見出し画像

ガンジャ先生。6-7

雲と空

空は昨日と変わり日差しが出ていた。
Afrojack & David Guetta - Another Life ft. ester

うう。。クソ眠い。

飛行機で深夜ついたがいいが、クソ眠い。

なんとかで朝早くタクシーが捕まりフェリー埠頭への道だ。

「おいおい。ここまで頑張る事はなかったか。。」
空をみると低気圧は抜けていったみたいだ。

サムイの青色は。

雲の白と共にいい味を出している。

「やれやれ。行くかな」

赤いフェリーが先に見える。

もちろんタオ島へー

□□□
ダイビング4日目が始まろうとしていた。

「それじゃー今日は朝から潜るよ!自分のかばん持ってー」
それぞれみんな乗り込むのは慣れてきたピックアップトラックだ。
今日は古畑さん夫婦も乗っている。
「なぁタツヤ。シャツくらい着ればいいのに。カッコいいの?」
「それがなー洗濯して。。雨でベチャベチャ。。ないの。。」
確かに夜中ザッと雨が降ったみたいだ。草木は湿っている。

「バカねー風呂場へ干せばいいのに」

「あ!歩ちゃんシマシマパンツタブにあったよ!」

「・・それ今いいから茜」
ワイワイ言いながら車に揺られていく。
今日は、朝も昼もダイブ!朝の2回目は沖にも行くらしい。ドキドキ。

天気は少し雲が多いけど、いい青空だ!


□□□
チェックも慣れてきて、船に乗り込むのもスムーズ。
私は酔どめもらって飲む。昨日ちょっと気持ち悪くなった。船はけっこう揺れるし。

移動のときブリーディング。
今日は初め位置の確認と、中間浮力のバランスを取るみたい。
課題も増えてきて、講習感も出てきた。
茜ちゃんは海の中入るとすごくキレイに泳いでる。
コツを聞いたけど、

「広いからのびのび伸ばして〜ゆっくり〜動かしてるかな?」
全然参考にならない。。

潜るのは楽しいけど、未亜は小さいので陸のボンベを背負っての移動はかなりキツイ。
でも先生が言ってたから。。頑張る!

昨日と違い場所は変わった。少し浅いのかな?砂浜が上からでも見える。
ゆっくりと落ち着いて海に入ると、水が温かかった。

昨日とは違い、逆に石とか少ない。その分お魚がカラフルでキレイ。
あ、あれニモだよね!あんな小さいんだ。。。田辺さんはゆっくり進みながらいろいろと小エビや、タコのいる場所を教えてくれる。
茜ちゃんは中間浮力もマスターしたみたい。高度変わらないまま見てるし。。すごいな。

未亜はまだ上下上がり下がりしてもがいてる。
「コンコン」
ボンベをノックされる。
(お腹の空気も影響するよ。息止めて手足は動かさないでごらん)
田辺さんはボードで優しく教えてくれた。

確かにバタバタしてるよね。。手足を止めると体が下がっていく。
息を吸い込み少しずつ。。浮力がつき水中に止まった!できた♪

ふぁー浮力。なんにもいらないんだ。
水の中で少し、お魚さんに近づけたと思う。
茜ちゃんがゆっくりきて、ハグしてくれた。

できたよイェイ♪


□□□
「みんな若いから覚え速いね〜では深いところ行くよ♪」
ざわざわ。。深い。。だと?
「今度は40mくらい行こうかな?耳抜きはどんどんしていってね?」
「あの〜。そんな深いとこまで行けるのですか?」
「私達講師がいるから安心して。天気もいいし〜ジンベエは無理でも亀くらい見れるかも?」
おーと盛り上がる。

しかし考えろ。おれ。ジンベイザメはサメだし会いたくない。サメ。。食われる。。ジョーズ。
「今回は深海の圧と、残圧を知る事。深く潜れば潜るほど、空気は圧縮され消費量も増えるから!」
「また安全停止も行います。水深10mでみんな一度止まってから浮上します。理由わかる人いるかな?」
「減圧症の対策ですか?」
「うん、雪菜ちゃん正解♪ただ、それ以外に窒素も溜まってるから抜く意味もあるの。なので、一人でも残圧60切ったら言ってね。みんなで安全停止をします」
「「はい」」
「また、焦って緊急浮上しないように。深いところから上がると気を失う可能性もあるから。落ち着いてね」
「「はい!」」
いい子達じゃないか。ダイビングはいろいろな人が受けに来る。暇つぶしから、学生から大人まで。
この子達はしっかりして言われた事は守る。

岩屋さん。いい子達だよ。
「はい!ではオヤツタイム〜♪スイカとパイナップルに!さらにマンゴスチン入りました♪」
「やったー♪」
「マンゴスチンって。。うまひ!」
「それはプイさんからだね〜愛されてるな君たち♪私ももーらーお〜」
初めて食べたマンゴスチンは。
見かけとは裏腹に甘く濃厚な南国の味がした。

 海辺はキラキラと太陽を反射し眩しいくらいだ。僕らの船は沖に向かう。


△△△ 
 沖に向かうと波の高くなってきた。
パイナポー美味しい♪もきゅもきゅ。

先生が言っていた通り、ダイビングは面白い。
私も初めは驚いたけど、なんか「ふぁー♪」という世界が眼の前にあった。
魚も逃げると思ったけど、なんかいるな?って感じで仲間に思えた。海の中は平等だね。

んー今日もいい感じ♪
ふと横の匠くんを見ると。。
昨日の事を思い出す。ちょっと恥ずかしいけど。
それはそれで歩に怒られた。

「もう!家じゃないから!きちんと着ないとダメだよ?」
「だって〜えーんどうしよ〜」
「はぁ。減るもんじゃないから忘れなさい」

時々視線を感じる。。男子怖い。

船は思った以上に沖に出て。
そこは周りに陸もなく。ロープの先だけが覗いていた。

人気スポットなのか、すでに違うダイビング船が止まっていて。こちらに向けて手を降っているのが不思議に思う。あーダイブ仲間なんだよね〜

 海面にはブイ以外何もなく、流されると帰ってこれない不安もある。

海面はより深淵の深い藍色で泡が浮き出ていた。

「さあ!行くよ準備して!水はクリアみたい♪」
よし。と私はグーを握る。

ちょっと自信がついてきたのと。

まだ見ていないジンベイザメとか見れればいいな。

「未亜ちゃん、行こっか♪」

「うう。。深いよね?なにかあれば助けてね?茜ちゃん!」

「うん!大丈夫だよ!」

手をとり私はタラップへ向かう。

気がつけば。。怖い事なんて何もなくなっていた。

友達が頼ってくれる。みんながいてくれる。

ここに来てからいい事ばかりだ。

私はより前を向いてタラップへ進む。

「1番!茜行きます!」







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

経験はチカラです。 若い頃行っとけば良かったな〜と思う事も多かった。 世界は広いです♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

お気楽にコメどうぞ♪
5

🇹‌🇦‌🇨‌🇹

海外が好きです。広島出身。 よくいる広島人で。燃えやすく冷めやすい(笑) 香港とバンコクで働いていました。  いろいろな経験を小説やマガジンで説明できればいいなと思います。 この世界は素晴らしい。 Twitter @tactvv

小説「ガンジャ先生。」無料公開中!

小説 ガンジャ先生。 第1部よろしくお願いします! \(^o^)/ 舞台はバンコク。6人の高校2年生の旅行記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。