新屋号について

これまで個人事業主として「クリエ」という屋号でやってきました。
でも、誰もそのことについて知らないと思う。

名刺にも書いてないし、「クリエの赤坂です」とも言わないからだ。

法人ではありませんが、個人事業主の開業届を近所の税務署に提出するときに、なんとなしにつけた名前です。

いちおう、その名称がついた銀行口座なんかも作りましてね。でも、全然活用することなく、今も自分のメインバンクに原稿料が振り込まれています。

で、最近イベントを開催したんですけど。ライター交流会というイベントを。そこで、元々自営業者だった先輩方のありがたいお話を聞きまして、俄然やる気スイッチが入ったというか。

今年は、ものすごく法人化を検討したくなるような、ツライ目にもあったし(それが直接的な回避になるわけではないけど)、これ以上、舐められたくないって気持ちも強かったんでしょうね。

そこから色々動いて調べて、新しくやることもあるけど、まずは気分を変えようと、適当につけていた屋号を変えようと。これは正式には開業届を出している税務署に変更の手続きをするんですが、去年くらいから使いたかった名称があるので、先に名乗ります。

こういうのは前のめりくらいがちょうど良い、ということを思い出したのも、先のイベントで得た実感でした。

EDITONE」と決めました。

こんな単語はあるかはわかりませんが、造語です。

EDIT+TONEって感じです。

・EDIT(エディット)=編集する→何かを作る
・TONE(トーン)=(音調や色調)を調整する

という組み合わせ。

やはり元バンドマンだし、音楽や楽器が好きなので、いつかはこうした仕事もしたい(計画中です)、ライターや編集といったメディアやコンテンツ制作にも、変わらず従事したい、という想いを込めました。

読み方はエディットワン、ではなく、エディトーンです。こっちの方が「っぽい」し、響きが滑らかなので。

TONEを分解すると、T+ONEで、た+いち(私の名前である太一)も含まれていて、これは自己満足で説明はしないけど、まあ良いかなと思って。

ということで、

「EDITONE:エディトーン」の応援、よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 元気がでます
27
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。