咲き散らかるセイヨウフジバカマ

車で行けば5分ほどの距離なのに、何ヶ月も実家に顔を出さないことがある。

両親も年をとってきたので、時々顔を見に行かないといけないなと思いつつ、日々の雑事にかまけて、後回しになってしまう。

やってもやっても雑用が終わらない。

だから、たまに両親から用事があって呼びだされると、少しほっとした気分で実家に向かう。

今回は、こどもに誕生日プレゼントをことづけたいということだった。

実家に寄ったついでに、庭の花を撮らせてもらうことにした。

実家は一軒家で、少しばかりの庭がある。

「絵の題材にするから、庭の花の写真を撮らせてよ」

そう頼むと、

「へー、また今度描いたのを見せてね」

と、母が言う。

そういえば、親に絵を見せるってのは思いつかなかったな、と思いつつ、

「じゃあ、またもってくるよ」

と答える。

親に承認を求めてないってことは、親離れは出来てるのだろう。

両親が若い頃は、あれこれ手入れされていた庭も、寄る年波には勝てないのか、手入れもあまりされてないみたいで、庭も少し寂しい感じになっていた。

庭の奥の隣家との垣根のあたりには、紫の小さな小花が一直線に咲く宿根サルビアが野放図に育ち、咲き散らかっている。

庭の手前には、これまた薄紫の細い細い糸のような花びらを、踊り舞うがごとくに四方へ放ち、次々と花を咲かせている植物が植えられている。

「これは何の花?」

と、聞くと、

「さあ知らない。近所の○○さんに聞いてみようか」

と返事が返ってくる。ちなみに、近所の○○さんというのは、多分花の名前をよく知ってる人のことだろう。

「いやいや、いいよ。わざわざ」

そのままご近所さん宅に行きそうな勢いだったので、慌てて止めた。

「自分で調べるよ」

自宅へ帰って、ネットで調べると、多分「セイヨウフジバカマ」という花らしい、とわかった。

なんでも途中で花の分類が変わったとか、変わらないとか。

昨日まで、君は○○だから、と言われていたのに、今日から君は△△だから、と言われて、人間ならアイデンティティーの危機だと思った。

いや、結局、世界なんて、そんな風に、立ち位置が変われば、モノの見方なんて、瞬間的に180度変わってしまうんだろう。

そんなわたしの思いなんて知らないその花は、花びらをなんの規則性もなく咲き散らかして、振り乱して、そのフリーダムさをちょっとうらやましいと思ったのだった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます。 いただいたサポートや売り上げは画材購入や展示会費用に充てさせていただきます。

わーい!(≧∀≦) スキ嬉しい☆ありがとう!
20

花の絵徒然草

主に透明水彩で描いたお花の絵と花にまつわるエッセイを格納しているマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。