可愛くなりたい。そうは思いませんか?

この記事は
(2ndシーズン)謎解きクラスタによる謎以外の Advent Calendar 2017
https://adventar.org/calendars/2772
に寄稿するために描き下ろしたものである。


どうも、ナガノです。

さて、ぼくは男です。御存知の通り。

それも30を超えたいいオトナです。

そんなぼくが女装を始めたのはたぶん29歳の頃だと思います。
(それまでにイベントで女装経験はあったものの能動的ではなかった)

女装しようと思ったきっかけは単純なもので、女性へのあこがれと「可愛くなりたい」という純粋な気持ちです。

女装時の名前は「ぽよこ」にしました。
なるべく柔らかい印象の間の抜けた名前にしたかったのです。

…ここまで読んで気持ち悪いと思った方は閉じていただいて大丈夫です。
人にはいろいろな人種がいるものです。


残ってますか?


さて、女装をするためには幾つもの障害があります。

一つは性別。
これは本当にどうしようもない問題です。
男女でかなり差があることに、いざやろうとしてから気が付きます。

差が出てくるポイントとしては
・骨格
・声
・体格
・仕草
・ムダ毛の多さ
・ヒゲ
・喉仏
・etc...

重複したものもありますが、こんな感じのことがすごく気になります。

しかし、この中でも「身体的にどうしようもないもの」に関しては無視します。

肩幅が広いとしても、それはどうしたって縮められないし、
身長が高いものを低く見せることはどうしてもかなわないです。

服のチョイスによっては隠せるものは隠せます(喉仏はマフラーするとかね)し、
そこは各々のカスタマイズに任せるとして…

どうにかすることができるものはします。

ヒゲは剃る。ムダ毛も剃る。仕草に関しては勉強しましょう。
足をガバッと開くなんて言語道断です。
コツとしては、内側に丸まるように意識すると女性らしくなります。
豆知識でした。

さて、ではどこで勝負、気合を入れるか。

「顔」です。

顔はメイク次第でどうにでもすることができます。

これがものすごく複雑で、個人差があるのであくまでもナガノが「ぽよこ」になるときにしてることをまとめます。

念頭に置くべきなのは「女性が普段するメイク」と「女装メイク」は全く別物であるということです。
女装メイクは「隠して」「ひっこませて」「ごまかして」なんぼです。

1.カラーコンタクトを入れる
メイクを始める前にカラコンを入れます。
メイクしたあとだとめんどいので最初に入れてます。
これをすることでまず黒目が2回りぐらいでかくなります。
どういう効果があるかというと、人間は黒目がくりっとして丸いものを見ると可愛いと思う習性があります。キャラクターでもそういうのいますよね。
それを利用するということです。
ぼくは黒ではなく青のカラーコンタクトを入れますが、それはぼくがロリータファッションをするから派手な方がいいと理由にほかならないので、もしこれからナチュラル目でやりたい方がいたら黒、焦げ茶、茶、の中から選ぶといいと思います。14.5mm位あるとくりくりです。通販で買えますし、度ありもあるので良かったら。
コンタクト入れたことない方は抵抗めっちゃあると思いますが、これを入れると入れないでは雲泥の差が出ますのでマストで入れて下さい。怖いのは最初だけです。がんばってください。

ちなみにぼくがよく使っているのはクオリテというブランドのものです。
以下にURL貼っときます。よければ。

http://airily.jp/shop/r/r3050/

2.ヒゲをこれでもかというほど隠す
ヒゲは男性の象徴とも言える部分です。青髭があるだけでもう男です。
どんなにウィッグを被って女性服を来ていても、男だって一発でバレます。
何したってバレるときはバレるのですが、要因はひとつづつ潰していきましょう。
これを隠すわけですが方法はいくつかあります。
一例を出しますが、ぼくが実践しているのは練りタイプのコンシーラーをこれでもかと厚塗します。この段階で出来上がるのは肌色の泥棒ヒゲメイクだと思って下さい。滑稽です。口の周りが丸く肌色です。
でもそれがベースとなります。まずは「青くない」ということを作ります。

3.ファンデーションを塗る
女性ですとパウダータイプでササッとなんてこともあるかもしれませんが、男の場合肌質からもうだめです。キメの細かさなんてきっとないでしょう。毛穴なんて開きっぱなしなのでは?
毛穴が気になる方は2の前に「毛穴パテ職人」という商品を使って穴埋めをしましょう。

毛穴パテ職人https://www.amazon.co.jp/dp/B0747RL8WD/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_d77jAb61NWMSP

さて、そうしたらですね、クリームタイプのファンデーションを塗っていきます。男性は肌が女性に比べて浅黒い傾向にありますので、トーンは落として茶色気味なものを選択しましょう。

ぼくが使ってるのはこれです。
Kanebo【media(メディア)】リキッドファンデーションUV OC-E1
https://www.biccamera.com/bc/item/3281626/?source=googleps&utm_content=001170016001005&utm_source=pla&utm_medium=cpc&utm_campaign=PC_PLA&argument=DeKekqqK&dmai=a58dd2797417a3

「色白な女装がしたいんだ!」となっても我慢も必要です。首と顔の肌色差でとても浮いて見えます。そういうトータルの事も考えなければいけないんですねぇ…
さて、塗る際ですがホームベース型のパフが塗りやすいです。100円ショップでも売ってるので良かったら。

ホームベース型パフ
https://www.amazon.co.jp/dp/B002TFOAA0/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_5-7jAb68YHVFD

先程の口周り。ヒゲのところにも塗っていきます。が、強く塗るとコンシーラーが剥げますので、ポンポンと押し当てるように塗りましょう。


ちなみに男性はクマも目立つので目の下も塗りましょう。
また、隠しきれなければ前述のコンシーラーも併用することもおすすめします。

さて全体に塗り終わりました。

4.アイメイクをする
いちばん重要なポイントです。目が可愛ければだいたい可愛くなります。目をとにかく大きくしましょう。ナチュラル志向の人は程々にですが。
さてぼくのようにロリータの場合はお人形さんを目指します。
フランス人形的なアプローチですかね。
さてこの項目に関しては細分化しないと説明できないので細かく区切りましょう。

4-1.まつげの下処理
ビューラーというものがあります。これは、まつげをクリンと上に向けるものです。

ビューラー
https://www.amazon.co.jp/dp/B005CMGTJ2/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_ih8jAbVQQ7JNF

これを使ってまず黒目を露出させます。まつげで隠れていては意味ないですし、上を向いたまつげは可愛らしいです。まずは上を向けましょう。
常温のまま使ってもいいですが、まつげを上に上げる部分をライターで適度に炙って温めてから使うと簡単に上がります。男性のまつげは太いことが多いので温めることをおすすめします。

4-2.二重にする
もともと二重の人は飛ばしていいです。
一重の方。二重にすると数倍可愛くなります。
やり方はいくつかありますが、手軽なのが糊タイプのものを塗ってくっつける方法です。

ぼくはこういうタイプを使っています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01B84EFW0/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_0o8jAbZZJSS64

これに関しては慣れがあるので、これだけ練習するのもありです。
右目左目でも感覚が違うと思います。慣れましょう。

ただ、ぼくは面倒くさい時これを省きます。
時間との兼ね合いですかね。余裕を持ってここまでやるのがいいと思います。

4-3.アイラインを引く
とても重要です。アイラインで印象はガラリと変わります。
アイラインですが、特別な理由がない限り茶色を選ぶといいと思います。
馴染みが良いし、いやみったらしくならないのでおすすめです。

ぼくが使ってるのはこういう色の筆タイプです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01CY06KBQ/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_Et8jAb13ERRHW

さて、アイライン。どういう意味があるかというと、歌舞伎で言うところの隈取ですね。目の周りを強調することができます。黒く影を描くことによって錯覚で目の輪郭がそこまで広がったように感じるわけです。

書き方ですか基本はまぶた側、まつげとの境界線に書いていきます。
ただ1回書いただけではきっと見えないというか、変化がわからないと思いますので、もう一回今度は1筆ぶん上に書いていきます。それを何回か重ねていくと目が大きくなったようにきちんと実感できると思います。
やりすぎるとビジュアル系みたいになるので気をつけて下さい。

大切なのは「抜き」です。
目尻の終わり、どのように抜くかで印象が変わります。
上に抜けばつり目に。下に抜けばタレ目に錯覚で見えます。

どの程度抜けばいいかも人それぞれですのでやってみて下さい。

4-4.つけま
つけまつげは非常に便利です。つければ一気に華やかになります。
付け方は専用のグルー(糊)を使ってまつげとまぶたの境目にペタッと貼ります。ミスってもつけ直しできるので何回でもどうぞ。
つけまは基本は使い切りとされていますが、頑張れば3回位は使えるので付け外しを慎重にしてみて下さい。

4-4-2.マスカラ
つけまを使わず自まつげで勝負するやり方もあります。
マスカラってやつですね。自まつげにぬりぬりしていくことによってファイバー液がまつげをコーティングして長く見えるということです。

ぼくが使ってるのはhttps://www.amazon.co.jp/dp/B01LX03JVH/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_0B8jAbK24V0ZN
みたいなやつです。

つけまとマスカラの使い分けですが、つけまは外れたりします。
手軽につけられるぶんうまくつけないと外れる特性があるつけま。
つけ直すのに鏡が必要だったりするので出先で困ります。
長時間外にいる可能性が高い時、マスカラにしています。
そのへんはお好みで。

4-5.アイシャドウ
これは、実はあまりやってません。ケバくなることが多いので。
塗ったとしてもピンクをちょちょっとのせて立体感を出すくらい。
これに関してはぼくは勉強不足なので割愛します。
たぶんきっとベストはあるんだろうけど、やらなくても充分いい感じになってます。

5.眉毛
眉毛、整えてますか?男のときでも整えてないと野暮ったいですよ。
短く切りそろえる、まぶたにかかっている無駄な部分は剃るか抜く。
これは男性としての嗜みでもありますから、女装する人じゃなくてもやるべきですよ。
さて女装に戻りますが、アイブロウを使っていきます。
眉毛を書いていくわけですね。
さて、書くためにはキャンバスが必要です。
濃い眉毛の上に何書いても見えません。
なので眉毛を2mmくらいに切りそろえてしまいます。
ぼくはボディーグルーマーで切りそろえています。
よく女性がすっぴんで「マロ眉」なんていいますが、
これはキャンバスを用意しているということなんですね。
なので、こういうことで笑っちゃダメですよ。

眉毛の形ですが、これも人の好みで良いです。
困り眉が可愛いと思えばハの字になるように書けばいいです。
極端にする必要はないので、若干そうなってるよね、位で抑えるのがいいかなと思います。

6.チーク
女性らしい、可愛らしさを作るのに必要不可欠なのがチークです。
ほっぺたが赤らんでるだけで、可愛らしくなります。
ここでも気をつけたいのがパウダータイプは使わないこと。
というのも、これまでの塗り重ね的にパウダーでは乗りません。
なのでリキッドタイプを使うわけです。

ぼくはこんなの。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00JPVFNC0/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_LT8jAbN4JN0N2

ちょん、とつけて指で伸ばします。
付ける場所はニコっと笑ったほっぺの頂点。
くるくると円を描いて広げればオーケーです。
色がきちんとついてるなくらいがいいです。

7.フェイスパウダー
最終段階です。お顔をカバーして完成させましょう。
フェスパウダーは言ってみればガンプラで言うところのクリア塗装なので
これをしないとやっぱり決まりません。

ぼくはこういったものを使っています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B004RDBWXA/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_I28jAbQE2G7MW

これも肌色と合わせて下さい。というか、ファンデと合わせてね。
これで一気に決めが細かくなります。女性らしいすべすべ感が手にはいります。
チークの後にこれをやるのはぽよこ流かもしれませんが全体的にカバーすることで自然な感じが手に入ります。リキッド使っていてかなり派手目になってるので抑えるのはありかな、と。

8.リップグロス
さて、最後のキメです。
リップグロスを塗りましょう。
ぷるんぷるんのくちびるはそれだけで可愛らしさが跳ね上がります。
ぼくの場合は濃い目にしてるので、口紅→リップにしてるのですが、普通にやるぶんにはピンク系の色のリップグロスでよいと思います。
最後に塗って、可愛くなっちゃいましょう。

9.ウィッグ、服
これに関しては好きなものを買って下さい。
自分がなりたい姿に一番近いものを買いましょう。
ネットで買えますし、意外と普通に服屋さんに入って物色していても変な目では見られません。
それでも気になる人はネットで買いましょう。

買うものは
・ウィッグ(ネットで好みの形のものを)
・服(しまむらで十分)
・下着(必要なら。ぼくはあまりつけてません)
・靴(ローファーとか便利)
・カバン(必要なら)

くらいかなぁ。

それでもやっぱり見て買いたいっていう気持ちもわかります。
そこでリアルで買い物をするときの魔法の言葉を教えましょう。

「ぼく今度『演劇』で女装することになって、それの衣装とか探してるんです。」

はい、これで全ての店員が納得します。
服屋、化粧品屋、ウィッグ屋、全てが納得します。

よろしければご活用下さい。

余談ですが、胸を作りたい場合。
僕の場合はC、もしくはDカップのアンダー75〜80位のものを購入して詰め物をします。
詰め物はタオルでもいいですが、やっぱり硬い感じになりやすいです。ので、ストッキングをまるまる丸めて詰め込むとふんわり柔らかでいい感じです。大きさによっては2個詰めとかもありです。100円ショップで数足入りがあるので買っちゃえ。ふわふわ。

10.さいごに
女装は、もしかすると見る人からすれば不快に思うことかもしれません。
自分が可愛いと思って過ごしていても笑われることだってあります。
化粧品だって服だって、全部揃えればいくら安くても万単位です。

とてつもない茨の道です。自重と自戒の繰り返しです。
適材適所を見抜き、プライベートを楽しむのです。

全ては書ききれなかったかもしれないけれど、

あなたをスタートラインには立たせることができたのではないかな?

厳しい道だといいました。
でも、それでも、可愛くなりたいあなたがいるならば、ぼくは全力で応援します。

DMでもなんでも送って下さい。一緒に化粧品から揃えましょうよ。

男が可愛くなろうとして何が悪い。

新しい自分を、見つけてみませんか?

長々と失礼しました。

一緒に女装デートしようね。

ぽよこ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

ナガノ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。