アドマイヤムーンの血の偉大さに賭ける

ここ最近は、日高の牧場を訪れ、競馬関係者の方々からお話をきかせていただく機会が増えている。つい先日も、酷寒の北海道にて、生産者の方々と競馬を熱く語っていると、アドマイヤムーンの話題になった。ある生産者がアドマイヤムーンの種牡馬としての素晴らしさ説いたとき、ちょうど私もアドマイヤムーンのことを考えていたところで、奇遇と言うべきか、思考の縁というものもあるのだと感じた。

彼が示してくれたのは、「産駒1頭あたりの平均獲得賞金」という数字であった。週刊「Gallop」1月14日号に掲載されている2017年リーディングサイアーを見てみると、産駒の獲得賞金順に上から順にディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールド、ハーツクライ、ダイワメジャーとおなじみの面々が名を連ねている。当然のことながら、産駒の出走頭数が多ければ上位に来ることになる。ちなみに、アドマイヤムーンは11位にランクインしている。

この続きをみるには

この続き:1,639文字/画像1枚

アドマイヤムーンの血の偉大さに賭ける

治郎丸敬之

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

治郎丸敬之

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。