気か。旅行で興奮していたのか。酔っていたのかは解らない。



俺は深夜2時まで腰を降り続けていた。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

お気楽にコメどうぞ♪
6

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。