ラズベリーを愛して、人間関係が楽しくなった話

僕はラズベリーを愛したことで、
あらゆる人と関わるときに楽になりました。

嫌いと思う人もいなくなったし、
だいたいの人との会話を楽しめるようになったし、
だいたいの人に優しく接することができるようになりました。

ずっと
『なんでラズベリー好きなの?』
と聞かれるので、ラズベリーへの感謝の想いを一部書いておこうと思います。

ちなみにラズベリーはこれです!
よくケーキの上に乗ってたり、ソースとして用いられますね

ラズベリーは一粒一粒個性があります
たとえ同じ品種で同じ袋に入っていたとしても。

粒が硬い・普通・柔い
味が甘い・甘酸っぱい・酸っぱい・薄い・濃い
風味が強い・普通・弱い
粒の大きさが大きい・普通・小さい
実の大きさが大きい・普通・小さい
種が大きい・普通・小さい
色が濃い・普通・薄い
果汁が多い・普通・少ない
・・・掛け合わせたら個性だらけ。。

そんなラズベリー、食べていくうちに

『この子達、みんなの個性に合わせた食べ方もあるのでは無いか
(ここでいう食べ方は口に入れたとき、噛んで食べるのか、すり潰しながら食べるのか、半分にして、、といった感じです。)

と思うようになり、
その粒の個性を感じ、どうしたらより美味しく食べれるかを考えながら食べるようになりました。

暇だったんですね(笑)絶対
一時期名前とかつけてました。

でもそうして食べていくうちに、

人もラズベリーと同じくらい、個性が溢れているよな

と思ったわけです。

今でもそう思った瞬間は覚えているのですが、
あの瞬間から明らかに今までとは、人の見方が変わりました

まず『様々な人がいることを認められる』ようになりました。

誰にでも

『あ、この人自分の苦手なタイプの人かもしれない』

という人がいると思いますが、
もうだいたいの人にそんなことは思わなくなりました。
結構この変化は自分の中で大きかったです。

SHOWROOMの前田社長の「人生の勝算」にも

個人でできない大きなことを成すために、人に好かれる。
人に好かれる能力というより、人を好きになる能力が大事。
好きになられて嫌な人はいないし、
「好きになられる」ということは自分の影響の範囲外だから。
無条件で誰でも好きになる。

という感じのことが書かれています。

誰に対しても、いい意味で先入観を持てるようになったので

『どうしたらこの人を美味しく食べられるか』

『どうしたらこの人と良い関係になれるのか』

を無意識に考えられるようになりました。

そしてそういうふうに考えだすと、

『優しく』あろうという意識が身につくし、
実際昔より『優しい』と言われるようになりました。


まとめ

ラズベリーは粒ごとに個性があると発見

個性毎に食べ方に工夫

人間関係に転用

様々な人を認められ、昔より優しくなれた。


紹介

今回この記事を書こうと思ったきっかけは、
SHOWROOMの前田社長の『メモの魔力』です。

様々な事象(具体)から、理由や特徴などを抽象化し、自分の人生に転用する。

まとめも、その流れにそって書いたつもりです!

そして誰かから何かを教えてもらうとき、その姿勢がより良い人間関係を築くことは、1年生のときメモを持っていろんな人を訪ねた経験からすごい腹落ちしました。

メモの魔力気になった人で少し見たい人は声をかけてください!

そして人生の勝算も


是非Twitterもフォローしてください!

1月15日から質問箱の会社ジラフでインターンすることになりました。

今まで自分でいくつか事業を立ち上げても、
瞬間風速的で、スケールの小さいものでした。

持続的でスケールする『ビジネス』を学ぶためのインターンです。

どうか長い目で応援お願いします!
まだ何も諦めてません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

起業資金や治療費がピンチです! よろしければサポートもお願いします!!!!

中吉!
1

RaspberryBoy

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。