見出し画像

文化と教育の地域格差

地域格差で問題なのは「貧富の差」ではなく、「教育や文化」を『見たことがないから知らない』ことだと思う。


本屋さんや図書館があっても本は揃ってないし、大学や美術館も近くにない。田舎に住んでる人は、「金がないから諦める」のではなく、教育や文化に金を使うという発想自体がない。


「文化的な生活」というが、そんな次元ではなく、わからないことがあればとりあえず「ググる」とか、余暇の過ごし方として読書や映画鑑賞などの選択肢を持つ。とかそういう次元。
まず、『気付くことすらできない』のが問題だ。


もし、金があったとしても、「街まで買いに行く」ことが簡単にできないので、本やCDを買うにしても地元の小さなお店で済ますしかない。

「同じ学力の子供が、田舎に住んでいるという理由だけで、都市に住んでいれば受けられたはずの教育の機会を奪われている」




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

推薦で入った高校がクラファンして退学になっても、東京と大阪で2拠点生活できるし、大学生と朝4時から渋谷でラーメン食べれたり、Airbnbで友達と部屋借りて誕生日ドッキリしてからオールとかも出来るようになるぞ。

にゃもにゃも〜〜
32

たかーぎ

明太子フランスすき!!!!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。