限定盤_通常盤

「Yellow Magic Children #1」12/25 発売


2019年3月14日、YMOに影響を受けたミュージシャンによるライブ「Yellow Magic Chilren 〜40年後のYMOの遺伝子」が東京・新宿文化センターで開かれた。

YMCバンド(バンマス・高野寛、高田漣、ゴンドウトモヒコ、白根賢一、沖山優司、網守将平)の演奏に加え、HANA、坂本美雨、細野悠太、野宮真貴+カジヒデキ、DAOKO+片寄明人、宮沢和史という世代もジャンルも多岐にわたるゲストミュージシャンが加わって、それぞれがYMO(と関連曲)のカヴァー、そして影響(=遺伝子)を受けたオリジナル曲を披露。

「YMOに影響を受けた『非・テクノ系』とも言えるミュージシャンたちによるトリビュートイベント」という趣旨は、一見わかりにくいコンセプトだったかもしれない。でもそんな心配を他所に、静かに熱いYMOへの愛が演者からも客席からもあふれるトリビュートと呼ぶにふさわしいライブになった。

画像1

一夜限りのライブだったこともあって、行けなかったが見たかった・聞きたかったという声も多数頂いた。そこでこの日のライブ録音を延べ半年かけて僕自身がミックスダウン。完成した音源を砂原良徳君(彼ももちろんYMOチルドレンの一人)が丁寧にマスタリングした作品が12月25日にアルバムとして発売されることに決まった。自分のソロ以外でアルバム全体のミックスを手掛けた初めての作品になる。

初めてのライブ音源のミックス作業はスタジオ録音のそれとは勝手が違って、なかなか終わりが見えなかった。コンピューターのCPU能力限界近くまで酷使したせいもあって、作業はなかなかはかどらなかった。結局12回ほどは作り直しただろうか? それでも過程で新しい発見があって確実に音の輝きが増していくのに気づくと、頂上からの景色を見ずに山を降りることなどできなかった。

あらためてYMOの楽曲と深く向き合うことで気づいた「厳しさ」や「魔法」にどれだけ近づけるのか?絶対に妥協しないことがYMOへの最大限のリスペクトなんだと念じながら、ひたすら録音と向き合った。得たものは大きかった。

今回のライブはYMOのデビューアルバムから40周年を記念したイベントでもあったのだが、僕自身のデビュー30周年の期間とも重なって、結果、思いがけず自分のルーツを再び深く掘り下げる1年にもなった。

当日演奏された曲はすべて収録。初回限定盤にはBlu-ray Discに特典ライブ映像も収録。是非チェックしてみてください。

ところでジャケットのアートワークもYMOオマージュです。
限定盤はわかりやすいですが、通常盤も。(ヒント:色味)

*上・初回限定盤 下・通常盤

画像2

画像3




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 高野寛のnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 沢山のサポート、いつもありがとうございます。

ありがとう!メッセージは毎回変わるので、他でも試してみてくださいね。
32

高野寛のnote

note歴5年目のミュージシャン。 2019年10月までの1年間はデビュー30周年アニバーサリー。 30年を振り返る自伝的長編エッセイ「ずっと、音だけを追いかけてきた」全42話・完結しました。

乱筆・乱文にて失礼

エッセイ・ブログ的なものです (基本無料)
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。