パンツで200万円集めたクラウドファンディングを通して思ったこと

やっとOne Novaが一ブランドとしてスタートを切ることができました!クラウドファンディングを通して思ったことをまとめてみました!

目次
・ 感謝の気持ち
・インターネットはやさしい
・共創するということ
・若い世代の活躍
・One Novaのこれから

感謝の気持ち

今回のクラウドファンディングは
私達が立ち上げたアンダーウェアブランドのOne Novaのパンツをみなさんに
お届けするために行いました。

結果として、
423名のパトロン様からご支援を頂き
総額2,063,433円を集めることができました。

正直、企画段階のときはこんなにもたくさんの方々に
私達のパンツを届けられるとは思ってなかったです。
(がんばっても、80万くらいかなと当初は思ってました笑)
ここまでクラウドファンディングを盛り上げることができたのは、
間違いなくワンノバに参加してくれた皆様のおかげです。
私達が集めたというよりも、パンツを触媒に築かれたネットワークによって、みんなで一緒に集めた感じがします。
クラウドファンディング中もずっと心強かったし、
温かい気持ちでいっぱいでした。
本当に本当にありがとうございます!!!!

特に最初から最後までワンノバのクラウドファンディングを
全面的にサポートしてくださった木村昌史さんを始めとするALL YOURSのみなさんには感謝しきれないです。
アパレルの知識もクラウドファンディングのノウハウも何もわからない私達にオフィスまで提供してくださり、
なんでも丁寧に包み隠さず教えてくれました。
恩師のような存在です。
これからのOne Novaの成長を通して恩返しをしていきたいです。

インターネットはやさしい

今回のクラウドファンディングで最も感じたのは
インターネットのやさしさです。
まずクラウドファンディングという仕組みがやさしさの塊でした。
資金集めの方法を民主化しただけでなく、
人々が自然とやさしい気持ちになれるプラットフォームを実現している気がします。
私達の場合、言い方によっては
パンツを売っているだけ!と言っても間違いではないが、
売る側の想いと支援する側の想いの両方を可視化したのがクラウドファンディングです。
Amazonでのお買い物は人の顔が見えないからか、なんか無機質に感じてしまうときもあるが、
クラウドファンディングはなんか商店街の八百屋さんのような、
本来リアルの場でしか感じられなかったあの温かい空気感を生み出しているような気がします。

また、今回Be InspiredとBAMPとJEEK NEWSの3つのメディアにクラウドファンディング中にインタビュー記事を掲載して頂きましたが、

私達のような産まれたての小さな存在でも、
インターネットのおかげでより大きな産声を上げることができ、

多くの人々に届けられるようになりました。
そしてその声は多くの人々に拾われてシェアされて、
SNS上でより大きな声に変わっていく。
その時、無数の力によって背中を押されているような気分でした。
温かいし、力強いし、やさしいです。

共創するということ

私と共同創業者の金丸は
アパレルも起業もECも、何に関してもど素人です。
でも幸いなことに私たちを助けてくれる方がたくさんいます。
いつも助けてもらいながら、勉強をさせてもらってます。
今回のクラウドファンディングに関しても、
ALL YOURSの木村さんが手取り足取り教えてくれました。

このように、
何もわからないからこそ、あえてパンツ一丁になって、
自分たちをさらけ出すことが一番だと思いました。

応援してくださっている皆さんのお力を借りながら共に創っていく。
これがOne Novaの一番の理想的な姿かもしれません。
皆さんに愛されるような、親しみやすいようなブランドを築いていきたい。

クラウドファンディングは「共創」を実現するのにピッタリなプラットフォームだなと感じました。
未完成のプロジェクトページをSNS上に公開してお客様にフィードバックを頂きながら完成を目指したり、
お客様の声をいち早く反映してリターンを追加したり、
進捗状況などをSNS上で一緒に盛り上げたりして、
One Novaを皆さんと共に創っているのを強く実感しました。
この姿を最初から目指していたので、正直めっちゃ嬉しい!!
今、正式な発売に向けてECサイトなどの用意を進めていますが、
共にブランドを創っていくことができる仕組みをしっかりと整えていきたいです!!

若い世代の活躍

One Novaは19歳〜20歳でできている大学生チームです。
そんな私達でも一ヶ月ちょっとで200万円を集めることができています。
他にも同時期に進んでいた中学3年生の女の子のプロジェクトも約80万円をも集めることに成功しています

このように、新しいことを始めるための金銭的な敷居はぐんっと低くなっていると思います。
そして、なにより年齢はあんまり関係なく、
むしろ若い方が応援されるのかもしれません。
たとえ失敗しても、そこから得られる学びって無数にあると思います。
クラウドファンディングではないが、今話題の「NYAGO」も「PoliPoli」も私達と近い世代でとても近くにいます。

近い世代の活躍を見ているとなんだかワクワクしてくるし、若者からドッカーンと盛り上げていきたい!!!!

One Novaのこれから

多くの方々に支えられて、押されて、
無事にスタートを切ることができました!
本当にありがとうございます!

本当の試練はここからです。

パンツを気に入ってもらえるか、
どうパンツを売っていくのか、
ブランドとしてどう展開するのか、
などなどなど

正直不安はたくさんあります。
でも、ちゃんと遠くを見ながら一歩ずつ進んで行きたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

41

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。