見出し画像

可能性/職人の働き方とは?

こんばんわ!

四月が始まりましたね!
今日は関西は特に暖かく、今週末はお花見も楽しそうですね!!

facebookで「冬の思い出をシェアしよう」というのが出てきまして。
本当に中身の詰まった冬でした。



・(1月)クラウドファンディング準備
・(2月)クラウドファンディング開始&メディア取材
・(2月)東京ギフトショー参戦
・(3月)スタ★アトピッチ参加
などなど・・

大変でしたね・・

そして、春になり、第2ステージになります。
またそれに関してもお話ししていきたいと思います!

まずは後半をお話しします!

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55785?page=3

こちらの記事の後半をご一読願います!

(ちなみに前半の補足noteはこちら)


西陣織のこれからの可能性

僕のお客様はほとんど「帯」を欲しがりません。

それは僕が「生地である」というお話をするからかもしれません。

「何屋さんですか?」と聞かれれば、
父は「帯屋」と言います。
もちろん間違いではありません。

僕は「生地屋」と言います。
そこには大きな違いがあります。

単純に「市場」が違うんですね。
でもそれは、どのメーカーでもできることではないんです。

市場が違えば、欲しがるお客様も違う。
欲しがるスペックも違う。
そこに合わせられるか。
そこが肝になりますよね。

これ以上は言いません。笑

これからの職人の働き方を模索したい


最近はまさに「働き方改革」にフォーカスされていますね。

果たして、職人の世界には難しい話なのでしょうか?

もちろん、簡単な世界ではないと思います。
何年も修行がいることもあると思います。
僕自身も、あと数年かしたら修行をしないといけない時期がきます。

僕はサラリーマン時代、仕事柄、多くの工場をみてきました。

まさにISOを代表する整備された工場も、
「大丈夫か?」という工場も。

アルバイトでも「サイゼリア」さんで働かせて頂き、時間の効率化を学びました。(意外だという声がよく聞こえます)
とってもいい経験でした。

そして、IoTやAIが活用できていく時代。

僕が修行を始められる時期には、

・技術の見える化
・IoTやAI、工場の導線を意識した場所作り

を始め、様々な工夫をしていきたいと思います。
もちろん「職人技」はこれからも大切であり、
「人間だからこそできること」には大変大きな優位性があると思います。

ですが

「この人でしかできないこと」を多く残すことは、
企業体として、ある意味「リスク」です。

それが後継者不足や産業の衰退を促進する内容だとも感じます。

「なるべく多くの従業員(職人)が、同水準でいること」
を補完していきたい
と感じています。

まさにリスクの分散ですね。

補足としては、職人技および、何十年もかかる修行をバカにしたり、簡単なものだと思って発言をしているわけではありません。

うまく現代技術や頭を使い、見方を変えることで、より継続可能な仕組みを、自分も体感しながらやっていきたいと思います!

そういう意味では、修行も楽しみです!

少しでも、これからの生産の仕組みがいいものになるように。
僕も頑張っていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

ではまた。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

サカイタカヒロ

ブランドを運営する30歳です。 アトツギ/邦楽ロック/西陣織/ブランド/リニスタ/RE:NISTA

#お店 記事まとめ

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。