2018-07-29-Netflix新宿_00018

Netflix再来!アニ名言を使ったマーケティング

ちぇりお!!!
tadoです。アニメと声優好きの大阪人です。
前は2018/3/24(土)AnimeJapanのNetflixについてまとめました。

今回は7月末に新宿で面白いことをしてはったので、突撃してきました。

先にまとめるとこんな感じです。

1:写真撮りたくなる仕掛け
2:SNSのキャンペーン
3:Netflix、パターン入ってる?

こんなん写真とってまうやん

ブースの全体は黒背景に名言がびっしりと書かれています。
Netflixで配信されているアニメ作品の中から、100個の名言が選ばれているとのこと。
またブースの端にはシールガチャコーナーがあります。

 (↑Netflixのブース)
しかも単なる名言がかかれているだけでなく、名言をフラッシュ撮影すると....
なんと!!名言に対応するアニメのシーン画像が!!

 (↑Netflixのブースをフラッシュ撮影時)
これは去年も渋谷の花火が見える企画やドラクエXの広告で利用されていた「Rainbow Film」という広告ですかね。

夜空のポスター、フラッシュ撮影で花火に! 全国の82発を渋谷で再現
ドラゴンクエストXのきせき

上記のような「Rainbow Film」の利用例もあります。
が、やはりNetfilxはオタクナイズドされた使い方しているなと感じました。

以前、新宿で行っていたアニ目ジャックの時と同様に、アニメオタクの知りたい欲をうまく煽っています。
好きな作品や知っている作品の名言はもちろん撮影すると思います。
が、名言だけではピンと来ない作品があると「アニメの画像があればわかるかも!」といったように知らない名言も撮ってしまいます。
やはりオタクって何でも知っておきたい性質があるじゃないですか。

僕は次の3段階で各名言を解き明かしました。
①名言ですぐわかる
②名言だけではわからないので撮影し、画像を見ることでわかる
③画像でもわからないので、名言をググる

ググったものに関してはグヌヌと敗北感を感じましたね。

まあ写真はバシャバシャ取り終えたので、そのままシールガチャのコーナーへ全速前進します!!

SNS連動企画シールガチャ再臨

今回も前回のアニ目に続き、シールガチャがありました。
撮影した写真を「#Netflixアニ名言」とハッシュタグをつけ、SNSに写真を投稿する。
と、アニ名言の書かれたシールがもらえるガチャを回せるというもの。

言われずとも既にしこたま写真はとったので、早速twitterにシェア。
スマホの画面をお姉さんに見せ、シールガチャを引きます。

(↑シールガチャコーナー)

(↑1つのシールに1つの名言)

(↑シール裏にはサービス紹介とQRコード)
補足:シール裏は前回のアニ目のシールと全く同じで会員数だけ1億1700万→1億2500万になってました。
会場での企画は以上でした。

前回のAnimeJapanのように、投稿したハッシュタグ付きツイートに対してNetflixから自動でリプが飛んでくるという仕組みは今回は実施しなかったようです。
その代わり、期間中は次のようなフォロー&リツイートのキャンペーンをしてました。

期間中のtwitterキャンペーン"アニ名言診断"

下記のNetflixアカウントのフォロー&この投稿のリツイートをする。
と、過去のツイートをもとに、あなたのための名言を診断するとのこと。

さっそくフォロー&リツイートするとすぐにリプライが来ました。
ツイートに記載のある通り、同アカウントで再度リツイートやフォロー行っても、2回目のリプライはこないです。

これが来ました!
僕のツイートに物理要素はあったんでしょうか?正直、診断結果と自分の繋がりは感じません。

リプライの内容は、
名言+話数+時間+シリーズページへのURL+画像
で構成されており、実際にその名言を見にいくのもラクラクですね。

一応、作品名(orコピーライト表記)が画像の下部に入っています。
が、スマホではかなり読み取りづらいです。

それが功を奏しているかなと思うのは、やはり知りたい欲へのアプローチ。
名言と画像ではどの作品かわからなかった人の目の前には、答えがわかるであろう導線があります。
多くの人はURLを押し、Netflixのサイト/アプリに遷移することでしょう。
前回のアニ目の「この目は誰の目?」という挑戦状リプライに近いものを感じます。

1つもったいないなと思ったのはこの「アニ名言診断」に関して、会場では全く案内していなかったことです。
ガチャのタイミングなどで伝えておけばよりリーチできたのではないかと思いました。

ちなみにツイート数が少ないと下記が来ます。
ツイート数が少ないのは罪です。

<どれだけフォロワーが増えたの??>

・7/23日時点=20,035フォロワー
・7/30日時点=33,819フォロワー(13,784増加)
7/23→24にかけて、すごい増えましたね。
が、展示期間中には大きな伸びがないです。

フォロワー数に関しては、2018/3月で9,000くらいだったので、AnimeJapan後の3.5倍くらいになってます。

Netflixさん、パターン入ってる?

有野課長じゃないすけど、「パターン入ってる」のかと思ったことがあります。

<その1>
Netflixの前回のアニ目との共通点は下記かなと。
「作品の一部分を切り取ってユーザに提示し、ユーザの知りたい欲(わからないもやもや感)を膨らませた上で、知りたいを解決できる手段を提供する」

<その2>
SNSの投稿フローに関しても共通点があります。
①思わず写真を取りたくなるような素材を提供する
②その写真をハッシュタグ付きで投稿すると特典がもらえる
(既に①で写真撮っているのでスムーズ)

前回のAnimeJapanでは上記に加えて下記がありました。
③投稿に対してリプライが来る(作品の一部分(アニ目)とURL)
④アカウントフォローで特典(AnimeJapanでは福引き)

最後に所感

新旧いろんな作品を展示したことで声優さんや作品の公式がtwitterで拡散していて、いいなーと思いました。(小並感)
星のカービィとか名言だらけなんすけど、流さへんかな?
コメントとか盛り上がると思うねんけど。

次のNetflix企画で完全にパターン入ったのか、施策内容を見てみたいですね。
次回のAnimeJapanなどではアニ目をアニ名言に変えたバージョンのブースやるんかなあとミサカはミサカは予想してみたり。

2回目投稿です。ご覧いただきありがとうございました。
ほなお後がよろしいようで、ちぇりお!!!

前回の記事はコチラ

おまけ


■「Netflix “アニ名言“ジャック」その一言で、フラッシュバックする。
期間:2018年7月23日(月)~29日(日)12:00~20:00
場所:新宿駅メトロプロムナード


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

tado

しがないアニオタです。ディレクター業してる大阪人でもある。渋谷と家を往復するマン。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。