見出し画像

空の詩 中

ガンジャ先生。 Spin Off GAN

蝉の激しい鳴き声が。あれ?夏だったかな。
横を向くとかわいいタイの子が。。くー。
あれれwww
Kedam - Shy Girl

朝起きて窓というかカーテン開けると。強い日差しだった。
「んーおはよーガン。。眠い眩しい。。」
「パティ、帰らなくて良かったのか?」
「・・あとで電話しとく」

でもなんか嬉しかった。朝起きて。隣にいるっていいよな。
シャワーを浴びながら昨日の事を思い出す。
3回。。俺も若いとは思ったが、、まだイケる!&やりすぎた。。どこか旅行で舞い上がってたんだろうな。あと幼い顔が背徳感を。。
「んーオハヨ」
普通にパティはシャワー室に入ってきて。
「んーシャンプー」と隣で洗ってる。。いろいろカオスだ。
ちなみにパティと会話は英語で行ってた。


落ち着いてパティの案内で朝食に降りた時。
『んまーもう連れこんだの。。男って。』
にゃーにゃーいう猫に餌あげながら宿オーナーさんにバれる。ちょっと気恥ずかしい。

「何が食べたい?」
「朝はパンかな〜普通でいいよ」
「じゃあついて来てー」
歩いてすぐ。Koh Coffeという店?てか外?まあ気にしない。

人も2組。パインミーを頼みコーヒーを飲む。
落ち着いて見るけど。パティかわいいな。
「何か?」
「いやーかわいいなって。」
「日本人はすぐ嘘言うのね。。鼻低いし!背も低い!おっぱい小さい!」
「いや、そこがいいんだよ。パティはかわいい♪」
「ムキーガルル。。」
そんな会話だ。南国のバカップル。
今日の予定もないので好きな所観光するか。ビーチビールか♪


□□□
パティとの1日は楽しかった。
広いサムイ島のメインのきれいなビーチ。
タクシーバイクで回って。大きなブッダもみた。
青空いっぱいの中で見えるビーチバー。
タイのビールはコクもありさっぱり飲める。
民族的な印象受けるレゲエバーの音楽。
ロブスターメインな料理。
何もかも新鮮で。
この子に会えて良かった。
「ありがとうな。パティ楽しかったよ」
「ガン。。今日も泊まっていい?」
「!?いいけど。。どした」
「あなた楽しそうなのに笑ってない。どうして?」

衝撃だった。もちろん気分も楽しく。
声には出さないけど笑っていたと思ってた。
だけど。俺の感覚は簡単に解けてくれなかった。

俺は何も答えられなかった。


その晩。また同じベッドで。
昨日みたいに激しくではなく。優しく愛しあった。
パティの目は。ずっと俺の目を見つめていた。


翌日朝はやくダイブに向かう。
何となく2000バーツ置いておく。
ダイバーの朝は早い。船に間に合わせるため。
パティは寝ていた。まあ借りてるし鍵も置いといた。
カバンに一通り入れ。残りは着替えぐらいだし大丈夫かな。宿を後に待ちあわせの場所へ。
ダイブでタオ島に行くことは伝えている。

フェリーは緩やかで。また日差しがこの11月ということを忘れさせた。
タオで西田さんと初めて会い。またちょうど韓国人の学生2人のOWと重なる。
久しぶりゆっくりと海を満喫しながら。

ああ。海の底っていいもんだったよな。と。
日本と違い黒く濁っていない。
魚の数も莫大多い。サンゴも。イソギンチャクも。コバルトブルーの海も。温かい温度も。
ああ。ダイビングって素晴らしい。
俺。何やってたんだろ。日本で。


3日目。ウミガメが見れた。

それは本当にいきなり現れ。
何かを告げに来たおじいさんように。
スーッと消えて行った。


食事はタイ料理を食べ、盛り上がりビールを飲む。
ファンダイブの会社員2名を含め。
どこどこに行ったとか。どこどこで騙されたとか。(笑)美味しかったものとか。でもタイっていいよねとか。いろいろ教わった。初めて来たのは俺だけ。凄い経験してるな、みんな。

軽くパティの話をした時に西田さんと田辺さんに注意された。
タイの娘はデートの度にお金がいるし。もし振り込みとか聞いてもお金を振り込んだらダメ。
ほどほどの付き合いに。と釘を刺される。そんなもんかな。


韓国人の女性2人も疲れてはいたが、日本語に興味津々だった。
食事はアジアという事で韓国の学生も紛れ。小学校にプールあるから日本人は誰でも泳げるぞって話したとき。びっくりしていた。韓国の学校にはプールがないらしい。
ああ。。だからプールで一生懸命練習していたのか。顔つけてたもんな。
しかしウェアを着ればDカップ。私服はAカップ。。そっちのが男には怖い。


ダイビングでは決まった額しか使わず時間も潰せた。何よりゆったりできた。
サムイに戻って何をしようかな?しかしこの国は暑いなぁ。。
まあゆっくりするか。
この天気ではいろいろ考えるのがアホらしくなる。

夕方フェリーについて。タクシーで宿へ。
開けてみると。そこにちょこんとパティが寝てた。。まだいたのか?

俺もベッドへ倒れて。少し寝ようかとしたその時。

「んーガン。。帰った?」
「どうしたの?忘れものかなにか?」
「ガン。。今日も泊まっていい?」
「いいけどさ。ダイビング疲れたから少し寝るよ?」
「ありがとう」

小一時間くらい寝たかな。起きるとパティも横に寝てた。
軽くキスをしたら。抱きついてきた。
そんな気分ではないし。タイだから暑いし。
でも何となく幸せ気分だったんでしばらく抱きついて寝てた。


□□□

そんなこんなであっと言う間に最終日。

パティとは相変わらずの関係だが、前よりは少しギスギスしてる。
ケンカしたとかそういう訳ではない。
言葉の壁だろう。言いたい事いうとそれぞれ現地言葉になる。俺も英語だけでは限界があった。
パティはたまに違うのにうーみたいな反応になる。その繰り返しだ。

それでも俺は幸せだった。と思う。
1人は1人で楽しかったとも思うが。
思いがけないゲストに合って。なんか安心できた。
1人は寂しかったと思うし。一緒に過ごす時間は楽しい。そう思えば彼女に救われた。

最後の日。彼女とお寺に行った。
島にあるお寺は違うらしい。確かに丘の中腹の位置といい神社に近いがでかい。
し、お坊さんは少なく。観光客らしき人もいない。
そういう観光お寺ではないみたいだ。

石畳とカラフルな神様に。

手を合わせて祈った。何を祈ったんだろうか。
パティは10分も長くしっかり祈っていた。

「ガン。私が救う」

「なんの事?」

よく解らなかったけどそういう会話はたまにある。
そして別れの時を迎える。

「ありがとう。パティと会えて良かったよ」
「ガン。また来てね。電話番号教えておく」
「また来そうだな。。こりゃ。はい。いろいろとお世話なったお礼」
「要らない。また来たら。ご飯食べよう。エッチしようね」
そう言って。渡そうとした5000バーツを返された。あれ?何か違ったかのかな?
「持っていて。次来るのはバンコクだと思う。そのお金で会いに来れるから」
パティは少し難しい顔をしたけど。しぶしぶお金を収めてくれ安心した。

ただ僕も考えても詳しく分からないので。
タクシーに乗り込み。何故かパティも送りにきて。
タクシーでずーっと手をつないでいた。

 空港で軽くキスをして。ハグをして。時間が来たので日本に帰る。
「必ず来てね。ガン。。。アリガトウ」
カタゴトだけど。日本語を覚えてくれたんだ。。

いろいろリフレッシュできたんだ思う。
空港へ入ると現実が押し寄せる。
お土産を買いまくり。飛行機で日本での事へとスイッチする。
単純に明日準備や。必要なもの。あとアパートの事とか。つまらない現実が頭に入ってくる。



この頃はそんなに好きとか。分かんないけど。
パティはかわいかったな。という印象だ。サムイの時ずっといたから。家出した訳ではないよな。。まあ年も年だし大丈夫か。

ただ。いい旅行だった。また不思議と。

パティには会える気がした。

パティと次に会ったのは。
それから2年の月日が経っていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

スキありがとう御座います❗頑張ります❗
8

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。