見出し画像

シンデレラストーリーでもない、劇場のヒーローでもない。早川史哉は早川史哉の人生を力強く歩くー。

11月12日、アルビレックス新潟からあるニュースが届いた。

2016年4月に急性白血病を発症した早川史哉は、翌2017年1月から長きに渡り選手契約を凍結していたが、この日その凍結を解除するリリースがなされた。

これで彼は再びアルビレックスの一員となった―。

「最近はやれることが増えて来た実感があるんです」。

今年10月に彼と話をしたとき、こう笑顔を見せていた。だが、その手応え以上に決して簡単では行かないことも覚悟していた。

「…でも、まだ波はあるんです。『あ、今日はうまく行っているな』と思っても、別の日のトレーニングでは『あれ?身体が動かない』というときもある…。気温もそうだし、要因はいろいろあると思うのですが、『今日は出来るな』と思うこともあれば、次の時になると『やっぱり動かない』とか『疲れやすいな』と思う時がある。間違いなく出せる強度と動ける時間は増えて来ているけど…」。

この続きをみるには

この続き:2,027文字/画像3枚
記事を購入する

シンデレラストーリーでもない、劇場のヒーローでもない。早川史哉は早川史哉の人生を力強く歩くー。

安藤隆人

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで22年間、全国各地、世界各国を飛び回ってきました。今後もそうした活動を継続したいと思っております。もしサポートを頂ければ、これからの更なる活発な取材活動に活かしていきたいと思います!よりディープな話題、選手の本音を引き出し、有意義なコラムと写真を出して行きたいと思います。

9

安藤隆人

取材歴23年、フリー歴14年。元銀行員のサッカージャーナリスト。ユース年代を中心に活動をし、延べ40カ国を訪問。現在はNumberWebで『ユース教授のサッカージャーナル』を連載中。書籍8作。最新作は湘南ベルマーレ梅崎司の半生を描いた『15歳 サッカーで生きると誓った日』

安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年で、とある雑誌で『ユース教授』の異名を付けられたサッカージャーナリスト安藤隆人が、これまでとこれからの取材現場で集めて来た情報、培ったネットワークを活かしたコラムを展開して行きます。得意分野である選手の本音とバッ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。