noteタイトル1280_670

応募が来ない求人広告の見直しポイント、ただで教えます

「転職サイトに掲載しても、全然応募が集まらない」
そんな中小企業の経営者さまのお話をよく聞きます。大抵は「媒体が悪かった」という結論に至ってしまうことが多いのですが、はたして本当にそうでしょうか?

僕は松岡茉優さんのTVCMでおなじみの『エン転職』で、求人広告コピーライターとして働いてきました。期間はなんと14年(長い)。主に、郊外といわれるエリアの、応募が集まりにくい企業さまの広告を担当し、4000件を超える採用成功を実現してきました。その僕が言えることとしては、「応募が来ない」とおっしゃっている企業さまの多くは、実は初歩的なミスで、応募が来るはずがない求人広告を掲載してしまっているということです。

今回は、「採用担当者がなかなか気がつきにくい、求職者の応募しにくくしているポイント」を、こっそりお伝えしちゃいます。
 
 

【その1】何をやっている会社か、分からない

これ、とても多いです。
多くの求職者は、世の中にどんな仕事があるか、どんなビジネスをしている会社があるか、知りません。だからこそ求人広告では、「ウチはこういうビジネスをしている会社ですよ」というコミュニケーションを意識しなければなりません。

例えば、「Webマーケティングを行なっている会社です」と書いても、それは事実だと思いますが、読み手はピンと来ません。ピンとくるのは、社内の人か、同業の人か、人材ビジネスやっている人だけです。

「クライアントのオンラインショップがより多くの人に利用していただけるように、問題点の原因を突き止め、改善案を提案していく。そんなWebマーケティングを行なっている会社です」
…くらいまで書かないと求職者は分からないということを意外と知らない方は多かったりします。お気をつけください。
 
 
 

【その2】どんな仕事か、興味が湧かない

あなたには、当社の●●職として以下の業務に携わっていただきます。
・●●の発注
・●●の契約書作成
・●●の在庫管理
・電話対応
・来客時の接客

こんな(↑)仕事内容の説明を求人広告でしていませんか。
これは、応募が来ない求人広告のテンプレートみたいなもので、読み手としてまったく募集職種の興味が湧きません。広告制作を依頼して、このカタチの求人広告があがってきたら、「ちゃんと作れ」と怒ったほうがいいレベルです。

何が良くないのか説明しますね。
事実は書かれていると思います。しかし、業務を羅列しただけですよね? 仕事って、そういうものでしょうか。上記例では5つの業務が書かれていますが、それぞれの業務の全体の割合はどうなのでしょう。発注や契約書作成や在庫管理が全体の8割を占める仕事なら「黙々と自分のペースで仕事を進められる事務職」という特長があるし、逆に、電話対応や接客が全体の8割を占める仕事なら「会社の窓口役として心地よい対応で営業支援をする事務職」という特長があります。

何が言いたいかというと、仕事の特長と自分に向いているかどうか分からない書き方のため、求職者の記憶に残らない求人広告になっている、ということです。このような広告を出しておいて、「最近の求職者はウチの仕事の理解が薄い」とか、「ウチで働きたいという思いが伝わってこない」とか、言ってはいけません。そもそも何も伝わらない広告を出しているのですから、当然の結果なのです。
 
 
 

【その3】誰でも歓迎している

「学歴不問 未経験者歓迎!」
応募が来ないから間口を最大限広げた歓迎表記をしていたとしたら、要注意です。大手企業ならともかく、中小企業の場合は応募が来にくくなります。

なぜか?
求職者の立場になってください。知名度のない今日初めて知った会社に応募するメリットがないのです。見落としがちなのは、求職者にとって、知名度のない今日初めて知ったような会社は他にもたくさん選択肢としてあるわけで、みんな、「学歴不問 未経験者歓迎!」を謳っているという事実です。その中で、自分のところの会社を選ぶ理由があるでしょうか。そう、特にないのです。だから、応募が来ないのです。

じゃあ、どうすればいいか?
僕がオススメしているのは、「ハードルの低い応募資格を、あえて作ってしまうこと」です。例えば、「学校やバイト先でのまとめ役の経験がある方、優遇!」といった感じ。これを書くと、思い当たる経験がある人が見ると、「この会社は自分を求めているかも」「自分は選考が有利かも」と考えるんですね。たくさんある選択肢の1つから脱却できるのです。

もちろん、募集職種の仕事内容で活かせる経験を吟味する必要があり、それを間違えると効果が出ないのですが、このあたりはプロの広告制作者と相談して決めてください。
 
 
 

【その4】勤務時間がよく分からない

「変形労働時間制」とか、「フレックスタイム制」とか、社内で決められた労働時間の制度をそのまま記載していませんか?

求職者は、労働時間についての専門知識を持っていないので分かっていません。分からない情報が書かれている求人は読み飛ばして、もっと分かりやすい求人を探すものです。

「つまり、1日の労働時間は●~●時間ということです」といったように、求職者が知りたい情報を書いておくのが得策です。
 
 
 

【その5】お休みがどれだけあるのか、分からない

上記の勤務時間と同じです。
求職者は、「1週間に何日休めるのか?」「何曜日が休みなのか?」「ひと月に何日休めるのか?」「有給休暇は取りやすいのか?」「夏休みはあるのか?」「冬休みはあるのか?」といったことを気にするもの。休みを気にするのは働く意欲がないわけではなく、長期で働ける環境なのかを考えるためにも求職者としては知りたい情報なのです。

僕も「有給休暇はカンタンに取らせるつもりはないから求人広告から消しておいてくれ」と言われたこともありますが、そうしたら「有給休暇がない法律違反の会社」と求職者に見られるだけ。お金を出して自社の評判を落とすだけなので、求人広告の記載も有給休暇の取得もきちんとしておいたほうが良いと思います。
 
 
 

【その6】どんな職場か、分からない

「ウチのオフィスは汚いから…」と、求人広告に職場風景を載せないなんてことしていませんか? これ、逆効果です。

職場風景を出さない会社を、求職者は「怪しい会社」と判断します。出さない理由を出せない理由があるとネガティブに考えるものです。求職者にとっては、他にいくらでも選択肢があるわけですから、ちょっとでも「怪しい」と思った会社に応募する必要はないわけです。

誌面スペースの都合で文字だけで誤魔化せた紙媒体の時代は終わっています。今は職場風景を出すのが当たり前であり、出さないと悪くみられる時代だと意識を変えてください。
 
 
  

【その7】どんな人と働くのか、分からない

いっしょに働く人たちの画像は載せましょう。
どんな人たちと働くのか分からない求人広告は、情報が欠落している求人広告です。ご自身が求職者の立場になって考えてみていただきたいのですが、オジサンが多いのか、体育会の人たちが多いのか、女性が多いのか、理系の人が多いのか。「自分はうまくやっていけるのか?」という不安を求職者は必ず抱えているわけで。やっぱり、どんな人たちがいる会社なのか、知りたいじゃないですか。社員の方たちの協力を得て、顔出し写真を載せることは必ず行わなければならないポイントです。

過去、社員の協力を得られなくて、後ろ向きの社員しか写っていない求人広告を出した企業様がいらっしゃいましたが、応募は集まりませんでした。逆に、不自然に見えてしまうのです。
 
 
 

【その8】プロのカメラマンに撮影してもらっている

意外に思われるかもしれませんが、これ、結構あります。理由は、キレイすぎるから。キレイすぎて求人広告上で浮くんです。浮いた画像のせいで、求人広告が怪しく見えちゃうんですね。

なぜ、このようなことが起きるのか。それは、カメラマンが求人広告の素材として写真を撮れていないからだと僕は思います。パンフレットとかチラシで使う宣材画像と、求人広告で求められている画像って違うんです。求人広告で求められているのはリアリティで、プロのカメラマンに撮ってもらったバチッと決まった画像よりも、事務の女の子が社内の人を集めて撮った自撮り画像のほうが、リアリティがあって応募効果も良かったりするのです。
 
もちろん、上手く行く場合もあるのですが、ポイントは求人広告で画像が浮いていないかどうか、だと思ってください。
 
 
 

【その9】募集する理由が書かれていない

求職者は基本的にネガティブに求人広告に書かれていることを捉えます。「人を募集する=誰かが辞めている」と考えるのは当然なことで。「なぜ、辞めたのか」についても、悪い方向に想像力を膨らませるもの。そのため、正直に書いたほうがいい求職者ウケはいいです。

僕が担当したお客様の例をあげます。

「この度、2年間働いてくれた●●君が退職することになりました。お父様が身体を壊されたため、家業を継ぐという決意をしたためです。今回は、●●君のかわりとなる営業職の募集です。●●君は●月末日退社予定なので、入社後は彼が教育係となって、お客様の引き継ぎを進めていきます」

このように情報をオープンにした結果、他の営業職よりも多くの応募が集まり、採用成功もできていました。「隠さずに見せる」という会社の姿勢が、求職者には好印象に映るのでしょう。
 
 
 

【その10】スマホで読みにくい

いまや、ほとんどの求職者はスマホで求人広告をチェックしています。そのため、求人広告はスマホ閲覧を意識しなければなりません。1ブロック10行なんて文量は読みにくいのです。

インターネットが出た当時は、「情報量が多い=良いモノ」とされてきました。これだけ流通する情報量が多くなってきた今、「読みやすい&情報量も多い」という求人広告が求められています。

素人が付け焼刃でどうにかするには、かなり難易度の高いコピーライティングが求められている時代といえるでしょう。求人広告メディアを選ぶ時には、コピーライターの質で選んだほうがいいと思います。個人的には、『エン転職』が一番オススメです(笑)。
 
 
 

いかがでしたか? 求人広告を使った採用活動、または求人広告制作の参考にしていただけると幸いです。それでは!
 
 
 
 
 

<宣伝>こんな記事も書いています


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

たいすく / Webコピーライター

本名:小山田泰祐。元エン転職のコピーライター。大手企業から小さな町工場まで、いろんな求人広告を書いて、4000件以上の採用成功実績あり。現在は、株式会社think shiftという会社で、取材をしたり、Webメディアの記事を書いたり、書籍を書いたりしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。