G1を勝つためには隙のないレースができる人馬を探せ

岡部幸雄元騎手が、現役時代から週刊「Gallop」誌上に連載している「馬優先主義」というコラムにて、2005年の宝塚記念を制した池添謙一騎手とスイープトウショウのレース振りを評して、「〝G1を勝つには隙のない競馬をしなければならない〟という言葉を体言した完璧な競馬だった」と書いた。

〝G1を勝つには隙のない競馬をしなければならない〟とは、当たり前のようではあるが、改めて言葉にされると、G1を勝つことの厳しさ、そしてG1を予想することの難しさに突き当たる。

G1レースでは、トップレベルの馬と騎手が秒単位で凌ぎを削り、勝敗を争う以上、わずかな不利やミスが命取りになる。G1レースにおいてトップジョッキーに求められるのは、好騎乗をすることではなく、隙のないレースをすること。そういえば、岡部元騎手も現役時代には隙のない騎乗をしていたことを思い出す。

そして、予想をする際には、このことを念頭に入れなければならない。つまり、隙のないレースができる馬、そして騎手を探さなくてはならない。単に強いかどうかだけではなく、隙のない人馬かどうかということを問うてみる必要があるのだ。

この続きをみるには

この続き:1,512文字/画像1枚

G1を勝つためには隙のないレースができる人馬を探せ

治郎丸敬之

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

治郎丸敬之

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。