オープンマイク

オープンマイク。誰もがそこ(会場)へ行けばパフォーマンスが出来るイベント。
最近は演者と店との需要と供給が合う為か、やっている所が増えました。
お客は集められないけれど、行けばお客さんがいる。ただし、お客はほとんど出演者。
お店側もライブをやってもお客を集めてこない、集められないブッッキングライブより、やりたい出演者を多数集めた方が売り上げがあるし。
だからオープンマイクは宣伝の場というよりミュージシャン同士の交流の場と考えた方が楽しい。
よく「○月△日、新宿の××でライブやりま〜す」とか宣伝するだけして自分のパフォーマンスが終わるとさっさと帰ってしまう人がいるが、もったいないと思う。
オープンマイクに集まる人たちって自分を観て欲しい人の集まりなので、宣伝したってまず来ない。
それよりもまさに偶然が生んだ一期一会の自分の知らない世界に没頭している人たちに話を聞き、出来ればセッションするのがいい。
そう、最近、このセッションが楽しい。

5月30日(土)、ひと月前に遊びに行った下北沢のスムルトロンで当日のイベントがキャンセルになり、ぽっかりと穴があいたのでオープンマイクが開催された。
13時から22時までの予定だったので、夜ちょこっと行ってこようと考えていたが、まあ暇だったので15時頃お店に行きました。
昼間は結局、6組しか集まりませんでしたが、これが結構良かった。
アコーディオン、オートハープ、自作のシナリオの朗読、ギター弾き語り、ライアー、そしてワシのWネック三線。
皆、知らない分野のスペシャリストなので話を聞いても面白いし、ゆるーい感じでやったセッションも楽しかった。
夜はそれなりに人が集まって賑やかになり、これも良かったが、昼間のまったり時間が何とも心地良かった。
こういう人たちが集まる空間を作った店主の臼井さんは本当に凄い。
なんか大丈夫かな、と思うほどいろんな人に気遣いをし、ネットにも記事をどんどんあげて本当に頑張っている。
彼女の人望です。これだけ素敵な人が集まるのは。

また行きます、よろしくです。

↑荒倉さん写真ありがとうございます。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うなぎ企画

映像と音楽の工房

電気ブランコ

アニメーションを中心とした映像音楽集団
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。