バンコクナンパ師がデータで読み解くタイ人女性と日本人女性~タイ人女性のたくましさと海外ナンパ

この記事では、タイ人をナンパし、タイ人を100人近くと交わってきたバンコク在住ナンパ師たはら(@tahataha4646)が、タイ人女性を数字やデータから読み解き、タイ人女性と日本人女性の比較をしていきたいと思う。が、タイ人女性を数字やデータから読み解き、タイ人女性と日本人女性の比較をしていきたいと思う。

これまでのナンパの経験から導かれるタイ人女性に対する仮説や印象を、改めて数字的に検証することで、タイでの夜遊びやナンパでも、タイ人女性と接する際のヒントになり得るべくまとめていきたい。また、タイに興味が無い人にも「海外ナンパの可能性」を少しでも感じて頂ければと思う。

以前、ジェシーさん(@Qbei_re)のブログで書かせて頂いた「タイ人女性の取扱書」も併せて参考にしてほしい。

タイナンパやタイ人女性についてより詳しく書いたたはらのブログはこちら

今回の記事では「数字的、データ的、歴史的」な検証をテーマに進めていく。

●目次
【テーマⅠ.日本人男性はタイ人女性にモテるのか、希望的数字を挙げてみる。そもそも日本って若い女性少なくね?】
【テーマⅡ】タイ人女性は「お金目的」か?
【テーマⅢ.タイ人女性のたくましさ、そしてそれはどこから来ている】 【テーマⅣ.タイ人と貞操観念】
・初体験の年齢
・セックスパートナーの数
・セックスの回数/年間
・不倫率
・「プロ」の数
【まとめコラム:女性の2人に1人が50代以上の国で「即〜〜〜!」とか言われても..】

またタイ語を勉強したいけどタイ語の勉強法が分からない、という方にはこの記事を是非参考にしてもらいたい。


【テーマⅠ. 日本人男性はタイ人女性にモテるのか、希望的数字を挙げてみる。そもそも日本って若い女性少なくね?】

まずはこのテーマから。

「タイは親日国だからモテる」

一度はこんなことを聞いたことがあるだろう。実際、タイに住んでみると、街の至る所で日本語の看板や日本食屋も見かけ、その辺の女の子でも簡単な日本語を話せる子は決して少なくない。

(※国際交流基金「2015年度日本語教育機関調査結果概要」)

また、実際に、

・日本のことが好きな国ランキング:1位 タイ
(※ジャパンブランド調査,2016,電通)

・タイにとって信頼できる国:11ヶ国中1位 日本
(※ASEAN調査対日世論調査,2014)

行きたい旅行先、好きな外国料理:1位 日本
(※アジアインサイトレポートhttps://www.intage.co.jp/library/20151120_1/)

などなど、あらゆるランキングを見ても日本は上位にランクイン。まぎれもない友好国に位置づけられている。


もちろん日本への好印象もモテの要因になり得るが、別の原因をたはらなりに探ると(モテを数値化するのは難しいが)、ずばり、「女性余り」が大きいと考えている。タイ、特にバンコクに住んでいると、本当に街に若い女性が多いことが目につく。

そう思って調べてみると、全人口におけるタイ人と日本人の男女比は、

タイ:男 約49.2%: 女 約50.8%

日本:男 約48.6% :女 約51.3%

(※PopulationPyramid.net)

あれ、この数字だけを見るとなんだ日本の方が女性が余っているじゃんって思うかも知れない。女性の方が長生きなのでどうしても日本の方が全人口における女性比は高くなる。

ただ、ストリートでナンパをする際にタゲになり得るだろう20歳~35歳の女性の人口比を比べると、

タイ:男 約50% 女50%

日本:男49% 女51%

(※https://www.indexmundi.com/japan/age_structure.html)

…あれ、これもあんまり変わらない笑笑
口を揃えて皆さん女性比率が高いというけど、統計上はそうでもないw

ただし、20歳~35歳の女性の人口は、

タイ:705万人(人口6800万人)

日本:990万人(人口1億2000万人)

つまり日本はタイの2倍も人口があるのに、この20歳~35歳の女性で見れば200万人ほどしか差がない。女性が非常に多い印象を受けるだろう。

てかそもそも日本って、

あと2年経てば、女性の2人に1人が50歳以上になる。

こんな国で「即~~~~!とか言っててもなんというか思うところがあるよね....。(※http://www.jprime.jp/articles/-/10133)

両国共に少子高齢化が進んでんでいるといえども日本人の平均年齢は46歳だが、タイの平均年齢は34歳。タイも若い国だが、それよりもなによりも日本の高齢化及びターゲットの取り合いハンパない。日本に比べればはるかにタイは若い国。

統計上は面白い数字は出なかったが、そもそも日本ってやばくない?と思ったデータだった。まとめると、

①親日国
②女性の比率が高い

「もれなくモテます!」と言い切れないがモテる可能性は日本より高いし、ほかの国に比べても間違いなく印象がいいのは間違いない。(もっというとここにレディボーイが入ってくるからたはら的にはさらに分母は大きくなるが...)


【テーマⅡ. タイ人女性は「お金目的」か?】

日本人はタイ人女性に概ね好印象で、さらにタイでは若い女性が余っているとテーマⅠで書いてきた。ただ、タイ人女性というと、正直、日本人にとってあまり良い印象はなく、タイ人女性を始め、東南アジアの女性というと、むしろ「お金目的」のような言われ方をすることって少なくないと思う。

このツイートがハネたように、日本人の中では「タイ人」=「お金目当て」という短絡的な結びつけが強い。タイ人の彼女や奥さんがいる人にとっては何ともムカつくことだろう。

実際、お金目的というのはあくまで一部のプロを指しているのであって(そもそもプロなんだからお金を求めるのは当然なんだけど)、それよりも、日本人女性の方がいかに「お金目的か」ということを際立たせたい。上のツイートにも書いたように、

【大学進学率】
タイ 男44% 女58%
日本 男55% 女47%

【共働き率】
タイ66% 日本42%

【男女間賃金格差】
タイ 約1% 日本 約30%

むしろタイ人女性は経済的に自立し、自らが働いて稼ぐ。一方、男性のステータス云々を見て、養ってもらえる前提で付き合い、結婚を目論む日本人女性の方が圧倒的にしたたかにお金を目的に恋愛、結婚をしているのではないだろうか。

事実、

「主たる家計支持者が女性」だという割合はタイでは65.8%、

アメリカは20%、日本は5%
(※http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/ir/college/bulletin/g-vol1/asakawa.pdf)

一般タイ人女性は「養ってもらおう」と思ってる人は少なく、むしろ自分が支える前提。日本人女性のように、したたかに相手の年収を見定め結婚相手を選んだり、未だに専業主婦が普通と思っていたりすることなく、たくましく女性が生きられる社会でもあるようだ。

逆に日本は、社会が女性が働かない前提だから社会がそうなってるのか、女性が働かないから社会がそうなってるのか、にわとりが先か卵が先かの議論になり難しいところだが、次の章では、このタイ人女性のたくましさがどこから来るのか、もっと掘り下げていこう。


【テーマⅢ.タイ人女性のたくましさ、そしてそれはどこから来ているのか】

たはらは、あらゆる記事の中で「タイは女性優位社会・女性中心社会」と書いてきた。これは特にタイでナンパをし、生活をしていくと、強く感じることで、パワーバランス的にも女性が強い。夫婦でもカップルでも女性が引っ張る。テーマⅡでも触れたように、女性は働くものでで、さらに、良い大学、良い会社になればなるほど、より女性の割合が高まり、日本と真逆で、女性がタイの中心となっていることが分かる。テーマⅡでも述べたが、主たる家計支持者が女性だという割合、タイは65.8%、アメリカは20%、日本は5%。

さらにタイ女性幹部率38%で世界6位、一方日本は9%にとどまっている。

この女性の強さがどこから来ているのか、根拠となり得る説をいくつか紹介しよう。

・農業形態が昔から家族経営が基本。故に女性も労働の担い手 。
・農業だけでなく商店や飲食店等いわゆる「小さな町のビジネス」も家族経営が基本。
・東北部(イサーン等)では伝統的に家の相続権が女性にあった。
・仏教国なので男性は出家し、さらに女性は僧になれない小乗仏教なので労働を担うのは女性

→これら複合的に「昔から女性が働くことは普通」であり、「女性が働くことが男性の威厳を汚すことはない社会的通念」と触れられている。
(※http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/ir/college/bulletin/g-vol1/asakawa.pdf)
(※http://www.kochi-tech.ac.jp/library/ron/2014/14/a1150481.pdf)

まとめると、家族経営的な農業、商業の形態の名残を受け、さらに男性の出家により女性が働くことが昔から普通であり、より階級が可視化された現代においてさらに経済的自立が顕著になり、今日までパワーバランスが強いことが頷ける。あくまで一説だが、「女性が働くこと」に対する当たり前感はタイではかなり強いのは納得出来る。


【テーマⅣ.タイ人と貞操観念】

最後はそんなたくましいタイ人女性の貞操観念について。
これまで色々な記事で述べて来たが、またもや「タイ」=「風俗」のイメージから、なんとなくタイ人の貞操観念は低い印象を持つ人も少なくないだろう。
しかし、風俗嬢が目に付きやすいだけであり、たはらの肌感覚では、タイも日本も貞操観念は変わらないと主張し続けてきた。
この貞操観念を数値で表すのは難しいが、いくつかの項目に分けて日本人女性とタイ人女性の貞操観念、セックス観を比較してみよう。

*初体験の年齢

http://chartsbin.com/view/xxjによると、

世界の平均初体験時の年齢は18.4歳
1番早いのはアイスランドの15.6歳
1番遅いマレーシアで23歳で平均的に初体験。

気になるタイと日本はというと、

タイ:20.5歳

日本:19.4歳

タイは調査44カ国中40番目に遅く、日本も36番目に遅い。どちらも世界平均を下回っている。両国とも比較的遅い傾向にある。

*セックスパートナーの数

セックスパートナー、経験人数は、こうなっている↓↓

小さくて見にくいと思いますごめんなさい。調査40カ国中、タイ16位、日本17位と仲良くランクイン。ほとんど日本人とタイ人の経験人数の差は無い。全体で見ても中位。

*セックスの回数/年間

タイは年間108回セックスをし、そして日本は48回、ぶっちぎり最下位。また、毎週1回以上セックスする人の割合は、タイ65%、日本34%。まぁこれはもちろん夫婦同士だったり、特定のパートナーとの回数も含まれるので貞操観念に結びつくかはなんとも言えないが、そもそも日本人がセックスしなさすぎじゃね?!っていう。

*不倫率

ここまで日本とタイはある程度互角の戦いを見せ、ランキングでも目立った特徴は見せてこなかった両国。しかし、不倫率は、

タイが堂々1位。

この表にあるよう、フリーセックス的なヨーロッパの国々を抑え、タイでは56%の既婚者が不倫経験があると答えている。日本は20%から30%なので、これはぶっちぎりに多い。そういう意味では貞操観念は低いとも言えなくはない。

→だが、セックスパートナーの数で言えばタイは中位だし、日本・タイ両国に差はない。ここにもある意味熱しやすく冷めやすいタイ人の特徴が表れているのではないだろうか。

*「プロ」の数

ナナプラザ 、ソイカウボーイなどに代表されるよう、タイは本当に風俗嬢がむき出しに置いてあるため、かなりプロの女性の数が多い、ように見えるかもしれない。事実バンコクにいると、必ずプロの女性を見かけるし、プロがその辺にありふれている。

しかし、意外な数字が出ている。もちろん、完全に正確な人数を把握することは難しいと思うが、2001年に世界保健機関が発表した報告によると、タイにいる風俗嬢の数は、15万人から20万人。と推定されている。意外に少ない。

気になる日本は、
著者の評論家・荻上チキ、経済学者・飯田泰之の算出によると、

推計可動店舗数=約1万店舗
1店舗あたりの推計在籍人数=29人前後

すなわち日本のフーゾク嬢の数=1万店×約30人=約30万人

→プロの数を比較すると、

タイ:15万人〜20万人(人口6800万人)

日本:30万人(人口1億2000万人)

まさに、タイでは目につくから多いように見えて、日本に比べ数も少ないし、比率で言ってもほとんど同様。決して多いわけではない。数字上は。

そろそろ結論を出したいが、やはり色々なデータを見てもタイ人と日本人の貞操観念とかって数字上じゃ変わらないイメージ。日本人も相当セックスをしない方だけど、タイもだいたいの項目で全体のやや中位から下位。ただ、経験人数、セックス回数等はそんなに多くないけど、不倫率が高いタイはやはり熱しやすく冷めやすい、感情的な生き物さ加減が伺える。肌感覚とあまり違いないデータが出た。


【まとめコラム:女性の2人に1人が50代以上の国で「即〜〜〜!」とか言われても..】

ここまでタイ人と日本人女性について、様々なデータをあげてきたが、共通する部分、または大きく違う部分が少しは見えてきただろう。

たはらは日本でのナンパ経験があるため、逆に序盤はかなり苦戦した。タイ人女性の扱い方を日本で学んだやり方やルーティンに当てはめようとしていた。今考えれば、そら失敗するわな、って思う。

要は、男女観も、社会における女性のプレゼンスも全然違うし、本当に今までの価値観とかぶっ壊してくれるぐらいアメージングなのがタイランド。

あと2年で女性の2人に1人が50代以上という国でナンパするより、若くて美人でたくましくお金を稼いでくれる女の子が多いタイでナンパしてみるのはどうだろう。

日本でモテなかったあなたにも大きくチャンスはある。価値観も考え方も大きく違うここでは、来るだけでパルプンテを起こすみたいなもん。なんとなくでいいのでタイに来てタイでナンパをすると、これまで考えてこなかったアメージングなことが起きる。日本でのナンパノウハウはもうほぼ出揃っていて、ナンパ情報も共有されきっている。だからこそ、今、海外に出て色々な国の美味しい部分だけ味わってみるのはどうだろうか。
海外ナンパのおすすめポイントは以下の記事を参考にしてほしい。

例えばナンパ師でもナンパをするためにタイで働き始めた人もいるし、

タイ語に自信がなければこの記事を読んで勉強すれば良い。たはらはこのやり方で在住1ヶ月目からタイ語でナンパを始められた。

日本人女性に失望したあなた、モテないあなた、モテるけどタイでさらにモテたい、ナンパの実力を試したい方、ぜひタイに来てみてほしい。タイではナンパコンサルも受け付けているので、ぜひタイにきて一緒にナンパをしてみよう。→ たはら(@tahataha4646)

バカとブスこそ、タイへ来い!

タイナンパやタイ人女性についてより詳しく書いたたはらのブログはこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

タイを中心に海外ナンパ情報、海外夜遊び情報を発信しています。 サポートを頂けると、ブログやTwitter等でもっと有益な情報を発信します。 https://global-nakayoshi.com/

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。