セカンドハーフ通信 第96話 少しだけ遠くに行こう

少しだけ遠くに行こう

散歩のついでに立ち寄っていた銭湯が1年ほど前に廃業してしまい、気軽に歩いていける距離にある銭湯が1つだけになってしまった。

時にはなじみの銭湯ではなく、他の銭湯にもいきたくなる。さりとて近くに銭湯はない。そこで、マンションの貸自転車で、少しだけ遠くに行くことにした。目標は自転車で20分ほどのところにある銭湯だ。

都心は意外とアップダウンが多い。市ヶ谷、四谷、千駄ヶ谷というように谷を冠する地名があり、神楽坂を筆頭に数えきれないほどの坂道がある。それらの地名は江戸時代からの由緒をもったものだ。

その谷や坂をヒイコラいいながら自転車をこぎ、休みがてら寄り道をする。すると色々な面白いものが目に入ってくる。手作りパン屋や焼き鳥屋、ペットショップ、自然食品店。それに博物館、歴史館や文学館などもある。

自衛隊の本部を横目で通り過ぎると、たくさんの人がぞろぞろ行き交う。まるで大きな会社のようだ。自衛隊というと戦闘服姿がイメージされるが別の姿もあるのだなと思った。

馴染みの場所からちょっと先足を延ばすと、自分の興味以外の情報が入ってくる。新しい情報は新しい興味を喚起してくれる。面倒がらず、少しだけ遠くへいくこともたまにはいい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。励みになります。
2

Kenji Hashimoto

今年還暦を迎えたビジネスマン。過去の経験を踏まえ、これからのセカンドハーフを自由な視点で生きていきたいと思っている人生の旅人。 ライフスタイルから政治、社会問題まで心にとまったトピックスについて気ままに綴っていきたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。