見出し画像

dot言語で教育学者の関係性を可視化してみるーートライ2日目

こんにちは、ひつじめがねです。
前々回に引き続き、教育学者の関係性をひたすら可視化する作業を行っています。来週社内勉強会で発表する用の資料を作っているので、ひとまずそこまではその途中成果をまとめる作業を記事としてあげていこうと思います。

前回の記録はこちら

そして今回の最後の図がこれ。もうわけがわからない笑

これじゃあさすがにわからないので、まだつなげてない人は一旦コメントアウトしました。

今回のこの図はまだ眺めていてもピンと来ないところが多いので、ここから全体の歴史をベースに練り直していきたいところ。

この図に関しては下記の書籍を元に、ひたすら人名が出てきたものを前か後につなげまくったものです。一緒にやってた人とか、むしろバトってた人が普通に矢印でつながっていたり、ソクラテスが謎の場所につながってるので、もう少しきれいになるんじゃないかと企んでいます。

細かい全体地図はなんとなく見えたので、次は歴史を追って全体史観を探っていきます。ひとまずこれで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!毎日投稿がんばります!
1

ひつじはね太

社会人教育会社に勤める、社会人3年目です。マーケティング担当ですが、大学時代に教育工学を専攻していた関係で、時たま登壇もします。私生活では和太鼓、ゲーム、プログラミングを趣味にのんびり暮らしてます。https://www.taikomegane.com/

毎日ブログ Season.3

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。